ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2月の貿易収支は先月の反動で改善。今後の焦点は日本人の購買力

 

 財務省は2014年3月19日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は8003億円の赤字となった。2兆7900億円という巨額赤字だった1月と比べると赤字幅は縮小したが、1月は特殊要因であったことを考えると、慢性的な貿易赤字が定着して以降の平均的な水準に戻ったと理解すべきだろう。

bouekitoukei201402

 輸出額は5兆8000億円となり、5兆2500億円だった先月よりも多少増加した。一方、輸入は6兆6000億円となり、8兆円を超えていた先月よりも大幅に減少している。輸入が減ったことで貿易赤字も大幅に減少する結果となった。
 先月は、消費増税前の駆け込み需要に対応するため、日本企業が一気に輸入量を増やしたことが輸入増大の原因といわれている。もしそれが事実なら、1月の水準は特殊要因ということになる。実際、1月はあらゆる品目でまんべんなく輸入が増えており、特定品目による影響ではないことをうかがわせる。

 2月はその反動で輸入は大きく減ったが、季節調整済みのデータを見ると、減少幅はそれほどでもない。貿易赤字が定着して以降の平均的な水準に戻ったというのが実際のところである。
 日本が構造的、かつ慢性的な貿易赤字体質になっていることは間違いないが、今後も持続的に赤字幅が拡大するのかというと必ずしもそうとは言い切れない。

 日本は円安によって輸入物価が上昇しており、これが他の品目にも波及している。日本経済は確かにデフレを脱却したが、それは持続的な内需拡大によるものではなく、輸入価格の上昇によるインフレという側面が強い。加工貿易上必要な品目や、国産ではコストが高すぎる品目については、今後も輸入が拡大する可能性が高いが、そうでない品目については、インフレによる日本人の購買力低下によって輸入が減少する可能性もある。

 景気対策を打ち出さなければ増税により景気の落ち込みが激しくなるが、輸入の拡大には多少、歯止めがかけられるかもしれない。だが景気対策として量的緩和策の拡大が実施されれば、再び円安が進行し、輸入の拡大が進むことになる。ここまで極端ではないにせよ、今後の貿易赤字については、消費増税後の景気動向に左右される部分がより大きくなってくるだろう。

 重要なことは収支が赤字か黒字化ではなく、貿易をうまく経済成長に結びつけられるかである。赤字が増えたということは、海外から調達した方が有利な品目が増えたということであり、それに合わせた経済成長モデルが必要となる。
 増税による景気の落ち込みで一時的に輸入が減少するようなことがあっても、それは特段、プラスに評価すべきことではない。

 - 経済 ,

  関連記事

netflix
動画配信の大本命ネットフリックスがサービス開始。販売ではソフトバンクと提携

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」が2015年9 …

economistataranai
10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表 …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

yota
ロシア企業が両面にディスプレイのある奇妙なスマホを開発。ロシア躍進の兆候か?

 ロシアの企業であるヨタ・デバイスが両面にディスプレイを備えた奇妙なスマートホン …

building03
GDP改定値は上ブレの可能性大。だが中身は公共事業と消費増税駆け込み需要?

 財務省は9月2日、4~6月期における法人企業統計を発表した。今回の数値は、消費 …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …

abe20130113
安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降 …

hanedanarita
羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に …