ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルが全米最大のケーブルTVと提携?各社がネットの帯域を奪い合う

 

 米アップルがストリーミングを使ったテレビのサービスについて、米国最大のケーブルテレビ会社コムキャストと提携交渉を行っていると米紙が報じている。現在、米国ではインターネットを使った有料の動画配信サービスが急速な勢いで普及している。今回の提携に関する詳細は不明だが、アップルの本格参入によって、インターネットの帯域を各社が奪い合いう状況になるとの懸念が浮上している。

appletv002

 アップルが想定しているサービスは、同社が開発した製品を顧客が購入すると、十分な帯域を確保したネット回線で動画や番組などが視聴できるというもの。コムキャストはアップル用に特別にインターネットの帯域を確保する予定だという。

 米国ではすでに地上波によるテレビ番組はマイナーな存在となりつつあり、多くの利用者がネット上の有料動画配信サービスに加入している。ケーブルテレビに加入していても、もっぱらインターネット用としてしかこれを利用せず、ケーブルテレビが提供するテレビ番組は見ないという人も多い。
 この環境で急激に存在感を増しているのが、ネットを使った動画配信サービスである。中でもネットフリックスは月額8~10ドル程度という低料金で映画やドラマが見放題というサービスを提供しており、すでに全世界で4000万人を超える会員を獲得している。

 ここで問題となるのが、インターネットの回線容量である。米国では動画配信サービスの急拡大によって、ネットワークのトラフィックの3割がすでに動画配信サービスによって占められているという。
 コムキャストは米国でも有数のケーブルテレビ事業者だが、同社はネットフリックスによる動画配信が自社のネットワークを圧迫しているとして、ネットフリックス側に利用料の支払いを求めていた。この3月にネットフリックス側が折れる形で、支払契約を締結したという経緯がある。

 今回コムキャストがアップル用に帯域を確保するということになると、アップル側からコムキャストに対して何らかの支払いが発生する可能性が高い。
 ケーブルテレビをはじめとするインターネットの回線事業者はこうした収入がないと、追加の設備投資に踏み切ることができず、回線の環境がいつまでも改善しない可能性がある。この点では、利用者の利便性の向上に寄与するといってよいが、一方では、ネットワークの中立性を侵害するとして懸念の声も上がっている。

 米国では、インターネット上を流れるデータはすべて公平に扱うべきという議論があり、対価を払わないとデータを流さない、あるいは多くの対価を払った事業者のデータを優先して流すという状況に批判的な声が根強いのだ。
 アップルがストリーミングのサービスに本格的に乗り出せば、この状況が加速することは間違いなく、今後、ネットワークの中立性をめぐる議論がさらに激しさを増すことになるかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

firefoxOS
2500円の製品も!進む海外のスマホ価格破壊は日本に何をもたらすか?

 新興国市場にターゲットを絞った格安のスマホが相次いで登場している。フィンランド …

nichigin03
6月の日銀短観。改善が見られるが、大企業中心の産業構造を如実に反映

 日銀は7月1日、6月の企業短期経済観測調査(短観)を発表した。企業の景況感を示 …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

stap20140409
小保方氏が初の記者会見。なぜデータの差し替えを行ったのか?

 STAP細胞の論文について不正があると指摘されている問題で、研究の中心人物であ …

chokusetsutoshi001
加速する日本の海外投資。所得収支の増加に貢献

 日本の海外投資が加速している。財務省によると、2013年末における日本の対外純 …

jinmingen
台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ド …

shuukatsu
内定辞退者が増加という報道。学生の就活は本当に昔と違うのか?

 神奈川県庁の内定辞退者が5年連続で3割を超えたというニュースをきっかけに、内定 …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …