ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

憲法解釈見直しに関する実務のキーマン。小松長官は大丈夫なのか?

 

 集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈見直しの中心人物である小松一郎内閣法制局長官の進退に注目が集まっている。共産党議員と何度も大声で口論したり、国会答弁で委員長の制止を無視して延々と答弁を続けるなど、異様が言動が目立っているからである。がんで療養中ということもあり、職務の遂行は難しいのでは、という声も一部から出てきている。

komatsuichiro

 小松長官の言動が最初に問題になったのは、3月4日に行われた参議院予算委員会における共産党の小池議員の質問に対する小松氏の対応。「安倍政権の番犬になっている」と揶揄した小池氏の質問に対して人権論まで振りかざして発言を批判した。国会議員からの質問に対して公務員が批判するのは異例のことだがまだそれは序の口だった。

 その後、共産党の大門議員が7日の参院予算委員会終了後、国会内の廊下で「共産党に直接抗議してほしかった」と注文したところ、これに小松氏が言い返し、大声での口論に発展した。
 国民から選ばれた国会議員からの要請に対して口論するなど公務員としては絶対にあってはならない行為である。さすがに小松氏もまずい思ったのか、予算委員会の理事会において、大門氏と口論になったことについて陳謝し、12日には議員会館に大門氏を訪問し、直接謝罪することになった。

 だが、それでことは収まらなかった。小松氏は謝罪に行ったその場でも再び大門氏と口論してしまい、大門氏は謝罪は受け入れられないとして、これを拒否する事態となってしまった。 このほか、首相が明言していない法案提出方針について私的見解を国会で述べるなど、異様な言動が目立っている。

 小松氏は外務省出身であり、これまで何度も国会対応や政治家とのやり取りを行ってきた人物である。常軌を逸した行動に、体調の問題を指摘する人も出てきている。
 民主党の大畠幹事長は13日、「国会を混乱させないような適切な方を任命すべきだ」と罷免を求める発言を行った。今のところ安倍政権は続投の意向を示しているが、与党内からも状況を懸念する声が高まっている。

 - 政治 ,

  関連記事

cameron2
EU首脳会議、中期予算の減額でようやく合意。英国リスクが今後の焦点に

 欧州連合(EU)は8日首脳会議を開催し、2014~20年のEU予算について合意 …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

pakugiwaku
韓国の学歴社会がもたらす、朴槿恵大統領に対する激しい怒り

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が厳しい立場に追い込まれている。支持率は10% …

obama20121229
オバマ次期政権で米国はまったく新しいリベラル国家に。日米安保は終わりの始まりか?

 2期目を迎える次期オバマ政権の基盤がより強固になる可能性が高くなってきた。クリ …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

mof05
財務省が人事を正式発表。予想通り木下次官は1年で退任したが・・・

 財務省は2014年7月4日、正式な主要人事を発表した。すでに報道されている通り …

beijing
中国経済の実態を表す「本物」の経済統計が発表。格差は世界最悪の水準

 中国経済の本当の姿を示す調査結果が市場で話題となっている。四川省の大学が失業率 …

no image
外務次官が尖閣問題妥結を目指して中国を訪問。官僚主導の交渉では確実に負ける

 尖閣問題の解決に向けて、事務レベルでの折衝が始まっている。  人民日報系の環球 …

yasudakodo
キャリア公務員の合格者。結局は旧帝大と早慶ばかりで何も変わっていない

 公務員の地位低下が叫ばれて久しい。東大生で国家公務員試験Ⅰ種(いわゆるキャリア …

zenjindai
中国で全人代が開幕。中国政府の新体制が本格的にスタート

 中国の国会である第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議が5日、北京の人民 …