ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米英でビットコインを通貨として容認する動き。実現すれば両国に多額の資金が転がり込む

 

 ビットコインを通貨として容認する動きが米英で活発になってきた。日本は早々にビットコインは通貨ではなく「モノ」であるする見解を表明しているが、米英は、場合によってはビットコインを通貨として容認し自国経済に活用する方向に進んでいく可能性がある。

bitcoin

 英紙の報道によると、英国歳入庁は2014年3月3日、ビットコインについてモノとして扱わず、付加価値税の対象としない方針を明らかにした。また米ニューヨーク州の金融サービス局は11日、ビットコインを仮想通貨として認め、当局の監督下で運営する公認取引所の開設を検討すると発表した。
 あくまで検討段階なので、実現するのかはまだ不透明だ。だが、もし実現すれば、当局公認の取引所が登場することになり、ビットコインの安全性や透明性が一気に向上することになる。

 米国や英国がビットコインを通貨として容認することを検討している背景には、これを自国経済に取り込んだ方が国益にプラスになるという判断がある。

 日本では国家が発行したものでなければ通貨ではないという意識が強いが、必ずしもそうではない。通貨は多くの人が通貨として認めれば通貨として流通する性質を持っている。日本円が通貨として信用されているのは、日本政府(厳密には日銀)が発行しているからではなく、日本政府を多くの人が信用しているからである。

 香港ドルのように民間銀行が発行する通貨も存在しているし、戦前の日本では、金の代わりに英ポンドを発行準備とするポンド本位制を採用していた時期もあった。当時、日本円が通貨として信用されていたのは、日本政府が発行していたからではなく、国際的に信用度の高い英ポンドとの兌換が確約されていたからである。

 ビットコインは、金本位制の考え方をベースに設計されており、それ自体に通貨価値が生じるための工夫が施されている。すべての取引履歴が通貨本体に残るので、紙の紙幣よりもむしろ安全性が高い。金本位制と同じく、経済規模に合わせて通貨の発行量をコントロールできない点や、ハッキング対策など実務上の課題は残るが、通貨としての基本的な能力は備えている。投機の対象となっている点については、利用する人が増えれば増えるほど、市場のボラティリティは低下していく。

 もしビットコインがこのまま普及することになり、米英が最初にこれを容認するということになると、両国には極めて大きなメリットがあるだろう。ビットコインの取引所は米国と英国に集中することになり、両国はビットコインとして流通する通貨のほとんどを自国内に集めることができる。
 またビットコインは電子的に追跡が可能であり、NSA(米国家安全保障局)のような強力な電子諜報組織を持つ国にとっては、ビットコインの動きに関する情報を自国で独占することができる。

 場合によっては、日本などビットコインを容認しない国の脱税資金がビットコインを経由して米国に集められ、米国経済のために活用されるという事態が生じかねないのだ。というよりも、むしろ米英は世界の闇経済の資金をビットコインを使って自国に集めることを前提に制度の設計に入っている可能性も考えられる。

 - 政治, 経済, IT・科学

  関連記事

hasimoto2
橋下氏が公務員批判のボルテージをアップ。そろそろ基本的な論点整理が必要なのでは?

 日本維新の会共同代表で大阪市長の橋下徹氏が公務員批判のボルテージを上げている。 …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

satsutaba
甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。 …

bananki
FRBのバーナンキ議長が緩和縮小に慎重姿勢。だが本音はスケジュール通り?

 米FRB(連邦準備制度理事会)の量的緩和策縮小のタイミングをめぐって市場では神 …

moribuild
これが本当の「森ビル」だ!ミラノで全面緑化ビルが完成したが、その前途は多難?

 イタリアのミラノで建設が進められていた全面緑化型の高層ビル2棟がこのほど完成し …

kichikyoku
携帯基地局の裁判で住民が敗訴。日本人は目に見えないものが苦手なようで・・

 携帯電話の基地局が発する電波の有害性について、日本でも次第に取り上げられるよう …

nenkin
年金の長期見通し。生涯現役、女性参加、高リスク運用でようやく現役世代の50%

 厚生労働省は2014年6月4日、公的年金の長期的な財政見通しを発表した。政府が …

apuruwochi
アップルウオッチの登場で金の価格形成メカニズムが変わる?

 米アップルは2015年3月9日、腕時計型のウェアラブル端末「アップルウオッチ」 …

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …

stigurittuabe
スティグリッツ氏の主張は実はアベノミクスと正反対。それでも来日した理由とは?

 安倍首相が、世界的な経済学者を次々に官邸に呼んで会談を行っている。永田町では消 …