ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

憲法解釈見直しに関する実務のキーマン。小松長官は大丈夫なのか?

 

 集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈見直しの中心人物である小松一郎内閣法制局長官の進退に注目が集まっている。共産党議員と何度も大声で口論したり、国会答弁で委員長の制止を無視して延々と答弁を続けるなど、異様が言動が目立っているからである。がんで療養中ということもあり、職務の遂行は難しいのでは、という声も一部から出てきている。

komatsuichiro

 小松長官の言動が最初に問題になったのは、3月4日に行われた参議院予算委員会における共産党の小池議員の質問に対する小松氏の対応。「安倍政権の番犬になっている」と揶揄した小池氏の質問に対して人権論まで振りかざして発言を批判した。国会議員からの質問に対して公務員が批判するのは異例のことだがまだそれは序の口だった。

 その後、共産党の大門議員が7日の参院予算委員会終了後、国会内の廊下で「共産党に直接抗議してほしかった」と注文したところ、これに小松氏が言い返し、大声での口論に発展した。
 国民から選ばれた国会議員からの要請に対して口論するなど公務員としては絶対にあってはならない行為である。さすがに小松氏もまずい思ったのか、予算委員会の理事会において、大門氏と口論になったことについて陳謝し、12日には議員会館に大門氏を訪問し、直接謝罪することになった。

 だが、それでことは収まらなかった。小松氏は謝罪に行ったその場でも再び大門氏と口論してしまい、大門氏は謝罪は受け入れられないとして、これを拒否する事態となってしまった。 このほか、首相が明言していない法案提出方針について私的見解を国会で述べるなど、異様な言動が目立っている。

 小松氏は外務省出身であり、これまで何度も国会対応や政治家とのやり取りを行ってきた人物である。常軌を逸した行動に、体調の問題を指摘する人も出てきている。
 民主党の大畠幹事長は13日、「国会を混乱させないような適切な方を任命すべきだ」と罷免を求める発言を行った。今のところ安倍政権は続投の意向を示しているが、与党内からも状況を懸念する声が高まっている。

 - 政治 ,

  関連記事

tissue
円安で値上げが続々。だが実際にはデフレ下でも値上げは進んでいた

 急激に進んだ円安を背景に、製品やサービスの値上げが相次いでいる。製紙大手各社が …

kyuryo
給与増で法人税減税措置。だが多くの企業で給料が増えることはない

 自民党税制調査会は8日、給与を増額した企業に対して法人税を減額する新たな制度を …

masuzoe
舛添知事の豪華旅行に批判殺到。だが公務員の厚遇は国民が求めてきた結果ともいえる

 舛添要一東京都知事の高すぎる海外出張経費が問題視されている。ファーストクラス利 …

tennouheika
生前退位のご意向を政府関係者が否定。日本の民主主義が問われる局面に

 天皇陛下が生前退位の意向を示されたことに関して、政府関係者がこれを否定するとい …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

shudempsey
デンプシー米統合参謀本部議長が習近平氏と会談。米中のアジア戦略交渉がスタート?

 中国の習近平国家主席は4月23日、中国を訪問している米国のデンプシー統合参謀本 …

yosankyosho2015
オバマ政権が2015年度予算教書を発表。米国の財政収支改善がより明確に

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年会計年度(2014年10月~2015年 …

southweekend
中国で新聞検閲に反対するデモが発生。権力闘争も絡み、習近平体制は早くも岐路に

 中国の新聞記事が当局の介入で差し替えられたことに反発するデモが、広州市内で7日 …