ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通期(2013年3月期)では営業利益が7000億円を突破することが確実であることを明らかにした。

 同社の半期の連結決算は、売上高が3%増の1兆5861億円で上期として3期連続で過去最高を更新。営業利益は8%増の4027億円となり、こちらは上期として7期連続で過去最高益を更新した。

 通期決算の営業利益が7000億円に達することで、同社の財務体質は急激に向上している。設備投資の資金を本業から得られるキャッシュフローで十分にまかなうことができるようになりつつある。

 これを受けて孫社長は、基地局の建設など設備投資額の上積みも発表している。ソフトバンクの携帯はこれまで「繫がりにくい」というのが常識であった。同社は否定しているが、設備投資の額をギリギリに抑え「パンク寸前でなんとかオペレーションする」(業界関係者)のが同社のやり方だからだ。

 ソフトバンクの顧客はドコモなどと比べて若年層の割合が高く、多少つながりが悪くても致命的なクレームはあまり出てこない。とにかく事業拡大を最優先してきたのである。
 だがここにきて、7000億円という他社を圧倒する利益を確保し始めたことから、基地局の設備増強にも本腰を入れる見込みが立ってきた。

 決算発表資料にも「米スプリントの買収資金を確保するために、電波改善を後回しにすることはありません」とわざわざ記載するなど、基地局後回しのイメージが強いことを自ら認めている。今度こそ本当にソフトバンクの携帯は繋がりやすくなるのかもしれない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

okane
スイスで経営者の高額報酬に制限。だが役員報酬が世界で最も割高なのは日本企業だ

 スイスで3月3日、企業経営者の高額報酬を制限するか否かを問う国民投票が実施され …

toshiba03
もはや制御不能。東芝が米国原子力事業で再び巨額損失。債務超過の可能性も

 経営再建中の東芝は2016年12月27日、米国原子力事業において数千億円規模の …

bitcoin
日本でもビットコインがようやく準通貨として認定。利用者保護や市場拡大に期待

 ビットコインなどインターネットで流通する仮想通貨について、「モノ」ではなく「通 …

kokkaigijido
自民党内で大型補正予算論が台頭。税収は見積もりを下回っており国債増発は必至

 英国のEU離脱を受け、与党内で大型の景気対策を求める声が高まっている。中には2 …

no image
中国向けの輸出が失速し北米と再逆転。だが事態はもっと深刻である!

 日本の輸出先としての中国の存在感が低下している。  財務省が発表した2012年 …

niinami
ローソン新浪氏を社長に招聘したサントリー。長年の「迷い」を断ち切ることができるのか?

 サントリーホールディングスは、ローソン会長の新浪剛史氏を10月1日付けで社長に …

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …

euhonbu02
欧州景気に底入れの兆し。失速寸前といわれる中国経済の助け船になるか?

 欧州連合(EU)は8月14日、ユーロ圏17カ国における2013年4~6月期のG …

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …

no image
伝説の債券ディーラー藤巻健史氏。予想ハズしまくりでブチ切れた!

 強固な円安論者として有名なフジマキ・ジャパンの藤巻健史氏が、予想をハズシまくり …