ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

「国営企業」ジャパンディスプレイの公募価格割れから考える、過剰な政府介入のリスク

 

 オールジャパンを掲げ、鳴り物入りでIPO(新規株式公開)したジャパンディスプレイが公開初日から大失速となっている。初値は769円と、公募価格を15%も下回る水準となった。政府系ファンドが株式のほとんどを所有する実質的な国営企業だが、市場はそう甘くなかったようである。

japandisplay

 ジャパンディスプレイは、日立製作所、東芝、ソニーの中小型液晶パネル事業を統合し2012年4月に発足した企業で、スマホやタブレット向けの製品を主に手がけている。
 この分野は韓国のサムスン電子と台湾企業の寡占状態となっており、規模の小さい事業を各社が個別に手がけている日本勢は不利な状況に置かれていた。
 本来であれば、各社がそれぞれの事業を売却するところだが、日本の場合は違った。政府系ファンドの産業革新機構が2000億円を出資し、各社を統合して再建に乗り出すことになったのである。
 統合後は、スマホ市場の急拡大という追い風に乗り、主に米アップル向けにパネル供給が急拡大、約2年で上場することになった。

 産業革新機構は今回のIPOで保有する株式の過半数を売却し2000億円の投資資金を回収することに成功している。継続保有分は約1000億円の価値があるので、最終的には、政府が1000億円儲けたという計算になる。
 産業革新機構の資金は税金なので、とりあえず国民の血税に穴があくという事態は避けられたが、オールジャパンというお題目に乗せられて新規公開株を買った投資家はすでに15%もの損失を抱えている。マクロ的に見れば、今回損失を抱えた投資家から政府に所得移転されたことと同じになる。
 今回株式を購入した投資家は、全員がすべての情報とリスクを考慮に入れた上で株式を購入したとは考えにくい。オールジャパンという宣伝文句を信用して購入したという人も少なくなかったと思われる。なぜか日本では、政府が関与した案件だけは、徹底した自己責任が求められる。

 今回の初値で公募価格を大きく下回ったということは、液晶パネルという価格勝負のビジネスに対して、市場は高い成長性を期待していなかったということになる。さらに言えば、日本は液晶パネルのように付加価値が低く、韓国企業と争うようなビジネスモデルを追求する国ではないと間接的に主張していると解釈することもできる。少なくとも、政府系ファンドが市場メカニズムとは関係ない力学で企業を救済したり、再建することのリスクをあらためて浮き彫りにしたといってよいだろう。

 今回、産業革新機構が再建と上場に成功したということは、民間のリスクマネーでも同じことが実現できたことを意味している。しかし、2012年当時、リスクを取ってこの案件を手がける企業や投資家はいなかった。その理由は定かではないが、経済合理性を考えて割に合わないと考えたか、日本経済が制度疲労を起こしており、もはやリスクのある投資家が登場する余地がなかったのかのどちらかである。

 仮に前者だとすると、産業革新機構の行動は過大なリスクを取ったということになり、国民の税金を運用するという観点で非常に問題である。一方後者だとすると、政府が実施すべきは、こうした企業の救済ではなく、民間が積極的にリスクを取ることができるための環境整備であるはずだ。政府が安易に出資をして再建の手伝いをしてしまうと、民間がさらに政府のお金に甘えるという事態になりかねない。

 液晶は基本的に価格勝負の製品であり、高い付加価値が得られる産業ではない。同じく液晶を主力とするシャープから見れば、価格競争を激化させる相手が国の支援で登場してきたことになる。また、同社は売上げの多くをアップルに依存しているという問題を抱えている。民間企業であれば、個別企業の戦略であり、何ら問題はないが、国民の税金が投入された国営企業となる話は別である。こういったところにも、政府のお金が介入することの難しさがある。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

tokyowan
企業の設備投資予定額が大幅増。だが公共事業の影響も大きく継続性があるかは不明

 日本政策投資銀行は8月5日、2013年度の設備投資計画に関する調査結果を発表し …

uschinadialog
米中戦略対話がワシントンでスタート。表向きはサイバーセキュリティが話題だが・・・

 第5回米中戦略経済対話が7月10日から米国の首都ワシントンで始まった。中国側か …

bukkajoushou
足元で東大物価指数が急上昇。急激な円安で消費者がとうとう値上げを受け入れ?

 足元で物価が再上昇する兆しが見えてきた。東京大学が中心となって作成した東大物価 …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

bbcclass
英国で新しい「階級」区分が話題に。だがその内容は少々脱力系

 現代でも階級制度が色濃く残る英国において、新しい「階級」区分がちょっとした話題 …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

tokyowan
12月8日発表のGDP改定値は上方修正の見込み。ただ全体的な景気動向は変わらず

 財務省は2014年12月1日、7~9月期の法人企業統計を発表した。ソフトウエア …

narita02
今年の海外旅行が過去最高を記録。生活実感と乖離した報道のウラにある真実とは?

 旅行代理店のJTBによると2012年の日本人出国者数が最高記録を更新するという …