ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

佐村河内氏のゴースト問題がホリエモンに飛び火。出版業界は戦々恐々!

 

 聴覚障害を持つ作曲家として知られていた佐村河内守氏によるゴーストライター問題が出版業界に飛び火している。

gosuto 漫画家の佐藤秀峰氏が、ホリエモンこと堀江貴文氏の小説がゴーストライターによって書かれているとブログで発言したことで、賛否両論が飛び交う事態となった。佐村河内氏の場合はゴーストの存在というよりも、聴覚障害に関する真偽など別の問題の方が大きかったが、ホリエモンの場合はゴーストの存在そのものが問題視されている。
 出版業界では、著名人の書籍をゴーストライターが書くというスタイルが常態化しており、これを見直すとなると事業に相当の影響が生じる。ネット上の議論に戦々恐々としているという状況だ。

 佐藤氏は、著名な漫画家で、堀江氏の小説「拝金」の表紙イラストを手掛けている。佐藤氏は、堀江氏が実際には書いていないことを知っていながら自身が表紙を引き受けたことについて、読者に対して不誠実であったと告白している。

 出版業界では著名人の本をゴーストライターが書くことは当たり前のことになっている。単行本の執筆にはかなりの時間と労力が必要となるため、多忙な著名人が単行本をゆっくり執筆することは現実的に難しい。また初心者が書いた文章は見るに堪えないレベルであることも多く、そのままでは商品にならないという問題もある。

 ゴーストライターを起用することで、本来であれば本を書く余裕がない著名人の考えを広く読者が知ることができるし、商品として相応のクオリティも担保できる。本人への取材をもとに、ゴーストライターが代筆するのであれば、社会的に許容されると出版業界では考えてきたわけである。
 評論家など書くことを専門とする人は別として、著名人による書籍の8割~9割がゴーストライターの手によって書かれていると考えられる。古くは歌手の松本伊代氏が、自叙伝の出版についてコメントを求められ「まだ読んでいないので分かりません」と答えた話は有名だ。

 出版と同様、音楽業界も同じような状況だ。1990年代、一世を風靡したある大手レーベルでは、架空のアーティストを設定して売り出していたともいわれている。実在のシンガーソングライターであっても実際には別の人物が詩や曲を書くケースは多数存在している。
 本人に作曲能力がないというケースもあるが、販売戦略上、企業タイアップなどで一度に大量の楽曲を用意するケースがあり、こうなってしまうと、アーティスト1人ではとても対応できないのが現実である。

 ただこうした業界慣行が、本当にすべての顧客に受け入れられていたのかは定かではない。コンテンツと作者を切り離し、ひとつの作品として楽しんでいた人はあまりこれを問題視していないと考えられる。だがコンテンツを購入する人はそのような人ばかりではない。作者本人に惚れ込んでコンテンツを購入する人も多数存在しており、そのような人の中には裏切られたと感じる人もいるだろう。
 最近こうした問題が顕在化しているのは、やはりネットの普及でコンテンツ購入者の声を直接目にする機会が増えたことが多いに関係していると考えられる。

 ゴーストライターのシステムはなくっていくのか、何らかのエクスキューズを表記することで維持していくのか、それとも批判とは関係なく同じ慣行を続けていくのか、出版業界の対応が注目されている。

 - マスコミ, 社会, 経済, 芸能 , ,

  関連記事

euro02
キプロスが早くも資金不足。だがEUの官僚たちはそんなことは百も承知?

 総額100億ユーロ(約1兆3000億円)にのぼるユーロ圏からの支援が決定してい …

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …

presskiki
企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?

 昨年末から円安と株高が進み、国内の景気見通しも徐々に改善してきているが、企業は …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

MANABE
真鍋かをりと元イエモン吉井の破局報道。事務所否定も、皆が信じてしまった理由とは?

 ロックバンド「THE YELLOW MONKEY」の元ボーカルの吉井和哉とタレ …

jisui
日本は著作権解釈もガラパゴス?。独自解釈が行き過ぎると国際競争でまた敗北するゾ

 本や漫画の電子化を請け負う事業が著作権侵害にあたるとして、作家の東野圭吾氏、浅 …

toshiba03
東芝の不正会計問題。自己資本並みに大きい「のれん代」は大丈夫なのか?

 不正な会計処理が問題となっている東芝は2015年7月21日、田中久雄前社長、佐 …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

doruen201409
動き始めた為替相場。短期的には円安・ドル高要因ばかりだが・・・・

 しばらく膠着状態が続いていた為替相場が動き始めた。8月中旬からドルは急上昇を始 …