ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

KDDIがニュース閲覧サービスのGunosyに出資。一気にマス・マーケット化が進むか?

 

 KDDIは2014年3月14日、ネット上でニュース配信サービスを手がけるベンチャー企業、株式会社グノシーに資本参加したと発表した。推定の出資金額は約12億円。元フェイスブック日本副代表で現在はKDDIに在籍する森岡康一氏を社外役員として派遣する。

gunosy01

 このところスマホ向けのニュース配信サービス(ニュースアグリゲータ)を手がけるベンチャー企業が多額の資金調達を行っている。この分野の有力ベンチャーであるグノシーに大企業が資本参加したことで、この分野の囲い込みが活発化する可能性がある。

 最近、急成長しているニュース配信サービスの多くは、閲覧者の興味や、ツイッターでの話題などをアルゴリズムを使って解析し、閲覧者の嗜好に合わせたニュースを選別したり要約する機能を備えている。
 特にスマホ利用者を主なターゲットとしており、サービスはアプリの形態で提供されることも多い。このようなニュース配信サービスには、Gunosy(グノシー)以外にも、SmartNews、vingow、NewsPicksといったものがある。

 Gunosyはこうしたサービスのさきがけといえるもので、先行者であるが故に、マニアックなユーザーを対象としたニッチ・サービスを得意としてきた。しかしニュース配信サービスが一般的なユーザーにも知られるようになり、市場が拡大してきたことから、同社は顧客の切り替えに踏み切ったと考えられる。
 サービス画面を全面的にリニューアルし、3月からはテレビCMもスタートさせている。KDDIの資本参加と業務提携によって、一般ユーザー向けのサービスを一気に拡大させたい意向だ。

 現在、同社アプリのダウンロード数は約180万。一般向けニュースアプリとしては比較的知名度の高いSmartNewsは300万を突破している。ダウンロード数は公表していないものの、vingowもサービス開始時から比較すると閲覧数が150倍になっているという。ただダウンロード数には重複が含まれている可能性が高く、各社が実質的なユーザーをどこまで増やせているかは微妙な状況だ。
 また日本の場合、一般向けのニュースは提供元が限定されてしまうという問題がある。いくらユーザーの好みに合わせて選別を行っても、結局はどのサービスも内容が同じという状況にもなりかねない。

 多額の資金調達や大企業との提携が始まったことで、ニュース配信サービス各社は、個別の技術や特徴を争うのではなく、マス向けにシェアを争う体力勝負のフェーズに入ったのかもしれない。

 - マスコミ, 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

jinkouchino
学会誌の女性イラスト事件から考える、オープンな現代社会を生き抜く知恵

 人工知能学会は2014年1月9日、1月発行の同学会誌表紙に掲載された女性のイラ …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

touchou
うつによる休職や他社への転職、さらには出世候補までシステムが予測する時代に!

 「営業部の佐藤さんはうつで会社を休む可能性が高くなっています」「開発部の高橋さ …

drugeconomy
麻薬や売春など地下経済をGDPにカウントする動き。ランキングに混乱も

 麻薬や売春など、いわゆる地下経済をGDP(国内総生産)に含めることに関する議論 …

kokkaigijido02
格付け会社の体質が変わっていないのだとすると、日本国債はそろそろ危ないかもしれない

 安倍首相が消費増税の再延期を表明したことについて、格付け会社は引き下げを実施し …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …

ilc
次世代加速器ILCの日本誘致論。背後には4000億円という巨額の土木工事が存在する

 宇宙誕生の謎を研究する次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致 …