ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2月の米雇用統計で失業率は悪化したのに、市場が高く評価した理由

 

 米労働省は2014年3月7日、2月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者数の増加は17万5000人と先月(12万9000人)より大幅に増加し、市場予想である15万人を上回った。一方、失業率は0.1ポイント悪化し6.7%になった。

usakoyoutoukei201402

 だが市場では今回の雇用統計はかなりポジティブに評価されている。大寒波の影響で、新規雇用者数の減少が懸念されていたにもかかわらず、思いのほか、雇用者数が増加していたからである。だが市場がポジティブに評価しているのは、むしろ失業率の悪化の方である。

 失業率が悪化しているのに、なぜ市場が評価するのかというと、それは失業率統計のルールにちょっとしたカラクリがあるからである。
 失業率は失業者の数を労働人口で割って求められるのだが、ここで問題となるのが失業者の定義である。失業者とは現在仕事をしておらず、求職活動中の人を指す。もし仕事が見つからなくて職探しを諦めてしまうと、それは失業者にカウントされなってしまう。

 このため、職探しを諦めてしまった人が増えてしまうと、見かけ上失業率が改善するという状況が発生してしまう。米国はこのところ失業率の改善傾向が顕著となっていた。米国経済が回復していることが最大の理由ではあるが、職探しを諦めた人が増えたこともその要因の一つといわれていた。
 古いスキルしかもたず、労働市場から締め出される人が増えてくると、階層の固定化につながりかねず、一部の専門家はこれを懸念していた。

 2月の雇用統計で失業率が悪化したのは、仕事が減ったからではなく、職探しをする人が増えたことが原因である。本気で職探しをする人が増えたということは、米国の労働市場の雰囲気がかなり改善してきたことを示している。
 歴史的な寒波の影響で小売店などの新規雇用は減っているが、比較的暖かい地域の観光業などでは雇用が大幅に増加している。春になって寒波の影響がなくなれば、雇用者数の伸びはさらに増加すると予測する専門家は多い。

 FRB(連邦準備制度理事会)による量的緩和策はすでに縮小が始まっている。うまくいけば、今年から米国は完全に自立的な経済回復トレンドに乗ることができるかもしれない。

 今回の雇用統計の結果は為替にも微妙な影響を与えつつある。ドル円は、ドル高ポジションが積み上がっていることから、短期的には円高への揺り戻しがあると考える市場参加者が多かった。だが米国経済が予想以上に強いということになると、このまま円安が続くと見る参加者も増えてくる。為替の見通しはむしろ不透明になったといえるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

rikejo
ITの分野は米国でもなぜか女性が少ない。リケジョはどこでも引く手あまた?

 米国ではコンピュータ関連のエンジニアは高収入で知られているが、この分野を専攻す …

putin
欧米の経済制裁で疲弊が進むロシア経済。落とし所の探り合いが続く

 ロシアに対する経済制裁がロシア経済をじわじわと追い込んでいる。ロシア経済の要で …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …

setsubitousi
需給ギャップが3期連続で縮小。日本経済復活なのか単なるバラマキなのか?

 内閣府は2013年12月16日、7~9月期の日本経済における需給ギャップがマイ …

bouekitoukei201403
3月の貿易赤字は1兆4463億円。赤字拡大のトレンドは継続している

 財務省は2014年4月21日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

sonyhirai
ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復 …

kanntei
政府、財界、労組による賃上げ協定構想が浮上。だが内容は賃下げを狙ったものだ

 労働者の賃上げが実現できるように、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想 …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

MADEINUSA
米国で進む製造業回帰。背景にあるのは新興国の労働コストとシェールガス革命

 米国で製造業への回帰が進んでいる。主役となっているのは重電や化学などいわゆる重 …