ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2月の貿易収支は先月の反動で改善。今後の焦点は日本人の購買力

 

 財務省は2014年3月19日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は8003億円の赤字となった。2兆7900億円という巨額赤字だった1月と比べると赤字幅は縮小したが、1月は特殊要因であったことを考えると、慢性的な貿易赤字が定着して以降の平均的な水準に戻ったと理解すべきだろう。

bouekitoukei201402

 輸出額は5兆8000億円となり、5兆2500億円だった先月よりも多少増加した。一方、輸入は6兆6000億円となり、8兆円を超えていた先月よりも大幅に減少している。輸入が減ったことで貿易赤字も大幅に減少する結果となった。
 先月は、消費増税前の駆け込み需要に対応するため、日本企業が一気に輸入量を増やしたことが輸入増大の原因といわれている。もしそれが事実なら、1月の水準は特殊要因ということになる。実際、1月はあらゆる品目でまんべんなく輸入が増えており、特定品目による影響ではないことをうかがわせる。

 2月はその反動で輸入は大きく減ったが、季節調整済みのデータを見ると、減少幅はそれほどでもない。貿易赤字が定着して以降の平均的な水準に戻ったというのが実際のところである。
 日本が構造的、かつ慢性的な貿易赤字体質になっていることは間違いないが、今後も持続的に赤字幅が拡大するのかというと必ずしもそうとは言い切れない。

 日本は円安によって輸入物価が上昇しており、これが他の品目にも波及している。日本経済は確かにデフレを脱却したが、それは持続的な内需拡大によるものではなく、輸入価格の上昇によるインフレという側面が強い。加工貿易上必要な品目や、国産ではコストが高すぎる品目については、今後も輸入が拡大する可能性が高いが、そうでない品目については、インフレによる日本人の購買力低下によって輸入が減少する可能性もある。

 景気対策を打ち出さなければ増税により景気の落ち込みが激しくなるが、輸入の拡大には多少、歯止めがかけられるかもしれない。だが景気対策として量的緩和策の拡大が実施されれば、再び円安が進行し、輸入の拡大が進むことになる。ここまで極端ではないにせよ、今後の貿易赤字については、消費増税後の景気動向に左右される部分がより大きくなってくるだろう。

 重要なことは収支が赤字か黒字化ではなく、貿易をうまく経済成長に結びつけられるかである。赤字が増えたということは、海外から調達した方が有利な品目が増えたということであり、それに合わせた経済成長モデルが必要となる。
 増税による景気の落ち込みで一時的に輸入が減少するようなことがあっても、それは特段、プラスに評価すべきことではない。

 - 経済 ,

  関連記事

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

jinmingen
中国が事実上の通貨切り下げ。米国以外はすべて大規模緩和状態へ

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は、対ドル為替レートの「基準値」の算出方法を …

sonmasayosi
ソフトバンクが連続して大型買収に踏み切ったのは、前回の買収を成功させるため?

 ソフトバンクが米携帯電話4位のTモバイルUSを約2兆円で買収すると報道されてい …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …

jdiishikawa
有機ELで日本勢は総崩れ?シャープが突然、ジャパンディスプレイとの連携を呼びかけ

 次世代のディスプレイ技術である有機ELの開発をめぐって国内液晶メーカーが迷走し …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …