ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1月の機械受注は反動で大幅増。全体にブレが大きくなりトレンドが不明確に

 

 内閣府は2014年3月13日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でプラス13.4%と大幅な増加となった。だが先月は15.7%の大幅マイナスだったことを考えると、状況は以前として中立的である。

kosakukiki

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。昨年は大型の公共事業が続いていたこともあり、非製造業の設備投資が国内の景気を牽引する形となっていた。しかし12月は製造業、非製造業とも大幅なマイナスとなり、上昇トレンドはもとに戻ってしまった。特に製造業はリーマンショック以降では最大の下落幅を記録している。

 今月はこの反動で製造業のプラス幅は過去2番目の水準となっている。ただ金額的にはここ数ヶ月の平均値とほぼ同額であり、状況が大きく変化したわけではない。

 上昇幅が大きかったのは電機業界で製造装置などへの投資が増えたことで前月比1.3倍となった。電機業界はこのところ設備投資のブレ幅が極めて大きく安定しない状況が続いている。シャープやパナソニックに続いて今度はソニーが苦境に立たされるなど、業界全体として事業の再編が進んでおり、こうした状況が設備投資のブレにもつながっていると考えられる。電機業界のリストラが一段落しないと、製造業の設備投資の動向ははっきりしないかもしれない。

 非製造業については、農林漁業、運輸、金融などで伸びが目立つ。運輸の伸びは内需拡大と強く結びついている可能性が高い。金融も内需との関連性が高いが、この業界については、やはり金額のブレが大きいという特徴がある。全体的な傾向を見るにはもう少し時間が必要だ。

 こうした数字のブレは、今後、設備投資が持続的に拡大する前兆なのか、下落トレンドに転じる前兆かのか、現時点で判断することは難しい。設備投資に関する今後の見通しは、先月に引き続いて、今後の結果次第ということになる。

 - 経済 ,

  関連記事

googlecar01
Googleが自動車の自動運転システムを5年以内に実用化。その本当の狙い

 米Googleが自動車の自動運転の実用化にほぼメドをつけた。  同社は8月に、 …

zaiseishuusi
政府が財政収支の試算を公表。2020年度PB黒字化は達成困難に

 政府は2014年7月25日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。日本政 …

bouekitoukei 201504
4月の貿易赤字は少額。ただ、為替が動き始めており状況は流動的

 財務省は2015年5月25日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

yarigai
日本人の仕事に対する満足度が低いという調査結果をどう見る?

 ビジネスマン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米リンク …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

verizon
早まった?それとも大チャンス?ベライゾンのM&Aでソフトバンクに再び世界が注目

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズによる超大型買収が実現したことで、ソ …

alibaba
アリババはコスト増加で利益減少。同社の競争環境は厳しくなってきた

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年5月7日、2015年1~3 …

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …