ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に調印し、ロシア編入を正式に決定した。欧米との対立は決定的となったが、欧米側もクリミアの返還をロシアに強制するつもりはなく、これ以上、ロシアがウクライナに介入しないというところが双方の妥協点となりつつある。
 ただ軍事的圧力と住民投票さえあれば、容易に他国の地域を自国に編入できるという既成事実を作ってしまった影響は大きい。中国の膨張が懸念されるアジア太平洋地域において同じような事態が発生しないという保証はない。

putinrussia

 今回の一連の出来事では、軍事力を背景にしたロシアの動きが目立つが、俯瞰的に見ればロシアは基本的に防戦一方の立場である。
 ロシアのGDPは200兆円と日本の半分以下、米国の7分の1以下という水準で、かなり貧しい部類に入る。ロシア人男性の平均寿命は63歳と異常に短く、北朝鮮など最貧国並みである。

 軍事大国というイメージがあるが、実際には9兆円ほどしか軍事費はなく、日本よりは多いものの、中国の3分の2程度、米国と比較すると7分の1の水準にとどまっている。また、安価な新型揚陸艦をフランスから輸入するなど、ロシア軍の軍事技術の遅れは切実な状況といわれる。

 また国内に目立った産業がなく、外貨獲得手段は天然ガスしかないという状況であり、もしウクライナがEUに加盟してしまうと、ロシアの国際的地位は一気に低下する可能性があった。強引なクリミア編入は許されることではないが、ロシアが置かれた貧しく、厳しい状況を考えると、黒海への出口であるクリミア半島だけは死守したいというロシア側の意向は理解できなくもない。

 北朝鮮に代表されるように、相対的に貧しい国は経済制裁に強いという特徴がある。ロシアも同様であり、欧米先進国とは異なり、少々の経済制裁には耐えられる可能性がある。要するにロシアは弱者の論理、弱者の戦術を採用しているわけであり、逆に欧米各国が対応に苦慮する結果となっている。

 欧米各国は、これ以上、ロシアがウクライナに介入しなければ、クリミアのロシア編入を事実上、黙認する可能性が高い。そうなると、軍事的圧力から住民投票を経て他国への編入という既成事実が積み上がることになる。

 ここで、同様の事態の発生が想起されるのはアジア太平洋地域である。もっとはっきり言えば、中国による周辺国領土の併合ということになる。
 ロシアの事例を参考にするならば、こうした軍事力を背景にした強引な併合は、経済水準が高く、豊かになればなるほど、その損失が大きく、実施しずらいということになる。現在、米国は中国と包括的な経済・金融交渉を進めており、米国は中国の経済大国化、金融大国化を意図している。中国による強引な領土拡大を防ぐもっとも効果的な戦略は、現在、米国が意図しているように、中国を国際経済の表舞台に引っ張り出すことである。

 だがそれ以上に重要なことは、ウクライナは貧しいロシア以上に貧しい国であるという事実だ。日本と中国のGDPは2010年に逆転したが、その後の4年間で、すでに中国の経済規模は、日本の2倍近い水準にまで拡大している。中国の1人あたりのGDPはまだまだ小さいが、絶対的な規模ではすでに日本は中国の半分しかないという現実を忘れてはならない。
 日本が中国による脅威を払拭するには、高い経済成長を実現する以外に方法はないのである。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …

casutorofideru
キューバで行われた米調査機関による非公式世論調査。その結果は?

 米国との国交正常化交渉が進むキューバで実施された「非公式」世論調査の結果が話題 …

mof
2014年度予算編成がスタート。別枠のバラマキ予算があり、最終的には96兆円規模か?

 2014年度予算の概算要求基準が8月8日、閣議了解された。各省は8月末までに概 …

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

kyuryo
給与増で法人税減税措置。だが多くの企業で給料が増えることはない

 自民党税制調査会は8日、給与を増額した企業に対して法人税を減額する新たな制度を …

siriakougeki
米国第一主義を掲げる保守強硬派がシリア攻撃をめぐりトランプ政権内で孤立

 米国がシリアの軍事施設を攻撃したことで、市場にはちょっとした動揺が広がっている …

no image
ヨーロッパ各地で独立運動が勃発。欧州統合は本当に可能なのか?

 ヨーロッパ各地で地域の独立運動に火が付いている。欧州統合とはまったく逆の流れで …

piketishasin
ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21 …

marines
日本の軍事費は世界第5位に。だが自衛隊の「質」はどの程度なのか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は4月15日、世界の軍 …

abenaikaku
いよいよ安倍内閣が発足。閣僚人事を見れば政権運営の方向性が見えてくる

 衆議院は26日、午後の本会議において自民党の安倍総裁を首相に指名した。参院本会 …