ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

理研がSTAP細胞論文に関する中間報告を発表。研究の本質部分は結論先送り

 

 理化学研究所は2014年3月14日、新しい万能細胞である「STAP細胞」に関する論文に疑義が生じている件について記者会見を行い、調査の中間報告について説明した。

rikenchousakekekka

 同研究所の小保方晴子氏らを中心とする研究チームは、これまで多大な労力をかけなければ作成することができなかった万能細胞を、酸に浸すだけで作成する事に成功したとして、英科学誌ネイチャーに論文発表を行っていた。
 ノーベル賞級の画期的な研究であるとして世界中の注目を集めていたが、論文のデータや写真などに関する疑問が指摘されており、理化学研究所が調査を行っていた。

 調査対象となったのは全部で6点あり、うち2点についてはデータの扱いに不適切な点はあったが、不正ではないと判断した。残る4点については継続調査が必要としている。

 特に、得られた細胞がSTAP細胞であることのひとつの証拠になる電気泳動の画像については、STAP細胞のものとされる部分の画像が、何らかの理由で差し替えられていることが判明している。これが、結果を見やすくするための操作だったのか、捏造のための差し替えだったのかよって、STAP細胞の存在そのものに対する解釈も変わってくる可能性がある。
 小保方氏をはじめとする研究チームの論文作成に対する姿勢など倫理的な側面は別にして、画期的な研究成果なのかという点については、結論が持ち越しになった。理化学研究所では論文の取り下げも視野に入れるとしているが、最終的な取り扱いについては言及を避けている。

 ただ見方を変えるとSTAP細胞の存在が完全に否定されたわけではなく、この研究で遅れを取っていた他国の研究チームにとっては、千載一遇のチャンスとなるかもしれない。小保方氏らが論文を取り下げ、再度実験や論文作成を行っている間に、追試に成功するチームが現れれば、ノーベル賞級の成果が転がり込んでくることになる。

 理由はともかく、現時点において画像の差し替えや取り違えがあったことは事実であることから、管理がずさんであった小保方氏らの姿勢を批判するのはたやすい。だが、これまでもデータの取り扱いが杜撰な研究者や捏造を平気で行う研究者はたくさん存在してきた。
 研究者のパーソナリティと科学的成果は切り離して考えるべきものであり、ここで重要となるのはSTAP細胞が本当に実現できるかどうかという点である。まずはその部分について、なるだけ早く検証作業を行うことが、社会にとってもっとも有益と考える。

 - 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

winepod
ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が …

linemorikawa
LINEの情報が韓国政府に筒抜けという報道。上場を前にLINEが大波乱

 無料通話チャット・アプリLINEの情報が韓国政府に筒抜けになっているという報道 …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

androidTV
グーグルが着々と進める家電のネットワーク化と人工知能化

 ネット検索最大手の米グーグルが、家電の人工知能化を急ピッチで進めている。同社が …

timcook
株価暴落と現金退蔵問題にも関わらず、Appleの株主総会が平穏だったワケとは?

 大幅な株価の下落と12兆円にも達する現金の保有で市場の関心を集めていた米App …

furunreport
中国版フォーブスと呼ばれる最新の長者番付。米国の資産家の水準に近づく

 中国の民間調査会社である胡潤研究院は、中国の大富豪ランキングである「胡潤百富( …

linejojo
LINEがいよいよ上場へ。ただし、ベストなタイミングは逸してしまった

 対話アプリのLINEが7月にも東京証券取引所に上場する。親会社である韓国ネイバ …

ianfunozo
NY州議会で慰安婦問題が決議。米国政界に広がる危険な兆候

 米国ニューヨーク州議会上院は29日、従軍慰安婦問題について「人道に対する罪」と …

sinchounakazuri
やっぱり革命政党?共産党が議員のラブラブ路チュー写真に激怒

 共産党の女性議員の路チュー写真が週刊誌に掲載された件で、共産党が激怒している。 …

tokkkyocho
特許庁がシステム開発に失敗。高額で民間から雇ったCIO補佐官は何をやっているの?

 プロジェクトが事実上頓挫していた特許庁の新システム開発プロジェクトについて、同 …