ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ローソンのトップに玉塚氏が就任。ユニクロでの屈辱をリベンジできるか?

 

 ローソンは2014年3月24日の取締役会において、玉塚元一最高執行責任者(COO)の社長兼最高経営責任者(CEO)就任を決定する。現CEOの新浪剛史氏は代表権のある会長に就任する。

 新浪氏は三菱商事からローソンに転じ、2002年からCEOを務めている。2010年に玉塚氏をCEO含みでスカウトし、コンビニ事業の責任者に据えることでCEO就任の準備を進めてきた。玉塚氏はそれに応え、自ら総合店長としてCMに出演するなど、汗をかく仕事をしてきたといわれる(写真)。今後は玉塚氏が新浪氏に代わって、陣頭指揮を執ることになる。

tamatsuka

 玉塚氏は実は、経営トップとして大きな挫折を経験している。玉塚氏はかつて、ユニクロを展開するファーストリテイリングの社長に就任したものの、創業者であり、カリスマ・トップでもある柳井正氏から事実上、解任されてしまった過去があるのだ。

 玉塚氏は玉塚証券(現新光証券)の創業者一族に生まれ、慶応幼稚舎からの慶応ボーイ。大学ではラグビー部に所属し、レギュラーポジションを獲得した。卒業後は旭硝子に就職、米国の大学でMBAを取得後、コンサルタントとして日本IBMに転じたという、コテコテのいわゆるデキるビジネスマンである。

 IBM在籍中に仕事を通じてファーストリテイリングの柳井氏と知り合い、同社に入社することになる。2002年には代表取締役COOに就任したが、調整型といわれる玉塚氏のマネジメントに対して、トップダウン型の急成長を求める柳井氏の不満が爆発。就任わずか3年で事実上の解任となってしまった。

 その後、コンサルタントなどを経て、新浪氏の誘いでローソンに転じることになった。新浪氏と玉塚氏は同じ慶応卒で米国MBAを持つなどウマが合うといわれている。新浪氏の知名度は高いが、三菱商事出身のサラリーマンであり、基本的な立ち居振る舞いは玉塚氏と共通している。
 新浪氏がしばらくの間、うまく玉塚氏をサポートすれば、玉塚体制への移行は比較的スムーズにいくと見る関係者は多い。

 懸念材料があるとすると、新浪氏の今後の身の振り方である。新浪氏は安倍政権の産業競争力会議のメンバーになるなど財界活動に忙しい。産業競争力会議では、賃上げを求める安倍政権の意向に真っ先に賛同を表明するなど、政権に対して相当の自己アピールをしている。東京都知事選に推す声が出るなど、新浪氏には政界転身の噂が常に絶えない。場合によっては急遽ローソンを離れる可能性もあると考えた方がよいだろう。

 前回は柳井氏という天才カリスマ経営者に翻弄されたが、今回も前回ほどではないにせよ、今後の展開が前任者次第という図式は変わらない。だがラグビーで鍛えた玉塚氏には、人の何倍もの耐える力があるはずだ。デキるビジネスマンだった玉塚氏が、ホンモノの経営者として名を残すことができるのか、まさに正念場といえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

hedgefund
株価暴落の引き金を引いたヘッジファンド。だがその投資手法は素人と同レベルだった

 5月23日の日経平均株価は7%を超える大暴落となったが、その背後にはヘッジファ …

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …

zenjindai2014
中国で全人代が開催。中国が抱える問題はバブル後の日本にさらに酷似

 中国における今後1年間の重要政策を議論する全人代(全国人民代表大会)が2014 …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

toshiba03
東芝の不正会計問題。自己資本並みに大きい「のれん代」は大丈夫なのか?

 不正な会計処理が問題となっている東芝は2015年7月21日、田中久雄前社長、佐 …

kuroda
日銀黒田総裁のホンネはどこに?市場にくすぶるインフレ許容論者説

 日銀は5月22日の金融政策決定会合で、景気判断を上方修正するとともに、前回決定 …

no image
日銀が追加緩和を決定。だが米欧のブッ飛び金融政策にはまったく追いつけず

 日銀は9月19日の金融政策決定会合で、資産買い入れ基金の規模を10兆円増額し、 …

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …