ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1月の機械受注は反動で大幅増。全体にブレが大きくなりトレンドが不明確に

 

 内閣府は2014年3月13日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でプラス13.4%と大幅な増加となった。だが先月は15.7%の大幅マイナスだったことを考えると、状況は以前として中立的である。

kosakukiki

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。昨年は大型の公共事業が続いていたこともあり、非製造業の設備投資が国内の景気を牽引する形となっていた。しかし12月は製造業、非製造業とも大幅なマイナスとなり、上昇トレンドはもとに戻ってしまった。特に製造業はリーマンショック以降では最大の下落幅を記録している。

 今月はこの反動で製造業のプラス幅は過去2番目の水準となっている。ただ金額的にはここ数ヶ月の平均値とほぼ同額であり、状況が大きく変化したわけではない。

 上昇幅が大きかったのは電機業界で製造装置などへの投資が増えたことで前月比1.3倍となった。電機業界はこのところ設備投資のブレ幅が極めて大きく安定しない状況が続いている。シャープやパナソニックに続いて今度はソニーが苦境に立たされるなど、業界全体として事業の再編が進んでおり、こうした状況が設備投資のブレにもつながっていると考えられる。電機業界のリストラが一段落しないと、製造業の設備投資の動向ははっきりしないかもしれない。

 非製造業については、農林漁業、運輸、金融などで伸びが目立つ。運輸の伸びは内需拡大と強く結びついている可能性が高い。金融も内需との関連性が高いが、この業界については、やはり金額のブレが大きいという特徴がある。全体的な傾向を見るにはもう少し時間が必要だ。

 こうした数字のブレは、今後、設備投資が持続的に拡大する前兆なのか、下落トレンドに転じる前兆かのか、現時点で判断することは難しい。設備投資に関する今後の見通しは、先月に引き続いて、今後の結果次第ということになる。

 - 経済 ,

  関連記事

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …

okane02
日銀の資金循環統計から分かる、日本人のお金に関する行動は案外合理的という事実

 日本人のお金に関する判断はかなり合理的だった。日銀が発表したは2012年10~ …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

canonfactory
キヤノンの国内生産回帰は評価すべきだが、雇用の増加につながるわけではない

 キヤノンは2015年までに自社製品の国内生産比率を現在の42%から50%へ引き …

shanhai
止まらない中国株の下落。昭和30年代の日本市場との類似性

 中国株の下落が止まらない状況が続いている。中国政府は、相次いで株価対策を打ち出 …

setsubitousi
設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見 …

yukashi02
金融庁が海外ファンド投資で有名な「ゆかし」に対して行政処分の構え

 証券取引等監視委員会は「いつかはゆかし」のキャッチフレーズで知られている投資助 …

gajoen
都心部で大型不動産をめぐるマネーの動きが活発化。ようやくバブルの闇が消える?

 東京の不動産取引が活発になってきている。量的緩和策によるインフレ期待を背景に、 …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

rikenbitamin
小保方さん効果?理研をルーツとする「ふえるわかめちゃん」は絶好調

 理化学研究所(理研)をその設立母体とし、「ふえるわかめちゃん」や「わかめスープ …