ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクの孫社長がワシントンで講演し、買収の意義を強調。米当局は依然慎重姿勢

 

 ソフトバンクの孫正義社長は2014年3月11日、米ワシントンで講演し、米携帯電話会社のTモバイルUSの買収についてその必要性を訴えた。ただ米当局は買収の認可に慎重な姿勢を示しており、状況は依然として不透明だ。

sonmasayosi

 同社は2013年7月、216億ドル(約2兆2200億円)を投じて、米国第3位の携帯電話会社スプリントを買収した。続いて同社は米国第4位のTモバイルUSの買収を目指している。

 現在米国の携帯電話市場は大手4社がシェア争いを行っている状況だが、上位2社のシェアが極めて大きい。1位のAT&Aは1億人近くの利用者を抱えており、シェアは約32%、2位のベライゾンもほぼ同規模で30%強のシェアとなっている。一方ソフトバンクが買収したスプリントのシェアは16%程度であり、13%程度のシェアを持つTモバイルUSを買収してはじめて上位2社と互角に戦うことができる。

 すでに買収を完了したスプリントやTモバイルUSの業績は非常に厳しい状況にあるが、スプリントは徐々に業績が回復してきている。またソフトバンク本体は1兆円を超える営業利益を見込んでおり、財務的には当面大きな問題はない。同社にとって最大の障壁は、米当局が慎重なスタンスを崩さず、TモバイルUSの買収が進まないことである。

 孫社長は講演で「業界を再編することが通信環境の向上と価格の下落につながる」と力説した。確かに米国市場では上位2社の影響力が強く、価格は高めに設定されている。孫氏が主張するように、上位3社体制になれば、利用料金の低下が進む可能性がある。
 米連邦通信委員会(FCC)と司法省は寡占化に対する警戒感が強く、慎重な姿勢を崩していない。米当局との交渉は難航するとの見方がもっぱらである。

 ただスプリントの業績が底を打ったことで、ソフトバンクには少し時間的余裕が出てきた。スプリントの経営立て直しを進めながら、時間をかけてTモバイルの買収交渉を進めるという選択肢もある。
 孫社長は昨年、米国に100億円を超えるといわれる豪邸を購入しているほか、ソフトバンクの米国における拠点整備も進めている。今回のTモバイルUSに関する当局の判断に関わらず、今後は米国市場を主戦場とする意向であることは間違いない。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

jutaku02
世帯収入が多いほど無理なくマイホームを購入しているという調査結果をどう見るか

 世帯収入が多いほど、無理のない範囲の金額でマイホームを購入している。そんなアン …

sirakawajinin
日銀の白川総裁が任期を残して辞任表明。これ以上の譲歩を避ける狙いか

 日銀の白川総裁は2月5日、安倍首相と官邸で会談し、4月8日の任期を待たず、3月 …

mof03
特定業種だけを優遇する租税特別措置は、法人税減税の効果を半減させてしまう

 財務省は2014年2月、特定業種の税金を優遇する「租税特別措置」の適用件数が2 …

googlekesan201303
Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

building
アベノミクスの本質は資産バブル。多くの国民がそう理解している?

 「アベノミクスの効果は不動産に顕著に反映される」-多くの国民がそう考えているこ …

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …

jrhokkaido
火災事故対応から、速度低下と本数減少に踏み切ったJR北海道の決断は妥当か?

 JR北海道は9月4日、11月からのダイヤ改正において、札幌と主要都市間を結ぶ特 …

sonyhonsha
ソニーが相次いでリストラ策。だが今後の戦略についてはいまだ不透明

 業績低迷が続くソニーが、相次いでリストラ策を打ち出している。個々の施策はそれな …