ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イエレン議長初のFOMC。結局のところ米国経済は好調。利上げは近い

 

 イエレン氏のFRB(連邦準備制度理事会)議長就任後初めてとなるFOMC(連邦公開市場委員会)が2014年3月19日、開催された。これまでフォワードガイダンスにおける主要な目標値であった失業率を撤廃し、より定性的な目標に変更することを決定した。
 また状況によっては来年にも利上げを行う可能性があることを示唆した。低金利政策の継続を予想していた関係者が多く、一部からは驚きの声も聞かれる。

ieren02

 イエレン議長はまず、FRBの資産購入額を現在の月650億ドルから550億ドルに減額すると述べた。引き続き国債などを購入することに変わりはないが、購入額が減るため、量的緩和策はさらに縮小されることになる。
 また、政策の見通しをハッキリ示すやり方である「フォワードガイダンス」について、これまで主要なターゲットとしてきた失業率を撤廃する。
 米国では失業率が急速に改善してきており、6.5%という目標を達成してしまうのは時間の問題だからである。今後は失業率だけなく、総合的な観点で緩和水準の判断や金利誘導を行うことになる。

 市場が驚いたのは議長の金利に対する発言である。低金利を続ける期間について、状況次第としながらも6カ月程度と時期を明示したからである。市場では半年後に政策金利の変更があると解釈し、金利が急騰した。6カ月という数字は議長の勇み足である可能性が高いが、FOMCメンバーの中で早期利上げを予想する人が増えているのは事実である。
 足元では寒波の影響で景気回復のペースに鈍化も見られるが、基本的には好調な米国経済を反映し、早い段階で利上げに踏み切るとの見方がより強くなっている。

 政策目標から外れた失業率については、職探しを諦めた人がカウントされないなど、統計上の不備が指摘されている。確かに米国経済の状況をすべて反映する指標とはいえない。だが失業率が予想以上に改善してきたという事実は、米国経済の回復が順調であることの有力な証拠である。市場の反応の通り、米国が本格的な金利上場フェーズに入るのはそう遠い先ではなさそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

keizaimitoshiimf
IMFの最新世界経済見通し。ドル高と原油安で米国成長率を下方修正

 IMF(国際通貨基金)は2015年4月14日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …

canonfactory
キヤノンの国内生産回帰は評価すべきだが、雇用の増加につながるわけではない

 キヤノンは2015年までに自社製品の国内生産比率を現在の42%から50%へ引き …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

apple02
アップルの四半期決算。原価率の上昇が続き減益だが、下げ止まり感も

 米アップルは7月23日、2013年4~6月期決算を発表した。売上高は前年同期比 …

kokkaigijido02
格付け会社の体質が変わっていないのだとすると、日本国債はそろそろ危ないかもしれない

 安倍首相が消費増税の再延期を表明したことについて、格付け会社は引き下げを実施し …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

buffett
著名投資家バフェット氏の書簡から読み解く、彼の自信とその限界

 米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が2012年12月期の最終決算について …