ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクの孫社長がワシントンで講演し、買収の意義を強調。米当局は依然慎重姿勢

 

 ソフトバンクの孫正義社長は2014年3月11日、米ワシントンで講演し、米携帯電話会社のTモバイルUSの買収についてその必要性を訴えた。ただ米当局は買収の認可に慎重な姿勢を示しており、状況は依然として不透明だ。

sonmasayosi

 同社は2013年7月、216億ドル(約2兆2200億円)を投じて、米国第3位の携帯電話会社スプリントを買収した。続いて同社は米国第4位のTモバイルUSの買収を目指している。

 現在米国の携帯電話市場は大手4社がシェア争いを行っている状況だが、上位2社のシェアが極めて大きい。1位のAT&Aは1億人近くの利用者を抱えており、シェアは約32%、2位のベライゾンもほぼ同規模で30%強のシェアとなっている。一方ソフトバンクが買収したスプリントのシェアは16%程度であり、13%程度のシェアを持つTモバイルUSを買収してはじめて上位2社と互角に戦うことができる。

 すでに買収を完了したスプリントやTモバイルUSの業績は非常に厳しい状況にあるが、スプリントは徐々に業績が回復してきている。またソフトバンク本体は1兆円を超える営業利益を見込んでおり、財務的には当面大きな問題はない。同社にとって最大の障壁は、米当局が慎重なスタンスを崩さず、TモバイルUSの買収が進まないことである。

 孫社長は講演で「業界を再編することが通信環境の向上と価格の下落につながる」と力説した。確かに米国市場では上位2社の影響力が強く、価格は高めに設定されている。孫氏が主張するように、上位3社体制になれば、利用料金の低下が進む可能性がある。
 米連邦通信委員会(FCC)と司法省は寡占化に対する警戒感が強く、慎重な姿勢を崩していない。米当局との交渉は難航するとの見方がもっぱらである。

 ただスプリントの業績が底を打ったことで、ソフトバンクには少し時間的余裕が出てきた。スプリントの経営立て直しを進めながら、時間をかけてTモバイルの買収交渉を進めるという選択肢もある。
 孫社長は昨年、米国に100億円を超えるといわれる豪邸を購入しているほか、ソフトバンクの米国における拠点整備も進めている。今回のTモバイルUSに関する当局の判断に関わらず、今後は米国市場を主戦場とする意向であることは間違いない。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

building03
GDP改定値は上ブレの可能性大。だが中身は公共事業と消費増税駆け込み需要?

 財務省は9月2日、4~6月期における法人企業統計を発表した。今回の数値は、消費 …

thanksgiving00
米国の感謝祭セールが順調。米国経済に依存する日本にとっては朗報

 米国の感謝祭休日における消費支出が前年を大きく上回ったことが明らかとなった。全 …

robotfunuc
グーグルと鴻海がロボットで提携。困るのはファナックではなく日本の町工場?

 インターネット検索大手のグーグルと台湾の鴻海精密工業がロボット分野で提携を進め …

suntec
太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所 …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

rikokkyou
日本のバブル退治を彷彿?中国が景気減速にもかかわらず、金融引き締めを強行

 中国経済が正念場に差し掛かっている。香港上海銀行(HSBC)が6月20日に発表 …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

bouekitoukei201312
12月の貿易赤字はさらに拡大。慢性的な経常赤字に備えた政策が急務

 財務省は2014年1月27日、2013年12月の貿易統計を発表した。輸出額から …

intelhead
インテルがアルテラを2兆円で買収。金額は割高だが意味のあるM&A

 半導体世界最大手の米インテルは2015年6月1日、半導体のファブレスメーカー( …

sumsung
大統領選挙でも争点に!韓国の財閥支配の温床「循環出資」とは?

 韓国は財閥が支配している国として有名である。韓国における財閥の影響力は極めて大 …