ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

殺人エレベータ?シンドラー社製でまた死亡事故。前回の教訓で社長はとりあえず謝った

 

 金沢市の「アパホテル金沢駅前」で31日午後、エレベーターに挟まれてパート清掃員が死亡する事故が発生した。

 事故を起こしたエレベータは「シンドラーエレベータ」社製で、同社製のエレベータは2006年に東京都内のマンションでも扉が開いたまま動作し、高校2年生の男子生徒(当時16歳)が死亡する事故を起こしている。

 国土交通省は2006年の事故をうけて建築基準法施行令を改正し、2009年9月から事故を防ぐための保護装置の設置を義務付けている。だが今回事故を起こしたエレベータは1998年1月に同ホテルに設置されたもので、保護装置は取り付けられていなかった(ただ、監視装置は設置していたとしている)。

 シンドラー社はスイスに本社のあるエレベータ・メーカー。2006年の事故発生時には、住民への説明会社や記者発表を頑なに拒み続けた。ようやく謝罪会見を行ったものの、ケン・スミス社長(当時)は会見で頭を下げず、大きな批判を浴びた。

 欧米には一旦謝罪したらすべての責任を認めることになるという概念があり、企業トップはそうそう簡単には謝罪しないのが普通。日本でも公務員は不祥事があっても決して謝罪などしない。だが大手マスコミは役所には弱腰だが、このような攻撃しやすい民間企業にはヒステリックに批判をする。シンドラー社はその格好の餌食になってしまった格好だ。

 今回はその教訓が生かされているのか、同社のフィリップ・ブーエ社長はすぐに記者会見を開き、頭を下げて謝罪した。詳しい原因はまだ明らかではないが、とりあえず同社では全国の同社製エレベーター約5500台を緊急点検するとしている。
 すぐに頭を下げたことが功を奏するのか、今後の展開が注目される。

 - マスコミ, 政治, 社会

  関連記事

kodomonote
政府が子供の貧困対策を本格化。だが、支援は民間による基金

 政府が貧困家庭の子供に対する支援の強化を検討している。企業や個人に寄付を呼びか …

gaimusho02
旅券返納のカメラマンに新旅券発行を検討。渡航の自由との兼ね合いは?

 外務省は、パスポートの返納を命じてシリアへの渡航を差し止めた新潟市のフリーカメ …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

minna
渡辺元代表がまさかの落選。消滅した「みんなの党」出身議員の当落は?

 党の内紛から解党に追い込まれた「みんなの党」の出身者が厳しい状況となっている。 …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

rikokyo
ヘッジファンドから軍人まで。米国が官民挙げて中国詣で。米中合同軍事演習も実現か?

 次期最高指導部が決まった中国に対して、米国側が官民ともに、猛烈なアプローチをか …

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …

no image
復興予算の流用・便乗問題。それは間接的に国民が望んだこと

 東日本大震災の復興予算が、復興と関係の薄い事業に使われていたり、他の予算に振り …