ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通期(2013年3月期)では営業利益が7000億円を突破することが確実であることを明らかにした。

 同社の半期の連結決算は、売上高が3%増の1兆5861億円で上期として3期連続で過去最高を更新。営業利益は8%増の4027億円となり、こちらは上期として7期連続で過去最高益を更新した。

 通期決算の営業利益が7000億円に達することで、同社の財務体質は急激に向上している。設備投資の資金を本業から得られるキャッシュフローで十分にまかなうことができるようになりつつある。

 これを受けて孫社長は、基地局の建設など設備投資額の上積みも発表している。ソフトバンクの携帯はこれまで「繫がりにくい」というのが常識であった。同社は否定しているが、設備投資の額をギリギリに抑え「パンク寸前でなんとかオペレーションする」(業界関係者)のが同社のやり方だからだ。

 ソフトバンクの顧客はドコモなどと比べて若年層の割合が高く、多少つながりが悪くても致命的なクレームはあまり出てこない。とにかく事業拡大を最優先してきたのである。
 だがここにきて、7000億円という他社を圧倒する利益を確保し始めたことから、基地局の設備増強にも本腰を入れる見込みが立ってきた。

 決算発表資料にも「米スプリントの買収資金を確保するために、電波改善を後回しにすることはありません」とわざわざ記載するなど、基地局後回しのイメージが強いことを自ら認めている。今度こそ本当にソフトバンクの携帯は繋がりやすくなるのかもしれない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

shanhai
4月の中国主要経済統計。穏やかな回復は続いているが状況は今ひとつ

 中国国家統計局は5月13日、4月の主要経済指標を発表した。全体として強弱まちま …

conbini
コンビニ最終戦争?セブンは沖縄出店、ファミマとサークルKサンクスは経営統合。

 コンビニ業界でシェア拡大を目指した動きが活発化している。最大手のセブン-イレブ …

Mario Draghi
欧州中央銀行がとうとう時間軸政策を採用。FRBや日銀と同じスタンスに

 小康状態が続いていた欧州経済に再び動揺が走っている。これまで5%台で推移してい …

opec02
OPECが原油価格暴落にもかかわらず、減産を見送った背景

 OPEC(世界石油輸出国機構)は2014年11月27日、オーストリア・ウィーン …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …

bukkajoushou
1月の消費者物価指数。円安が一服したら物価上昇も鈍化

 総務省は2014年2月28日、2014年1月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

googleio2015
グーグルがスマホ向けの新OSを公開。人工知能が強化され、利用者の状況把握がさらに進展

 米グーグルは2015年5月28日、スマホ向け基本ソフトの新製品である「アンドロ …