ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イエレン議長初のFOMC。結局のところ米国経済は好調。利上げは近い

 

 イエレン氏のFRB(連邦準備制度理事会)議長就任後初めてとなるFOMC(連邦公開市場委員会)が2014年3月19日、開催された。これまでフォワードガイダンスにおける主要な目標値であった失業率を撤廃し、より定性的な目標に変更することを決定した。
 また状況によっては来年にも利上げを行う可能性があることを示唆した。低金利政策の継続を予想していた関係者が多く、一部からは驚きの声も聞かれる。

ieren02

 イエレン議長はまず、FRBの資産購入額を現在の月650億ドルから550億ドルに減額すると述べた。引き続き国債などを購入することに変わりはないが、購入額が減るため、量的緩和策はさらに縮小されることになる。
 また、政策の見通しをハッキリ示すやり方である「フォワードガイダンス」について、これまで主要なターゲットとしてきた失業率を撤廃する。
 米国では失業率が急速に改善してきており、6.5%という目標を達成してしまうのは時間の問題だからである。今後は失業率だけなく、総合的な観点で緩和水準の判断や金利誘導を行うことになる。

 市場が驚いたのは議長の金利に対する発言である。低金利を続ける期間について、状況次第としながらも6カ月程度と時期を明示したからである。市場では半年後に政策金利の変更があると解釈し、金利が急騰した。6カ月という数字は議長の勇み足である可能性が高いが、FOMCメンバーの中で早期利上げを予想する人が増えているのは事実である。
 足元では寒波の影響で景気回復のペースに鈍化も見られるが、基本的には好調な米国経済を反映し、早い段階で利上げに踏み切るとの見方がより強くなっている。

 政策目標から外れた失業率については、職探しを諦めた人がカウントされないなど、統計上の不備が指摘されている。確かに米国経済の状況をすべて反映する指標とはいえない。だが失業率が予想以上に改善してきたという事実は、米国経済の回復が順調であることの有力な証拠である。市場の反応の通り、米国が本格的な金利上場フェーズに入るのはそう遠い先ではなさそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

amari
7~9月期のGDPはかなり悪い?政府内部で経済対策に向けた動きが活発化

 政府内部で経済対策の実施に向けた動きが活発になってきた。背景には、7~9月期G …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kodomonote
政府が子供の貧困対策を本格化。だが、支援は民間による基金

 政府が貧困家庭の子供に対する支援の強化を検討している。企業や個人に寄付を呼びか …

kosokudouro03
大型の公共事業がかえって内需拡大を邪魔している?求人倍率改善のウラ事情

 多くの国民にとってあまり実感が湧かないが、各地で人手不足が深刻になっている。厚 …

tamatsuka
ローソンのトップに玉塚氏が就任。ユニクロでの屈辱をリベンジできるか?

 ローソンは2014年3月24日の取締役会において、玉塚元一最高執行責任者(CO …

no image
設備投資の先行指標である機械受注は2.7%減。消費増税の焦点は設備投資へ?

 内閣府は8月13日、6月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

newyork02
それほど悪くなった米国の7~9月期GDP。利上げは可能との判断が増える

 米商務省は2015年10月29日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速 …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …