ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍政権が集団的自衛権に関する憲法解釈見直しを、昨年に引き続いて先送り

 

 集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の見直しについて、安倍政権が今国会中の閣議決定を見送る公算が高まってきた。憲法解釈の見直しに慎重姿勢の公明党に配慮したというのが表向きの理由だが、実際には与党内部からの不協和音が大きいことが原因と考えられる。

abeyosaniinkai201402

 安倍政権では、集団的自衛権の行使を可能とするための憲法解釈について、今国会中に閣議決定する方針を掲げてきた。だが複数の報道によると、今国会中での閣議決定を見送る方向で調整が進んでいるという。
 このところ永田町では、公明党に配慮するというフレーズは、自民党内に不協和音が生じていることのサインと理解されることが多い。
 安倍政権は完全に官邸主導の政権運営であり、党内からの意見をあまり集約していない。官邸主導の決定に党内から不満が噴出し、軌道修正を迫られた時には、公明党に配慮したというフレーズを使うと何かと便利なのである。

 今回の憲法解釈見直しについては、旧宏池会を中心とする党内リベラル派からの反発が強いといわれている。宏池会は、池田勇人元首相を起源とする派閥で、大平正芳、鈴木善幸、宮沢喜一といった各総理大臣を輩出している。現在は岸田派がその後継派閥となっており、現在の安倍政権では、岸田外務大臣、小野寺防衛大臣、林農林水産大臣などが同じ派閥に属している。また派閥は離脱したが、谷垣法務大臣も宏池会出身である。

 宏池会は、自民党最大派閥であった経世会と組み、主流派を形成することが多かったが、思想的には党内で最もリベラルといわれる。ただ現実問題としては、現在の安倍外交を支える外務大臣と防衛大臣が同派閥出身者であり、派閥として強固な政治理念があるわけではない。党内の意見を集約しない官邸に対するアンチテーゼとして、宏池会というカンバンが使われている側面が強い。
 このほか、憲法解釈の見直しは憲法改正の必要性を失わせるとして危機感を募らせている保守系議員や参議院の幹部なども官邸の動きを牽制する発言を行っている。

 つまり思想信条に関係なく、官邸の動きにクギを指しているわけであり、その背景には、通常国会終了後に予定されている内閣改造に向けた駆け引きがあると考えてよいだろう。ただ政界は一寸先は闇である。こうした動きが、倒閣運動にまで発展しないという保証はない。

 安倍氏は、あれほど熱意を持っていた集団的自衛権の行使容認について、昨年に引き続いて2度も先送りしたことになる。官邸が、以前のような主導権を確保するのが難しくなっているということだけは間違いないようだ。

 - 政治 , ,

  関連記事

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …

sistinchapel
ローマ法王の選出会議(コンクラーベ)開催が早まる。イタリア大衆紙では陰謀論が沸騰!

 高齢を理由に辞任を表明したローマ法王ベネディクト16世の後継者を選ぶ会議(コン …

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

iijima
飯島参与の訪朝を受け入れた北朝鮮の窮状。朝鮮総連ビル落札問題も影響か?

 北朝鮮は5月18日から20日までの3日間で計6発の短距離ミサイルを発射した。い …

hunterbiden
バイデン副大統領の息子が、ウクライナのガス会社役員に就任

 バイデン米副大統領の息子であるハンター氏が、ウクライナの天然ガス会社であるブリ …

sutisenkyo
スーチー氏の大統領就任問題から考える憲法の本質。悪法は法なのか?

 ミャンマー国会は2016年3月15日、アウンサン・スーチー氏の側近であるティン …

ishiba
日銀法改正で安倍総裁に牽制球。「次」を狙う石破幹事長のしたたかな戦略とは?

 自民党の石破茂幹事長は17日、テレビ東京の報道番組に出演し、日銀法改正について …

higasi
東国原氏が下半身記事で週刊文春を提訴。今更名誉毀損でもないでしょ!

 東国原英夫・前宮崎県知事が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の …

abekaiken
安倍政権が閣議決定で憲法解釈見直しを行う理由とその影響

 安倍首相は2014年2月20日の衆院予算委員会において、集団的自衛権の行使容認 …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …