ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スカイマークの制服について組合が政府に指導を求めるってどういうこと?

 

 スカイマークが新型機就航のキャンペーンとして導入したスカート丈の短い制服が物議を醸している。この制服についてはネット上で賛否両論となっていたが、今度は、航空12社の客室乗務員で構成する労働組合がこれを批判する事態となった。だが、なぜか労働組合であるにも関わらず、会社と交渉するのではなく、国に指導を求めるという奇妙な内容となっている。

skymark

 スカイマークでは、5月末から新型機を導入するのに合わせて、新型機に搭乗する客室乗務員にキャンペーンとしてスカート丈の短い制服を着用させる。キャンペーン終了後は通常のポロシャツ姿の制服に戻すという。

 ネットなどではそのスカート丈の短さをめぐって賛否両論となったが、今度は客室乗務員の組合組織である客室乗務連絡会がこれに噛みついた。
 同連絡会ではスカイマークの制服が、保安業務への支障がある、セクシュアルハラスメントの観点から問題がある、などとして国に指導を求める要請書を提出したという。

 同連絡会は、航空労働者の組合49組合約8500名からなる航空労組連絡会の専門部ということなので、直接会社と交渉する役割は担っていないのかもしれない。だが組合の関連組織であることは間違いない。
 スカイマークの制服には賛否両論があるが、もし着用する従業員がこれを問題視しているというのであれば、まずはスカイマークの従業員と会社が交渉すべきテーマということになる。この状態において、組合員に会社から何らかの圧力がかけられる事態になった時に、はじめて会社横断の組合組織が必要となるはずである。同連絡会が、いきなり政府に訴え出た理由は今のところ不明である。

 客室乗務員連絡会の会員の詳細は不明だが、同連絡会のWebサイトでは、スカイマーク社員の反応について「各社の客室乗務員の友人つながりで聞いた話では」という前置き付きの形で掲載しており、当のスカイマークから参加するメンバーがいないことをうかがわせる内容となっている。

 組合員が存在しない会社に対する見解を発表したり、会社と交渉せず、直接政府に行政指導を求めるという姿勢は、労働組合の存在意義や会社に対する交渉力の否定につながりかねない。労働者の権利保護という観点からすると、むしろ逆効果の可能性もある。

 ネットなどでは、以前から続いている大手航空会社によるスカイマークいじめの一環であるとの主張も見られる。その真偽のほどはともかくとして、かつては左翼運動の巣窟といわれた労働組合の状況が様変わりしたことだけは間違いない。
 会社との交渉を経ずして、いきなり政府に訴え出るという、今回の一連の出来事は、労働組合の形骸化が行き着くところまできたことを示しているのかもしれない。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

setsubitousi
日本企業の内部留保が過去最高。むしろ重要なのは資産の有効活用

 日本企業が内部留保を蓄積している。2013年3月期における日本企業の内部留保は …

todai
アジア大学ランキングの結果は、大学の予算配分に影響を与えるのか?

 イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は2015年6月1 …

sheruidemitu
経産省の主導の「上から」の再編にノー。出光創業家が昭和シェルとの合併に反旗

 石油元売り大手である出光興産の創業家は2016年6月28日、同社の株主総会にお …

bukkajoushou
梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

shirakawae
安倍首相が日銀に4月までに物価目標の道筋を付けるよう要望。困った日銀はどうする?

 政府は24日、首相官邸で3回目となる経済財政諮問会議を開き、金融政策と物価に関 …

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

shouhishakinyu
上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているとい …

chokusetsutoshi001
加速する日本の海外投資。所得収支の増加に貢献

 日本の海外投資が加速している。財務省によると、2013年末における日本の対外純 …

seichounoie
自民党の支持母体とも言われた「生長の家」が参院選で与党不支持を打ち出した理由

 宗教法人「生長の家」が、2016年夏の参議院選挙において与党を支持しないと発表 …