ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1月の機械受注は反動で大幅増。全体にブレが大きくなりトレンドが不明確に

 

 内閣府は2014年3月13日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でプラス13.4%と大幅な増加となった。だが先月は15.7%の大幅マイナスだったことを考えると、状況は以前として中立的である。

kosakukiki

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。昨年は大型の公共事業が続いていたこともあり、非製造業の設備投資が国内の景気を牽引する形となっていた。しかし12月は製造業、非製造業とも大幅なマイナスとなり、上昇トレンドはもとに戻ってしまった。特に製造業はリーマンショック以降では最大の下落幅を記録している。

 今月はこの反動で製造業のプラス幅は過去2番目の水準となっている。ただ金額的にはここ数ヶ月の平均値とほぼ同額であり、状況が大きく変化したわけではない。

 上昇幅が大きかったのは電機業界で製造装置などへの投資が増えたことで前月比1.3倍となった。電機業界はこのところ設備投資のブレ幅が極めて大きく安定しない状況が続いている。シャープやパナソニックに続いて今度はソニーが苦境に立たされるなど、業界全体として事業の再編が進んでおり、こうした状況が設備投資のブレにもつながっていると考えられる。電機業界のリストラが一段落しないと、製造業の設備投資の動向ははっきりしないかもしれない。

 非製造業については、農林漁業、運輸、金融などで伸びが目立つ。運輸の伸びは内需拡大と強く結びついている可能性が高い。金融も内需との関連性が高いが、この業界については、やはり金額のブレが大きいという特徴がある。全体的な傾向を見るにはもう少し時間が必要だ。

 こうした数字のブレは、今後、設備投資が持続的に拡大する前兆なのか、下落トレンドに転じる前兆かのか、現時点で判断することは難しい。設備投資に関する今後の見通しは、先月に引き続いて、今後の結果次第ということになる。

 - 経済 ,

  関連記事

dellmicrosoft
デルに出資?タブレット台頭を前に、マイクロソフトは重大な岐路に立たされている

 米マイクロソフトが大手パソコン・メーカーの米デルに10億~30億ドル(約900 …

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

officebuiding
とうとう不動産市況が上向く?都心部のオフィス空室率が低下したが・・・・

 不動産仲介の三鬼商事は7日、東京都心におけるオフィスの空室状況を発表した。1月 …

kanntei
政府、財界、労組による賃上げ協定構想が浮上。だが内容は賃下げを狙ったものだ

 労働者の賃上げが実現できるように、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想 …

goodyeardunrop
フランスの隣接する2つのタイヤ工場の明暗を分けたものは、長時間労働の受け入れだった

 フランス北部アミアンにある2つのタイヤ工場をめぐって、ちょっと変わった事態が発 …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

frbzerokinri
FRBがとうとう利上げを決定。米国経済は非常事態から完全に脱却

 FRB(連邦準備制度理事会)がとうとう政策金利の引き上げを決定した。米国の金融 …

euhonbu00
欧州が緊縮策から方向転換?世界はリーマンショック以前に逆戻り

 これまで緊縮財政一辺倒だった欧州委員会(EU)が方向転換を図っている。スペイン …

MADEINUSA
米国で進む製造業回帰。背景にあるのは新興国の労働コストとシェールガス革命

 米国で製造業への回帰が進んでいる。主役となっているのは重電や化学などいわゆる重 …