ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

理研がSTAP細胞論文に関する中間報告を発表。研究の本質部分は結論先送り

 

 理化学研究所は2014年3月14日、新しい万能細胞である「STAP細胞」に関する論文に疑義が生じている件について記者会見を行い、調査の中間報告について説明した。

rikenchousakekekka

 同研究所の小保方晴子氏らを中心とする研究チームは、これまで多大な労力をかけなければ作成することができなかった万能細胞を、酸に浸すだけで作成する事に成功したとして、英科学誌ネイチャーに論文発表を行っていた。
 ノーベル賞級の画期的な研究であるとして世界中の注目を集めていたが、論文のデータや写真などに関する疑問が指摘されており、理化学研究所が調査を行っていた。

 調査対象となったのは全部で6点あり、うち2点についてはデータの扱いに不適切な点はあったが、不正ではないと判断した。残る4点については継続調査が必要としている。

 特に、得られた細胞がSTAP細胞であることのひとつの証拠になる電気泳動の画像については、STAP細胞のものとされる部分の画像が、何らかの理由で差し替えられていることが判明している。これが、結果を見やすくするための操作だったのか、捏造のための差し替えだったのかよって、STAP細胞の存在そのものに対する解釈も変わってくる可能性がある。
 小保方氏をはじめとする研究チームの論文作成に対する姿勢など倫理的な側面は別にして、画期的な研究成果なのかという点については、結論が持ち越しになった。理化学研究所では論文の取り下げも視野に入れるとしているが、最終的な取り扱いについては言及を避けている。

 ただ見方を変えるとSTAP細胞の存在が完全に否定されたわけではなく、この研究で遅れを取っていた他国の研究チームにとっては、千載一遇のチャンスとなるかもしれない。小保方氏らが論文を取り下げ、再度実験や論文作成を行っている間に、追試に成功するチームが現れれば、ノーベル賞級の成果が転がり込んでくることになる。

 理由はともかく、現時点において画像の差し替えや取り違えがあったことは事実であることから、管理がずさんであった小保方氏らの姿勢を批判するのはたやすい。だが、これまでもデータの取り扱いが杜撰な研究者や捏造を平気で行う研究者はたくさん存在してきた。
 研究者のパーソナリティと科学的成果は切り離して考えるべきものであり、ここで重要となるのはSTAP細胞が本当に実現できるかどうかという点である。まずはその部分について、なるだけ早く検証作業を行うことが、社会にとってもっとも有益と考える。

 - 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

mynumberseido
マインナンバーを持てない海外赴任者は、日本にある自分の口座に送金できない?

 マイナンバー制度のスタートに伴って、海外居住者が日本国内の自分の口座に送金でき …

fcatokai
日本がとうとう核物質の米国返還を決定。日米関係は根本的に変わった

 日米両政府は2014年3月24日、核物質の最小化に関する日米の共同声明を発表し …

chukounen
中高年は若者のことを考えているのか?いないのか?

 日本の政策のほとんどは中高年向けのものに偏っている。その際たるものは年金受給額 …

venetian
世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカ …

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

no image
中国版イエズス会?中国語を世界に普及させる「孔子学院」が米国を席巻!

 中国語や中国文化の宣伝や普及を目的とした中国の教育機関が米国の教育界を席巻し、 …

fccbeikoku
米国で議論沸騰中の「ネットワーク中立性」って何だ?

 米連邦通信委員会(FCC)は2015年2月26日、インターネット回線を事実上の …

microsofthead
ダウは1万8000ドル回復だが、IT企業の決算が冴えず、投資家は依然慎重

 米国IT企業各社の決算が今ひとつの状況となっている。絶対値としてそれほど悪い数 …

iryohi
政府内部で医療費削減の動きが活発化。財政出動が強化されれば、医療費にシワ寄せが?

 政府内部で医療費の歳出削減に向けた動きが活発化している。社会保障費は最大の支出 …