ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再生担当相は2014年4月11日の記者会見で「(賃上げを実施しない企業に対しては)経済産業省から何らかの対応がある」と述べ、暗にペナルティがあることを示唆する発言を行った。

amari

 甘利氏の発言に対しては、企業活動への政府の過度な介入であるとして批判の声が上がっている。だが甘利氏の発言については、その内容はもちろんのこと、企業の賃金の仕組みや成長戦略の基本的理解について、政府と民間の間に埋めようのないギャップが存在していることを再認識させてしまったようだ。

 甘利氏は企業が賃上げを実施すべき理由について「政府は復興特別法人税の減税を前倒しして、原資を渡している。利益が上がっているのに何もしないのは非協力的」と述べている。甘利氏の理解では、減税によって企業の手元に残った資金は利益という認識があるようである。また減税分を原資に賃上げをすべきと主張しているということは、政府のお金を企業を通じて個人に移転する、つまり政府支出であると認識していることになる。

 企業が賃上げに慎重なのは、賃上げを行えば企業の利益が減ってしまうからである。もう少し細かくいうと、減税が行われれば、企業の最終利益は増加し内部留保は増えることになるが、本業の儲けである営業利益や経常利益は増加しない。いくら減税によって一時的に手元資金が増えたとしても、給料の増額で毎年の利益が減ってしまうので、企業はそう簡単には決断しない。

 また企業の賃上げが経済的に効果があるのだとすると、それは、賃上げによって個人消費が増加し、次年度以降の企業収益も増加するという正のスパイラルが想定されているからである。政府が税として徴収した資金を民間にバラ撒くことであるという認識では、既存の公共事業と同じ結果になってしまう。減税によって得られる資金を最初のトリガーとするという意味であったとしても、アベノミクスにおける成長戦略に対する解釈と根本的に矛盾する可能性がある。

 こうした理論的な部分はともかく、現実にはさらにマイナスの影響が大きいかもしれない。安倍政権では、法人税減税などを通じた海外資本の国内投資拡大を掲げている。だが政府の賃上げに応じない企業にはペナルティを科すという趣旨の発言は、他の民主国家からみれば、驚愕の内容である。海外企業の多くは、日本に対して中国やロシアのような国を想像してしまうだろう。法人税を減税したところで、このような市場に積極的に投資をする外国の優良資本は少ない。

 10日に発表された2014年1月の経常収支は過去最高水準の赤字となった。日本は望むと望まざるとに関わらず、海外からのファイナンスが必要な段階に入っている。このような状況において、良質な海外資本を誘致することは、安定した経済成長にとって重要なテーマなはずである。甘利氏の発言は、こうした状況に対してボディーブローのように影響を及ぼしてくる可能性がある。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

building03
GDP改定値は上ブレの可能性大。だが中身は公共事業と消費増税駆け込み需要?

 財務省は9月2日、4~6月期における法人企業統計を発表した。今回の数値は、消費 …

putin
ロシアが軍の再編と近代化を推進。北方領土駐留軍の戦力も強化

 ロシアが軍の再編と近代化を進めている。  ロシア海軍は、このほど、モスクワにあ …

doller02
外貨準備の運用を民間に開放。一部からは金融機関の救済策との声も

 政府は外国為替資金特別会計(いわゆる外為特会)の運用方針を見直す。これまで外部 …

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …

bitcoin
各国がビットコイン規制を検討中。だがそれはタテマエかもしれない

 仮想通貨ビットコインの主要取引所マウンドゴックスが破綻したことを受けて、日本政 …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

mandela
マンデラ氏の追悼式で、現職のズマ大統領が猛烈なブーイングを浴びたワケ

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が2013年12月10日、南アフ …

kabuka
金融庁の強い意向で毎月分配型投信の販売が減少。それでも顧客は毎月分配型を望む?

 投資信託の販売が急速に落ち込んでいる。アベノミクスによる株価上昇が一段落したこ …