ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

三木谷氏率いる新経連の動きが活発に。しかし早くも「老人化」の雰囲気がチラホラ

 

 楽天の三木谷社長率いる新しい経済団体である新経連が動きを活発化させている。2014年4月に開催を予定している経済フォーラムには、世界のベンチャー企業の著名経営者が多数呼ばれており、内向き志向になっていると揶揄される今の日本社会においては一種、異様な雰囲気すら醸し出している。

rakutenmikitani

 経団連を筆頭とする「古い世代」の財界人は、三木谷氏が何をしようとしているのか、その真意を測りかねている状況だ。
 一方、フォーラムの顔ぶれをよく見ると、2000年前後のITバブル時代の雰囲気が色濃く残っており、少々時代遅れになっている感も否めない。旧世代の人たちからの警戒感とは別に、現在の若手経営者層との乖離もうかがわせる。

 新経連が企画しているのは「新経済サミット2014」と呼ばれるイベント。新経連は昨年も同様のイベントを行っており、そこでの議論をもとに、政府に対して「イノベーションに関する緊急提言」を提出している。提言には、起業家を賞賛する社会の実現や、ベンチャー投資を促す税制、グローバルな人材育成、徹底した規制改革などが盛り込まれていた。
 今年は昨年のイベントをさらに拡大させたものを計画しているのだが、ゲストとして呼ばれたスピーカーの顔ぶれに驚いた人も多い。オラクル創業者でカリスマ経営者として知られるラリー・エリソン氏やヤフー創業者のジェリー・ヤン氏など、世界的に著名な起業家がズラッと並んでいたからである。

 その数は総勢40名近くにのぼり、しかもそのほとんどが外国人である。日本人はLINEの森川社長やグリーの田中社長などごくわずかだ。
 だがこのそうそうたる顔ぶれの中にも、多少の「時代」を感じた人も少なくない。エリソン氏やヤン氏は、2000年前後であればまさにスーパースターだったかもしれないが、今となっては「過去の人」になりつつある。Dropbox創業者など「今」の人も呼ばれているが、全体としてはやはり15年前の雰囲気だ。
 モデレータとして参加する日本人も、iモード立役者の夏野剛氏やライフネット生命COOの岩瀬大輔氏、ボストンコンサルティングの御立尚資氏など、著名人が揃っているが、少々微妙な布陣といえる。

 現在、日本のベンチャー・ビジネスの最先端では、少額・小規模のビジネスが主流となっており、以前とはだいぶ雰囲気が異なっている。2000年前後の起業家は、自由な企業活動の邪魔ばかりする日本社会に対して憤っており、良くも悪くもそれを改革しようという熱意を持っていた。
 だが、現在の若年層起業家は、そのような環境を所与のものとして扱う傾向が強く、規制緩和に対する意識も異なっている可能性が高い。また世間一般でのイメージとは異なり、実際にはグローバルに活動する若者がそれほど減っているわけではない。だが、彼等の意識はコスモポリタン的であり、その熱意が規制改革などに向かわない可能性もある。

 三木谷氏は典型的な2000年前後の起業家であり、今回の経済フォーラムにもその傾向が色濃く反映されている。これまでは経団連を中心に既得権益を死守しようとする旧世代の経済界と、規制緩和を推進するネット時代の経済界という対立図式であった。
 だが、ここ15年で日本社会には目立った変化はなく、後ろ向きな社会風土を所与の条件として受け入れる新生代が登場している。新経連はもしかすると、上下に挟まれたサンドイッチとしての立ち位置になっているのかもしれない。もしそうなのだとすると、新経連が広く国民の世論を喚起し、その政治的目的を達成していくことは容易ではないかもしれない。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

nissanngone
日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約240 …

googlehead
グーグルの決算が過去最高。単価下落でネットは再び消耗戦の時代へ突入

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2016年2月1日、2015年10 …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …

kyameroneu
EUは英国離脱回避のため妥協。だが国民投票はどう転ぶか分からない

 EU(欧州連合)は2016年2月19日、ブリュッセルで首脳会議を行い、英国のキ …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …

chinaoillig
中国が南シナ海での石油掘削装置を撤去。中国の態度軟化は一時的の見方

 中国が南シナ海に設置を強行し、アジア太平洋地域に緊張をもたらす原因になっていた …

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …

iiss01戚建国
中国が米中首脳会談を控え、領有権問題に対する態度を軟化?

 英国際戦略研究所(IISS)は5月31日から3日間の日程で、アジア安全保障会議 …

businessphone01
職場で電話を取りたがらない若者急増中。だが世代間ギャップの話にするのは危険

 最近、会社内において電話を取れない(取らない)若手社員が増えているという。デジ …

rikokkyou
中国が公式のジニ係数を発表。中国の格差がもっと激しいのはもはや周知の事実

 中国国家統計局は18日、2012年のGDPの発表と合わせて、国民の所得格差を示 …