ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

佐村河内氏のゴースト問題がホリエモンに飛び火。出版業界は戦々恐々!

 

 聴覚障害を持つ作曲家として知られていた佐村河内守氏によるゴーストライター問題が出版業界に飛び火している。

gosuto 漫画家の佐藤秀峰氏が、ホリエモンこと堀江貴文氏の小説がゴーストライターによって書かれているとブログで発言したことで、賛否両論が飛び交う事態となった。佐村河内氏の場合はゴーストの存在というよりも、聴覚障害に関する真偽など別の問題の方が大きかったが、ホリエモンの場合はゴーストの存在そのものが問題視されている。
 出版業界では、著名人の書籍をゴーストライターが書くというスタイルが常態化しており、これを見直すとなると事業に相当の影響が生じる。ネット上の議論に戦々恐々としているという状況だ。

 佐藤氏は、著名な漫画家で、堀江氏の小説「拝金」の表紙イラストを手掛けている。佐藤氏は、堀江氏が実際には書いていないことを知っていながら自身が表紙を引き受けたことについて、読者に対して不誠実であったと告白している。

 出版業界では著名人の本をゴーストライターが書くことは当たり前のことになっている。単行本の執筆にはかなりの時間と労力が必要となるため、多忙な著名人が単行本をゆっくり執筆することは現実的に難しい。また初心者が書いた文章は見るに堪えないレベルであることも多く、そのままでは商品にならないという問題もある。

 ゴーストライターを起用することで、本来であれば本を書く余裕がない著名人の考えを広く読者が知ることができるし、商品として相応のクオリティも担保できる。本人への取材をもとに、ゴーストライターが代筆するのであれば、社会的に許容されると出版業界では考えてきたわけである。
 評論家など書くことを専門とする人は別として、著名人による書籍の8割~9割がゴーストライターの手によって書かれていると考えられる。古くは歌手の松本伊代氏が、自叙伝の出版についてコメントを求められ「まだ読んでいないので分かりません」と答えた話は有名だ。

 出版と同様、音楽業界も同じような状況だ。1990年代、一世を風靡したある大手レーベルでは、架空のアーティストを設定して売り出していたともいわれている。実在のシンガーソングライターであっても実際には別の人物が詩や曲を書くケースは多数存在している。
 本人に作曲能力がないというケースもあるが、販売戦略上、企業タイアップなどで一度に大量の楽曲を用意するケースがあり、こうなってしまうと、アーティスト1人ではとても対応できないのが現実である。

 ただこうした業界慣行が、本当にすべての顧客に受け入れられていたのかは定かではない。コンテンツと作者を切り離し、ひとつの作品として楽しんでいた人はあまりこれを問題視していないと考えられる。だがコンテンツを購入する人はそのような人ばかりではない。作者本人に惚れ込んでコンテンツを購入する人も多数存在しており、そのような人の中には裏切られたと感じる人もいるだろう。
 最近こうした問題が顕在化しているのは、やはりネットの普及でコンテンツ購入者の声を直接目にする機会が増えたことが多いに関係していると考えられる。

 ゴーストライターのシステムはなくっていくのか、何らかのエクスキューズを表記することで維持していくのか、それとも批判とは関係なく同じ慣行を続けていくのか、出版業界の対応が注目されている。

 - マスコミ, 社会, 経済, 芸能 , ,

  関連記事

terebi
政治家も国民もみんなマスコミが大好き。電波停止に言及した高市発言の矛盾

 放送事業者が政治的公平性を欠く放送を繰り返した場合、電波停止を命じる可能性があ …

toyamaceo
文科省の有識者委員会で飛び出したG大学とL大学って何だ?

 L大学とG大学というキーワードが教育関係者の間でちょっとした話題になっている。 …

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

keidanrenbiru
影響力低下が著しい経団連。天下国家論ではなく、特定業種の利益を代弁

 このところ経団連の影響力低下が著しい。かつては政界に絶大な影響力を行使し、経団 …

hasimoto2
橋下氏が慰安婦など一連の発言について釈明会見。だが参院選への影響は必至

 日本維新の会の橋下徹共同代表は5月27日、日本外国特派員協会の記者会見に臨み、 …

sakuranomiya01
桜宮高校体罰自殺事件に判決。被告の深い反省が逆に体罰問題の解決を難しくする?

 大阪市立桜宮高校のバスケットボール部のキャプテンだった男子生徒に暴行を加えたと …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …

tusruga
敦賀原発の活断層の解釈をめぐって不服申請。活断層の解釈はもはや「言葉遊び」

 日本原子力発電(日本原電)は7月16日、原子力規制委員会に対して行政不服審査法 …

usaboueki
米国の財政・貿易収支の改善が顕著に。赤字垂れ流し国家は米国から日本に移った

 「膨大な額の経常赤字を垂れ流し、財政赤字にも苦しむ国」という米国のイメージはす …