ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平氏の父親はダライ・ラマとマブダチ。だがチベット弾圧姿勢は変わらず?

 

 中国共産党の次期総書記に内定しているといわれる習近平だが、その父親がチベットの亡命元首でありチベット仏教の最高指導者でもあるダライ・ラマ氏と親しかったことを知る人はあまり多くない。
 チベット関係者の中には、習近平氏の党総書記就任によって、対チベット政策が柔軟化するのではと期待する向きもあるが、現実は厳しそうだ。

 太子党(中国共産党幹部の2世、3世を中心にした派閥)である習近平氏の父親は、元国家副主席の習仲勲氏。
 中国共産党ではリベラルな思想の持ち主といわれ、中国が大弾圧しているチベットのダライ・ラマとも親交が深かったといわれている。ダライ・ラマは習仲勲氏に腕時計を贈ったことがあり、習副主席も、その時計を愛用していたという。

 もっとも習仲勲氏のリベラルな思想は危険視され、文化大革命前後では合計16年間も身柄を拘束されるなど、大きな迫害を受けた。息子の習近平氏もそのとばっちりをうけて、文化大革命時には「下放」(地方の農村に懲罰的に追いやること)されていた。

 習近平氏のこういったバックグランドが、チベットに対する態度軟化を期待する根拠になっている。だが状況はかなり厳しそうだ。習近平氏のライバルである現党総書記の胡錦濤氏は、チベット民族に対する大弾圧で成果を上げ、党中央で出世した人。しかも尖閣問題をはじめとする領有権問題で、国内は対外的に弱腰が批判されやすい土壌にある。

 また習近平氏自身もチベットに対しては厳しいスタンスといわれ、実際にチベットを訪問した際にはダライ・ラマ14世を名指しで批判している。
 諸外国も中国がチラつかせる「お金」を前に、チベット批判を封印しており、チベット問題が前進する可能性は今のところ少ないままだ。

 - 政治

  関連記事

senkaku
民主、自民、維新3党の領土問題へのスタンスを比較してみると?

 維新の会への太陽党の合流が決まり、いわゆる第三極勢力はある程度まとまった勢力と …

shukinpei07
習政権の腐敗撲滅運動。国営企業の報酬や党幹部の学歴にもメス

 中国で習近平指導部による腐敗撲滅運動がさらに激しくなっている。好待遇で批判の的 …

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …

no image
検察の独善性は万国共通?韓国検察が相次ぐ不祥事を受けて改革案を策定中。

 日本と同様、絶大な権限と半ば特権的な立場が許容されている韓国の検察当局が、これ …

nodae02
政府が公務員の年金特権待遇を維持する法案を閣議決定。臨時国会で成立予定

 政府は、2日の閣議で国家公務員の退職金を引き下げる法案と、新たな年金加算制度を …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

josen
福島の除染作業で不正が発覚。だが本当の問題は別に存在している

 東京電力福島第1原発事故に伴う、被災地域の除染事業において不正が行われているこ …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

s&p
EUがヒステリーを起こして格付会社に八つ当たり。規制強化を決定

 欧州において格付け会社に対する規制が大幅に強化されることになった。格付け会社へ …

paristero
パリの新聞社襲撃事件。実行犯はかなり訓練されたテロリストの可能性大

 パリ市内でイスラム教を風刺したイラストを掲載した新聞社をテロリストが襲撃すると …