ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

資金循環統計を見れば、アベノミクスでお金がどう動いたのかが分かる

 

 日銀は2014年3月25日、2013年10~12月期の資金循環統計を発表した。家計が保有する金融資産の残高は12月末時点で前年比6.0%増の1645兆円だった。アベノミクスによる株高を反映して株式関連の資産増加が目立ったが、庶民の懐はまだあまり潤っていない。

 nichigin 資金循環統計は、家計や企業、金融機関など部門間のマネーの流れを調べるもので、4半期に1回発表されている。この統計を見れば、日銀の量的緩和やアベノミクスによってお金の流れがどう変わったのか知ることができる。

 12月時点の状況を前年同期と比較してみると、家計部門では資産の合計が1552兆円から1645兆円と93兆円増加した。これは率にすると約6%である。このうち現預金の増加は2.3%なのに対して、株式は38.5%の大幅増となっている。この1年で株価は1.5倍に上がっているので、家計の金融資産も株高という市場環境を反映したといってよいだろう。
 米国は多くの中間層が株式を保有し株高の恩恵を受けられるが、日本の場合、株式を保有しているのはほとんどが富裕層である。このため、アベノミクスによる株高で資産を増やしたのは、今のところ富裕層に限定されているということになる。

 一方、企業は資産を135兆円も増やしている。株式は56%の増加となっており、ここでも株高の影響が色濃く見られる。ただ企業は対外直接投資を40%近くも増加させている。大企業を中心に日本企業は過去最高水準の利益を上げているが、その利益を海外への投資に回している様子がうかがえる。対外直接投資の増加は、日本の経常赤字化を緩和する効果があるので、日本全体としてみれば、それなりに効果があるといってよいだろう。

 量的緩和策とアベノミクスの最大の狙いは、金融機関の貸出が増え、自立的な経済成長が実現することである。だがこの点についてはまだ不十分である。
 金融機関の貸出は1年間で4.4%しか増えておらず、しかも事業会社向けの貸出の伸び率は1.8%とさらに低い。一方金額としての割合は少ないが、政府向けの貸出は5.5%と大きく伸びている状況だ。民間企業の活動が活発になり、融資が増加する状況にはまだなっていない。

 安倍政権は財界に賃上げを強く要請してきたことで、今年の春闘では一定の賃上げが実現した。消費税の増税という逆風もある中、賃上げの効果がどの程度なのかについては、次回以降の資金循環統計を見れば、よりはっきりしてくることになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

kakusaoecd
OECDが世界の格差に関する報告書を発表。日本の課題は所得の再分配機能

 OECD(経済協力開発機構)は2015年5月21日に発表した格差に関する報告書 …

imf201304
日本に財政健全化を強く求めたといわれるG20声明はどう解釈すべきなのか?

 米ワシントンにおいて4月18日と19日、G20(20カ国・地域財務相・中央銀行 …

yanai00
柳井社長が前言撤回?息子が役員に就任したユニクロはホンダの二の舞になるのか?

 ユニクロを展開するファーストテイリリングは2日、柳井正会長兼社長の長男で、子会 …

imf201310
IMFが最新の世界経済見通しを発表。世界経済の牽引役は新興国から米国へ

 IMF(国際通貨基金)は10月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年 …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

kokusaishushi201303
日本の経常収支。マスコミ報道では「黒字激減」だが、足元の状況は少し異なる

 財務省は5月10日、3月の国際収支を発表した。貿易収支は2194億円の赤字だが …

no image
スペインに工場を移管するメーカーが続出。理由はコストの安さと政府の労働市場改革

 財政危機によって大打撃を受けたスペインだが、労働者の賃金が大幅に低下したことで …

nichigin02
日銀が今回の決定会合で追加緩和に言及しなかった理由

 日銀は2014年1月22日、金融政策決定会合を開催し、昨年4月から実施している …