ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本の労働力人口は女性フル活用でも大幅減。豊かさの維持には生産性向上が必須

 

 内閣府は2014年3月12日、長期の労働力人口予測をまとめた。50年後の労働力人口は、出生率が大幅に回復し、北欧並みに女性や高齢者の労働参加が進んでも1170万人減少し、現状維持の場合には2782万人も減る。このケースでは潜在的な経済成長率は0.9%減少することになる。

josei

 経済が成長する要因は、大きく分けて2種類あるといわれている。ひとつは資本投入、もうひとつは労働投入である。
 両者の投入量以上に経済が成長した場合には、事後的にそれはテクノロジーなどによるイノベーションがあったと解釈する。投下される資本が変わらないと仮定した場合、労働力人口が減少すれば、経済成長も鈍化することになる。

 日本は人口減少することが確実な状況となっている。従来の成長を維持するためには、労働力人口を増やすか、イノベーションを強化して、同じ資本や労働から得られる成長率を高くする必要がある。労働力人口の増加策としては、女性や高齢者の労働市場への参加を促すことが考えられる。

 だが現在の状況が継続すると、2060年における労働人口は3795万人となり、2013年との比較で2782万人も減少してしまう。少子化対策を実施するとともに、女性の社会進出を徹底的に進め、スウェーデン並みにした場合でも、1170万人分の労働力人口が減少する。

 そうなってくると日本の成長率を維持するためには、イノベーションが非常に重要ということになる。どうすればイノベーションを活発化できるのかについては明確な解答があるわけではない。だが過去の例を見ると、イノベーションが活発な国は、女性の社会進出にも積極的である。
 イノベーションは経済学的にはTFP(全要素生産性)という指標で表される。TFPは時代によっても異なるが、フィンランドやスウェーデン、米国など女性の社会進出が活発な国は、総じてこの数値が高い(韓国のように女性差別が激しい国でも、TFPが高いという例外もある)という傾向がある。もしそうなのだとすると、女性活用は日本にとって議論の対象ではなく、もはや必須の課題ということになる。

 いずれにせよ、日本が現在の豊かさを保ち、年金など社会保障を維持可能なものとするためには、男女の区別なく全員が生涯労働するという環境が必要であることはほぼ間違いない。その上で、付加価値の高い産業へのシフトを進め、生産性を高めていく努力が必要になると考えられる。

 今回の試算結果は、中長期的な日本経済における課題を議論する有識者委員会に提出され、今後の議論とベースとなる。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

100jikan
残業上限は「100時間」それとも「100時間未満」?という不毛な議論

 政府が導入を検討している長時間労働の上限規制について、最終的に「月100時間未 …

chromecast
グーグルがテレビで動画を楽しめる安価な端末を発売開始。そのインパクトは?

 グーグルは2014年5月27日、テレビに接続するだけで、スマホやタブレットの動 …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

streetlive
大阪で路上ライブ合法化の動き。だが区役所職員がアーティストを「認定」って・・・・

 大阪の自治体では、合法的に路上ライブをできるスペースをアーティストに提供し、こ …

hosino
星野リゾートなど新規REITが続々登場。日本経済の救世主となるか?

 全国にリゾートホテルや旅館を手掛ける星野リゾートが、不動産投資信託(REIT) …

jinmingen
中国が事実上の通貨切り下げ。米国以外はすべて大規模緩和状態へ

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は、対ドル為替レートの「基準値」の算出方法を …

ieren201409
FRBが年内の資産縮小開始を表明。米国の量的緩和策は完全終了フェーズへ

 FRB(連邦準備制度理事会)が市場の予想通り、再利上げと年内の資産圧縮開始を決 …

chenguangbiao
これが本当の成金だ!中国の富豪がニューヨークの慈善活動パフォーマンスで大顰蹙

 中国人の富豪で、派手な慈善活動のパフォーマンスで知られる陳光標氏が、ニューヨー …

bankofhina
中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀 …

bukkajoushou
物価は4カ月連続で上昇。値上げは全品目に波及しつつあるが、これをどう評価すべきか?

 総務省は10月25日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮 …