ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イエレン議長初のFOMC。結局のところ米国経済は好調。利上げは近い

 

 イエレン氏のFRB(連邦準備制度理事会)議長就任後初めてとなるFOMC(連邦公開市場委員会)が2014年3月19日、開催された。これまでフォワードガイダンスにおける主要な目標値であった失業率を撤廃し、より定性的な目標に変更することを決定した。
 また状況によっては来年にも利上げを行う可能性があることを示唆した。低金利政策の継続を予想していた関係者が多く、一部からは驚きの声も聞かれる。

ieren02

 イエレン議長はまず、FRBの資産購入額を現在の月650億ドルから550億ドルに減額すると述べた。引き続き国債などを購入することに変わりはないが、購入額が減るため、量的緩和策はさらに縮小されることになる。
 また、政策の見通しをハッキリ示すやり方である「フォワードガイダンス」について、これまで主要なターゲットとしてきた失業率を撤廃する。
 米国では失業率が急速に改善してきており、6.5%という目標を達成してしまうのは時間の問題だからである。今後は失業率だけなく、総合的な観点で緩和水準の判断や金利誘導を行うことになる。

 市場が驚いたのは議長の金利に対する発言である。低金利を続ける期間について、状況次第としながらも6カ月程度と時期を明示したからである。市場では半年後に政策金利の変更があると解釈し、金利が急騰した。6カ月という数字は議長の勇み足である可能性が高いが、FOMCメンバーの中で早期利上げを予想する人が増えているのは事実である。
 足元では寒波の影響で景気回復のペースに鈍化も見られるが、基本的には好調な米国経済を反映し、早い段階で利上げに踏み切るとの見方がより強くなっている。

 政策目標から外れた失業率については、職探しを諦めた人がカウントされないなど、統計上の不備が指摘されている。確かに米国経済の状況をすべて反映する指標とはいえない。だが失業率が予想以上に改善してきたという事実は、米国経済の回復が順調であることの有力な証拠である。市場の反応の通り、米国が本格的な金利上場フェーズに入るのはそう遠い先ではなさそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

shunsetugou
各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強 …

usakoyoutoukei201505
5月の米雇用統計は予想外に良好。景気の停滞はやはり一時的?

 米労働省が発表した5月の雇用統計は、市場予想を大幅に上回る結果となった。このと …

tosho05
日本の株式市場が賭博場になったのは、企業のダブルスタンダードが原因?

 持続的な成長を実現するために、企業と投資家の間にどのような関係が必要なのかにつ …

kosokudoro02
消費税の影響は今のところ限定的だが、やはり公共事業頼み?

 消費増税後の景気を、活発な公共事業が支える構図が明確になっている。内閣府が発表 …

gun02
銃乱射犯の父親が勤務する会社が、銃砲店に対して融資を一方的に打ち切り

 米国コネティカット州で発生した銃乱射事件が思わぬ波紋を引き起こしている。米ゼネ …

graph02
内閣府でGDPの数字に誤り。先月は財政政策の基礎となる著名論文でもミスが発覚

 内閣府は5月7日、3月に発表した2012年10~12期の国内総生産(GDP)の …

puerutoriko
ギリシャ問題のウラでデフォルト騒ぎになっていたプエルトリコ。明らかになった意外と豊かな経済

 ギリシャ問題に世界の注目が集まっているが、同じタイミングでデフォルト騒ぎになっ …