ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

動き出す法人税減税。今後の焦点は特定企業を優遇する制度の改革へ

 

 甘利経済財政・再生相は2014年3月20日の記者会見で、法人実効税率の引き下げについて、6月にまとめる経済財政運営の基本方針(いわゆる骨太の方針)に盛り込む意向であることを明らかにした。具体的な時期が示されたことで、今後は特定業種向けの優遇措置である租税特別措置の扱いなど、実務的な面に焦点が移ることになる。

suga03

 現在、日本の法人税の実効税率は約35.7%であり、諸外国に比べて高いといわれている。しかし、実際に日本企業が支払っている法人税はもっと少ない。製造業を中心に「租税特別措置」という優遇税制があり、実質的には25%程度しか税金を支払っていない企業が多いというのが実態である。

 租税特別措置の適用を受けた件数は、2012年度は約132万件あり、全体の適用金額の合計は4兆4000億円にも上る。全体の4分の1が製造業と建設業で占められており、各項目においてはさらに特定企業に適用が集中するケースが多くなっている。例えば、試験研究費に関する税控除では減税額の95%を上位10社が占めていた。

 こうした優遇措置を残したまま減税だけを実施しても、適用を受けない企業が不利な点は変わらず、外資系企業やベンチャー企業にとってはメリットが少ない。税収だけが減少し、安倍政権が呼び込みたい外資系企業はどこからもやってこないという事態にもなりかねないのだ。

 こうした状況を防ぐためにも、法人税減税と租税特別措置の改革はセットにすべきであり、経済財政諮問会議では同様の指摘が出ている。菅官房長官も租税特別措置の見直しに言及しており、法人税の減税が現実味を帯びる中、今後はその改革がどこまで実現できるのかに焦点が移りつつある。

 だが租税特別措置は適用を受けている企業からすれば、失いたくない利権である。自民党の税制調査会はこれまで絶大な権力を振るってきたといわれるが、その背景には租税特別措置の適用に関する実質的な決定権を握ってきたという経緯がある。各社は自社の優遇措置を維持しようと、猛烈なロビー活動を行うことになるだろう。

 各方面からの反発によって、優遇税制だけが維持され、税率だけが下がるという状況になってしまっては、税収の面からも、外資呼び込みという面からも望ましくない。地味なテーマではあるが、法人税減税の議論は、いよいよ本丸に近づきつつある。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …

hagel04
北朝鮮の強硬姿勢によって米の軍事費削減に赤信号?現状維持派の策略との声も

 敵対的な姿勢を強める北朝鮮への対抗措置から、米軍が相次いで兵力の追加配備を迫ら …

no image
スパイ企業?のファーウェイが英国本格進出。そのウラには何が?

 中国の通信機器メーカー大手、華為技術(ファーウェイ)が英国に6億ポンドを投資し …

mitsukoshi
個人消費が中間層にも拡大の兆し。日本経済が構造転換したサインか?

 これまで富裕層に限定されていた消費拡大が中間層にも波及する可能性が出てきた。日 …

shouhishakinyu
上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているとい …

honkon
中国当局が香港の自治に関する白書を発表。中国による統治の正当性を強調

 中国国務院報道弁公室は2014年6月10日、香港の自治に関する白書を発表した。 …

merukerurikokyo02
中国の李首相がドイツでメルケル首相と会談。気をよくしたのか対日批判「舌」好調

 中国の李克強首相は5月26日、ドイツを訪問しベルリンでメルケル首相と会談した。 …

subaru
富士重工の半期決算は円高の影響で減収減益。通期の業績は米大統領次第?

 富士重工業が発表した中間決算は、円高が進んだことなどから5年ぶりの減収減益とな …

obamadenwa
オバマ大統領が4月訪日決定。日本側が求めている国賓待遇が微妙なワケ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2014年2月12日、オバマ大統領が4月下旬、日 …

panetta
パネッタ米国防長官が辞任の意向。次期オバマ政権では主要閣僚が総入れ替え

 米国防総省のパネッタ長官が、時期オバマ政権では長官に就任しない意向であることが …