ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本がとうとう核物質の米国返還を決定。日米関係は根本的に変わった

 

 日米両政府は2014年3月24日、核物質の最小化に関する日米の共同声明を発表した。核不拡散という観点から、日本は米国から研究用として提供されていた高濃縮ウランと分離プルトニウムを米国に返却する。米国が以前から返却を求めていたものだが、今回正式に返却するということに至った背景には、日本だけは特別扱いという従来の日米関係の変質がある。

fcatokai

 米国は日本に対して研究用として高濃縮ウランと分離プルトニウムを提供していた。この核物質は、日本原子力研究開発機構の高速炉臨界実験装置(FCA)において、高速増殖炉「もんじゅ」開発のための基礎データ収集などに使用されていた(写真)。

 日本は原子力発電所の使用済み燃料を再処理し、その中からプルトニウムを抽出して核燃料として再利用する「核燃料サイクル」の構築を目指してきた。
 ウランやプルトニウムは原子力発電所の燃料として用いられるが、これらは核兵器に転用することも可能である。米国がプルトニウムを他国に提供することは、研究用とはいえ、そうたやすいことではない。プルトニウムは4キロから6キロあれば核兵器が1発製造可能といわれている。米国から提供を受けた核物質は約300キロなので、核兵器50発から75発分というこになる。
 日本がこれだけの量の核物質の提供を受けることができたのは、日米両国が、日米安全保障条約という軍事同盟で結ばれた強固な同盟国であったという事実が大きく影響している。

 日本と米国との間には、日米原子力協定が結ばれており、米国は日本が核燃料を再処理してプルトニウムを取り出すことを認めている。しかし米国はすべての同盟国に同じような条件を認めているわけではない。
 米国が韓国と結んだ原子力協定では、韓国が独自に核燃料の再処理をすることを禁止している。少なくともこれまでは日本の立場は米国にとって特別なものだったと考えてよいだろう。またこうした関係が成立していることで、日本は核兵器を保有していないにも関わらず、国際社会では準核保有国として高い地位を確保してきた。

 今回オバマ政権が核物質の返還を迫ったのは、イランや中国に対して、ダブルスタンダードが許容されなくなってきたからである。
 オバマ政権は2013年11月、核問題についてイランと歴史的合意に達したが、イランはかねてから日本には核物質の保有を許容し、イランには認めないというダブルスタンダードを批判していた。また中国も、日本が核物質を保有していることは、核兵器製造の意図の表れだとして批判していた。オバマ政権はイランとの合意や中国との交渉を優先し、日本に核物質の返還を求めることを決定した。

 以前の日米関係であれば、イランや中国からの圧力で日本に核物質の返還を求めることなど考えられなかったが、国際情勢は大きく変化した。これは日米安保体制の変質と見ることもできるし、日本の国際的な地位の低下と見ることもできる。いずれにせよ、いわゆる戦後的な価値観がもはや通用しなくなってきたのは事実である。

 日本では高速増殖炉もんじゅの深刻なトラブルで核燃料サイクルの構築が事実上ストップしている。日本は、各地の原子力発電所の使用済み燃料から抽出されたプルトニウムを使い道のないまま保持し続けている。その総量は44トンにも達し、これは核兵器数千発分に相当する。
 下手をすると、今回の核物質返還をきっかけに、保有するプルトニウムの破棄といった、次の段階に話が進展してくる可能性もある。

 - 政治, IT・科学 , ,

  関連記事

zenjindai
中国で全人代が開幕。中国政府の新体制が本格的にスタート

 中国の国会である第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議が5日、北京の人民 …

nenkinkiko
個人情報流出の日本年金機構。年間の情報システム経費は何と1000億円!

 日本年金機構は2015年6月1日、年金情報を管理しているコンピュータに外部から …

fukusima2goki
福島原発2号機の内部映像を東電が公開。最悪の状態ではなさそうだが・・・

 東京電力は2017年1月30日、福島第1原子力発電所2号機の原子炉格納容器内部 …

shukinpei03
ボアオ・アジアフォーラムで習近平氏が国家主席就任後、日本側要人と初めて会談

 中国の習近平国家主席は4月8日、博鰲(ボアオ)アジアフォーラムに出席し、同フォ …

puticshukinpei201405
中国がロシアから天然ガスを高価格で大量購入。ウクライナ問題でロシアが優位に?

 ロシアと中国が、天然ガス供給に関する大型の長期契約を締結した。ロシアはEUに代 …

chiamujinki
日本を尻目に中国が着々と無人機を開発。ガラパゴスの影響はこんなところにも

 航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が9月25日から中国・北京で開催されてい …

josen
福島の除染作業で不正が発覚。だが本当の問題は別に存在している

 東京電力福島第1原発事故に伴う、被災地域の除染事業において不正が行われているこ …

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …

obamaparitero
世界の警察官であることをやめるという米国の外交戦略はテロでどう変わのか?

 過激派組織「イスラム国(IS)」による大規模なテロが発生したことが、オバマ政権 …

egyptdemo
「アラブの春」の実態が明らかに。エジプトでモルシ大統領が独裁者に豹変

 エジプト各地で大統領権限を大幅に強化したモルシ大統領に対する大規模なデモが発生 …