ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

佐村河内氏のゴースト問題がホリエモンに飛び火。出版業界は戦々恐々!

 

 聴覚障害を持つ作曲家として知られていた佐村河内守氏によるゴーストライター問題が出版業界に飛び火している。

gosuto 漫画家の佐藤秀峰氏が、ホリエモンこと堀江貴文氏の小説がゴーストライターによって書かれているとブログで発言したことで、賛否両論が飛び交う事態となった。佐村河内氏の場合はゴーストの存在というよりも、聴覚障害に関する真偽など別の問題の方が大きかったが、ホリエモンの場合はゴーストの存在そのものが問題視されている。
 出版業界では、著名人の書籍をゴーストライターが書くというスタイルが常態化しており、これを見直すとなると事業に相当の影響が生じる。ネット上の議論に戦々恐々としているという状況だ。

 佐藤氏は、著名な漫画家で、堀江氏の小説「拝金」の表紙イラストを手掛けている。佐藤氏は、堀江氏が実際には書いていないことを知っていながら自身が表紙を引き受けたことについて、読者に対して不誠実であったと告白している。

 出版業界では著名人の本をゴーストライターが書くことは当たり前のことになっている。単行本の執筆にはかなりの時間と労力が必要となるため、多忙な著名人が単行本をゆっくり執筆することは現実的に難しい。また初心者が書いた文章は見るに堪えないレベルであることも多く、そのままでは商品にならないという問題もある。

 ゴーストライターを起用することで、本来であれば本を書く余裕がない著名人の考えを広く読者が知ることができるし、商品として相応のクオリティも担保できる。本人への取材をもとに、ゴーストライターが代筆するのであれば、社会的に許容されると出版業界では考えてきたわけである。
 評論家など書くことを専門とする人は別として、著名人による書籍の8割~9割がゴーストライターの手によって書かれていると考えられる。古くは歌手の松本伊代氏が、自叙伝の出版についてコメントを求められ「まだ読んでいないので分かりません」と答えた話は有名だ。

 出版と同様、音楽業界も同じような状況だ。1990年代、一世を風靡したある大手レーベルでは、架空のアーティストを設定して売り出していたともいわれている。実在のシンガーソングライターであっても実際には別の人物が詩や曲を書くケースは多数存在している。
 本人に作曲能力がないというケースもあるが、販売戦略上、企業タイアップなどで一度に大量の楽曲を用意するケースがあり、こうなってしまうと、アーティスト1人ではとても対応できないのが現実である。

 ただこうした業界慣行が、本当にすべての顧客に受け入れられていたのかは定かではない。コンテンツと作者を切り離し、ひとつの作品として楽しんでいた人はあまりこれを問題視していないと考えられる。だがコンテンツを購入する人はそのような人ばかりではない。作者本人に惚れ込んでコンテンツを購入する人も多数存在しており、そのような人の中には裏切られたと感じる人もいるだろう。
 最近こうした問題が顕在化しているのは、やはりネットの普及でコンテンツ購入者の声を直接目にする機会が増えたことが多いに関係していると考えられる。

 ゴーストライターのシステムはなくっていくのか、何らかのエクスキューズを表記することで維持していくのか、それとも批判とは関係なく同じ慣行を続けていくのか、出版業界の対応が注目されている。

 - マスコミ, 社会, 経済, 芸能 , ,

  関連記事

sony
ソニーがiTunesに楽曲を提供開始。とうとうAppleの軍門に下る。

 ソニーは7日、米Apple社が運営するiTunesストアにおいて子会社のソニー …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

mof02
財務省が物価連動国債を個人にも解禁。足元では金利低下が続いているが・・

 財務省は2014年5月13日、物価連動国債の個人保有を2015年1月から解禁す …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

imfjapan
IMFの年次報告書で消費税は15%が望ましいと主張している理由

 IMF(国際通貨基金)は8月5日、日本経済に関する2013年度の年次報告書を発 …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

setubitousi
設備投資はようやく上昇トレンド入り。ただし公共事業依存体質からはまだ脱却できず

 内閣府は10月10日、8月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投 …