ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通期(2013年3月期)では営業利益が7000億円を突破することが確実であることを明らかにした。

 同社の半期の連結決算は、売上高が3%増の1兆5861億円で上期として3期連続で過去最高を更新。営業利益は8%増の4027億円となり、こちらは上期として7期連続で過去最高益を更新した。

 通期決算の営業利益が7000億円に達することで、同社の財務体質は急激に向上している。設備投資の資金を本業から得られるキャッシュフローで十分にまかなうことができるようになりつつある。

 これを受けて孫社長は、基地局の建設など設備投資額の上積みも発表している。ソフトバンクの携帯はこれまで「繫がりにくい」というのが常識であった。同社は否定しているが、設備投資の額をギリギリに抑え「パンク寸前でなんとかオペレーションする」(業界関係者)のが同社のやり方だからだ。

 ソフトバンクの顧客はドコモなどと比べて若年層の割合が高く、多少つながりが悪くても致命的なクレームはあまり出てこない。とにかく事業拡大を最優先してきたのである。
 だがここにきて、7000億円という他社を圧倒する利益を確保し始めたことから、基地局の設備増強にも本腰を入れる見込みが立ってきた。

 決算発表資料にも「米スプリントの買収資金を確保するために、電波改善を後回しにすることはありません」とわざわざ記載するなど、基地局後回しのイメージが強いことを自ら認めている。今度こそ本当にソフトバンクの携帯は繋がりやすくなるのかもしれない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

no image
「シャープが賞与カットを検討」との報道に、市場では驚愕の声

  シャープがリストラ策の一環として、社員の賞与カットの検討に入ってるとの毎日新 …

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …

tenanmon
中国がネット検閲に加えて、利用者の実名登録を法制化。言論弾圧を強める

 中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)常務委員会は28日、インターネット …

shogakuichinensei
小学1年生、将来就きたい職業には定番が並んでいるが・・・

 化学メーカーのクラレは2015年4月2日、2014年における、小学1年生の「将 …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

toyota02
トヨタの絶好調決算から学ぶ、円安がもたらすメリットとデメリット

 トヨタ自動車は2014年11月5日、2014年9月中間決算を発表し、2015年 …

no image
中国漁船団襲来で注目を浴びる、AIS(船舶位置情報システム)界のGoogleは中国企業

 尖閣諸島問題における日中対立である中国企業がちょっとした話題になっている。   …

arevagenpatsu
フランスの国策原子力企業アレバが経営危機。中国からの資本参加も検討?

 経営危機に陥っているフランスの国営原子力企業アレバ社に対する中国の資本参加が取 …

yukashi02
金融庁が海外ファンド投資で有名な「ゆかし」に対して行政処分の構え

 証券取引等監視委員会は「いつかはゆかし」のキャッチフレーズで知られている投資助 …

bouekitoukei 201411
11月の貿易収支は円安と原油安の相乗効果で赤字幅縮小

 財務省は2014年12月17日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …