ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャドーバンキングといっても幅が広い。アリババや百度でも扱っている。

 

 中国では、いわゆる影の銀行(シャドーバンキング)による過剰融資が大きな問題となっているが、中国政府は、デフォルトの絶対的な回避から、必要に応じてデフォルトを容認する方向に舵を切り始めている。

aribabakinyu

 これまで中国当局は社会不安を招くとして原則としてデフォルトを回避する方針でこの問題に対処してきた。
 中国工商銀行が仲介していた山西省の石炭会社に関する金融商品(中国ではこうした商品は理財商品と呼ばれる)は1月にデフォルトが懸念されていたが、政府の救済でとりあえずデフォルトを回避した。だが3月7日には、太陽光パネル大手が社債市場ではあるが、初のデフォルトを起こすなど、状況は変化しつつある。

 李克強首相は、「個別のケースでデフォルトが避けられないものはある」と述べ、当局の監督のもと、必要に応じてデフォルトを容認する方針を明らかにした。デフォルト容認に舵を切った背景には、不良債権の話題が浸透し、投資家が冷静になってきていることや、このまま不透明な状況が続くと、通常の融資案件にも影響が出ると考えたからである。

 中国は金融システムが不完全であることから、通常の金融機関だけでは、国内の資金ニーズをすべて満たすことができない。融資額の2割から3割がシャドーバンキングといわれているが、ひとくちにシャドーバンキングといっても多くの種類があり、その内容やリスクも様々である。
 たとえば日本では楽天やヤフーに相当する、インターネット最大手のアリババ・グループもこうした理財商品を扱っている。商品の決済に使う口座を利用し、顧客は決済口座にお金をチャージするだけで年5~6%という高い金利の商品に投資することができる。
 アリババのサービスが集めた資金は5000億元(約8兆4000億円)にも達しており、競合である百度(バイドゥ)やテンセントなども同様のサービスを提供している。

 こうして集められた資金は、企業向けに貸し出されており、銀行融資でカバーできない部分を補っている。中央銀行に相当する中国人民銀行の周小川総裁は11日、預金金利を今後、自由化するとともに、こうしたネット金融については監督を強化しつつ有効活用していくとの見解を示している。
 金利を自由化し、金融サービスの裾野を広げることで、不良な理財商品にマネーが流れ込まないようにしたい意向だ。今後は金融市場の整備を進め、優良な案件は透明性の高い商品として存続させ、質の悪い案件については、パニックを起こさないよう注意しながらデフォルトさせることになる。

 口でいうのは簡単だが、実際に混乱を引き起こすことなく、この作業を実施するのは非常に難しい。社会不安を誘発させないためには、ある程度の時間をかける必要も出てくる。中国のシャドーバンキング対策は、日本のバブル処理と同様、長期間の勝負になりそうだ。

 - 政治, 経済, IT・科学 ,

  関連記事

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

no image
なぜか報道されないスペインの国家分裂危機。支援を要請できないのにはワケがあった

 米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、スペインの国際 …

zenjindai
中国で全人代が開幕。中国政府の新体制が本格的にスタート

 中国の国会である第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議が5日、北京の人民 …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …

hitora
橋下氏がとうとう国政進出を表明。首長と議員兼務に潜む危険性とは?

 日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長と幹事長の松井一郎大阪府知事は20日、大阪 …

facebookdown
フェイスブック利用者が近い将来一気に8割減という予測は現実的なのか?

 フェイスブックは伝染病のように消え去るという研究者の予測が話題となっている。フ …

swiss
失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは …