ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

佐村河内氏のゴースト問題がホリエモンに飛び火。出版業界は戦々恐々!

 

 聴覚障害を持つ作曲家として知られていた佐村河内守氏によるゴーストライター問題が出版業界に飛び火している。

gosuto 漫画家の佐藤秀峰氏が、ホリエモンこと堀江貴文氏の小説がゴーストライターによって書かれているとブログで発言したことで、賛否両論が飛び交う事態となった。佐村河内氏の場合はゴーストの存在というよりも、聴覚障害に関する真偽など別の問題の方が大きかったが、ホリエモンの場合はゴーストの存在そのものが問題視されている。
 出版業界では、著名人の書籍をゴーストライターが書くというスタイルが常態化しており、これを見直すとなると事業に相当の影響が生じる。ネット上の議論に戦々恐々としているという状況だ。

 佐藤氏は、著名な漫画家で、堀江氏の小説「拝金」の表紙イラストを手掛けている。佐藤氏は、堀江氏が実際には書いていないことを知っていながら自身が表紙を引き受けたことについて、読者に対して不誠実であったと告白している。

 出版業界では著名人の本をゴーストライターが書くことは当たり前のことになっている。単行本の執筆にはかなりの時間と労力が必要となるため、多忙な著名人が単行本をゆっくり執筆することは現実的に難しい。また初心者が書いた文章は見るに堪えないレベルであることも多く、そのままでは商品にならないという問題もある。

 ゴーストライターを起用することで、本来であれば本を書く余裕がない著名人の考えを広く読者が知ることができるし、商品として相応のクオリティも担保できる。本人への取材をもとに、ゴーストライターが代筆するのであれば、社会的に許容されると出版業界では考えてきたわけである。
 評論家など書くことを専門とする人は別として、著名人による書籍の8割~9割がゴーストライターの手によって書かれていると考えられる。古くは歌手の松本伊代氏が、自叙伝の出版についてコメントを求められ「まだ読んでいないので分かりません」と答えた話は有名だ。

 出版と同様、音楽業界も同じような状況だ。1990年代、一世を風靡したある大手レーベルでは、架空のアーティストを設定して売り出していたともいわれている。実在のシンガーソングライターであっても実際には別の人物が詩や曲を書くケースは多数存在している。
 本人に作曲能力がないというケースもあるが、販売戦略上、企業タイアップなどで一度に大量の楽曲を用意するケースがあり、こうなってしまうと、アーティスト1人ではとても対応できないのが現実である。

 ただこうした業界慣行が、本当にすべての顧客に受け入れられていたのかは定かではない。コンテンツと作者を切り離し、ひとつの作品として楽しんでいた人はあまりこれを問題視していないと考えられる。だがコンテンツを購入する人はそのような人ばかりではない。作者本人に惚れ込んでコンテンツを購入する人も多数存在しており、そのような人の中には裏切られたと感じる人もいるだろう。
 最近こうした問題が顕在化しているのは、やはりネットの普及でコンテンツ購入者の声を直接目にする機会が増えたことが多いに関係していると考えられる。

 ゴーストライターのシステムはなくっていくのか、何らかのエクスキューズを表記することで維持していくのか、それとも批判とは関係なく同じ慣行を続けていくのか、出版業界の対応が注目されている。

 - マスコミ, 社会, 経済, 芸能 , ,

  関連記事

gchq
スノーデン氏の告発が英国に飛び火。政府関係者と市民の意識にはズレがある?

 米国の国民監視システムである「PRISM」の存在を暴露した元CIA(中央情報局 …

kannsimaera
監視カメラの是非に関する議論。プライバシーが問題なのではない!

 単純に画像を撮影するだけなく、被写体の顔を自動判別する機能を搭載した新しいカメ …

softbanksprint
ソフトバンクによるスプリント買収が確定的に。だが本当のヤマ場は買収後にやってくる

 米携帯電話3位のスプリント・ネクステルの買収をめぐり、ソフトバンクと争っていた …

joseiroudou
女性の賃金が過去最高を更新したのは、皮肉にも日本が貧しくなっているから

 厚生労働省は21日、賃金構造基本統計調査の結果を発表した。それによると、201 …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

tennouheika02
天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範 …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

koreishasisetu
日本創生会議が首都圏高齢者の地方移住を提言。その現実性は?

 民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は2015年6月4日、 …

no image
シャープを翻弄する鴻海の最大の弱点とは?

 シャープへの出資をめぐって注目されている台湾の鴻海精密工業。カリスマとして知ら …

abeicshiba201409
地方創世の具体策検討開始。だが基本戦略でコンセンサスは得られているのか?

 政府は2014年9月19日、地方創世について有識者の意見を集める「まち・ひと・ …