ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

理研がSTAP細胞論文に関する中間報告を発表。研究の本質部分は結論先送り

 

 理化学研究所は2014年3月14日、新しい万能細胞である「STAP細胞」に関する論文に疑義が生じている件について記者会見を行い、調査の中間報告について説明した。

rikenchousakekekka

 同研究所の小保方晴子氏らを中心とする研究チームは、これまで多大な労力をかけなければ作成することができなかった万能細胞を、酸に浸すだけで作成する事に成功したとして、英科学誌ネイチャーに論文発表を行っていた。
 ノーベル賞級の画期的な研究であるとして世界中の注目を集めていたが、論文のデータや写真などに関する疑問が指摘されており、理化学研究所が調査を行っていた。

 調査対象となったのは全部で6点あり、うち2点についてはデータの扱いに不適切な点はあったが、不正ではないと判断した。残る4点については継続調査が必要としている。

 特に、得られた細胞がSTAP細胞であることのひとつの証拠になる電気泳動の画像については、STAP細胞のものとされる部分の画像が、何らかの理由で差し替えられていることが判明している。これが、結果を見やすくするための操作だったのか、捏造のための差し替えだったのかよって、STAP細胞の存在そのものに対する解釈も変わってくる可能性がある。
 小保方氏をはじめとする研究チームの論文作成に対する姿勢など倫理的な側面は別にして、画期的な研究成果なのかという点については、結論が持ち越しになった。理化学研究所では論文の取り下げも視野に入れるとしているが、最終的な取り扱いについては言及を避けている。

 ただ見方を変えるとSTAP細胞の存在が完全に否定されたわけではなく、この研究で遅れを取っていた他国の研究チームにとっては、千載一遇のチャンスとなるかもしれない。小保方氏らが論文を取り下げ、再度実験や論文作成を行っている間に、追試に成功するチームが現れれば、ノーベル賞級の成果が転がり込んでくることになる。

 理由はともかく、現時点において画像の差し替えや取り違えがあったことは事実であることから、管理がずさんであった小保方氏らの姿勢を批判するのはたやすい。だが、これまでもデータの取り扱いが杜撰な研究者や捏造を平気で行う研究者はたくさん存在してきた。
 研究者のパーソナリティと科学的成果は切り離して考えるべきものであり、ここで重要となるのはSTAP細胞が本当に実現できるかどうかという点である。まずはその部分について、なるだけ早く検証作業を行うことが、社会にとってもっとも有益と考える。

 - 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

ipusiron
低コスト・ロケット「イプシロン」を8月に打ち上げ。JAXAもそれに合わせてスリム化しては?

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5月21日、新しい小型ロケットである「イプシ …

takaichi
高市発言で浮き彫りになった原子力災害に対する根本的な誤解

 自民党の高市早苗政調会長が「原発事故によって死亡者が出ている状況ではない」と発 …

danboukigu
日本の温室効果ガス削減は家庭の省エネ頼み。断熱ゼロで寒い日本の家がさらに寒くなる

 地球温暖化対策の国連会議COP21において、パリ協定が締結されたことで、温暖化 …

konchu
国連が飢餓対策に昆虫食を推奨。日本ではすでに昆虫食を趣味にしている人も

 国連食糧農業機関(FAO)は5月13日、世界の飢餓対策として、カブトムシやシロ …

yamasita
CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱 …

no image
イスラム圏が米国へのサイバーテロ攻撃を実施。銀行システムなどが一部ダウン

 イスラム教を揶揄したされる映画が発端で、西欧社会に対するイスラムの反発が激化し …

toyotaeco
トヨタが戦略を大転換。2020年までに電気自動車量産開始でガラパゴス化を回避

 トヨタが2020年までに電気自動車(EV)を量産する方向で検討を開始したことが …

robotokontest
米ロボット・コンテストは日本勢振るわず。背後に垣間見えるグーグルの影

 米国防総省の国防高等研究局(DARPA)が主催するロボット・コンテストの決勝戦 …

sakuranomiya01
桜宮高校体罰自殺事件に判決。被告の深い反省が逆に体罰問題の解決を難しくする?

 大阪市立桜宮高校のバスケットボール部のキャプテンだった男子生徒に暴行を加えたと …

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …