ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルが全米最大のケーブルTVと提携?各社がネットの帯域を奪い合う

 

 米アップルがストリーミングを使ったテレビのサービスについて、米国最大のケーブルテレビ会社コムキャストと提携交渉を行っていると米紙が報じている。現在、米国ではインターネットを使った有料の動画配信サービスが急速な勢いで普及している。今回の提携に関する詳細は不明だが、アップルの本格参入によって、インターネットの帯域を各社が奪い合いう状況になるとの懸念が浮上している。

appletv002

 アップルが想定しているサービスは、同社が開発した製品を顧客が購入すると、十分な帯域を確保したネット回線で動画や番組などが視聴できるというもの。コムキャストはアップル用に特別にインターネットの帯域を確保する予定だという。

 米国ではすでに地上波によるテレビ番組はマイナーな存在となりつつあり、多くの利用者がネット上の有料動画配信サービスに加入している。ケーブルテレビに加入していても、もっぱらインターネット用としてしかこれを利用せず、ケーブルテレビが提供するテレビ番組は見ないという人も多い。
 この環境で急激に存在感を増しているのが、ネットを使った動画配信サービスである。中でもネットフリックスは月額8~10ドル程度という低料金で映画やドラマが見放題というサービスを提供しており、すでに全世界で4000万人を超える会員を獲得している。

 ここで問題となるのが、インターネットの回線容量である。米国では動画配信サービスの急拡大によって、ネットワークのトラフィックの3割がすでに動画配信サービスによって占められているという。
 コムキャストは米国でも有数のケーブルテレビ事業者だが、同社はネットフリックスによる動画配信が自社のネットワークを圧迫しているとして、ネットフリックス側に利用料の支払いを求めていた。この3月にネットフリックス側が折れる形で、支払契約を締結したという経緯がある。

 今回コムキャストがアップル用に帯域を確保するということになると、アップル側からコムキャストに対して何らかの支払いが発生する可能性が高い。
 ケーブルテレビをはじめとするインターネットの回線事業者はこうした収入がないと、追加の設備投資に踏み切ることができず、回線の環境がいつまでも改善しない可能性がある。この点では、利用者の利便性の向上に寄与するといってよいが、一方では、ネットワークの中立性を侵害するとして懸念の声も上がっている。

 米国では、インターネット上を流れるデータはすべて公平に扱うべきという議論があり、対価を払わないとデータを流さない、あるいは多くの対価を払った事業者のデータを優先して流すという状況に批判的な声が根強いのだ。
 アップルがストリーミングのサービスに本格的に乗り出せば、この状況が加速することは間違いなく、今後、ネットワークの中立性をめぐる議論がさらに激しさを増すことになるかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …

kuroda
本当はコワイ、日銀・黒田新総裁の主張。日本人は理解しているのか?

 日銀の白川総裁は3月19日、退任記者会見に臨んだ。白川総裁は、デフレを脱却と持 …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

Warren Buffett
バフェット氏の最新の保有銘柄状況が明らかに。金利上昇と景気拡大にシフト

 米国の著名投資家であるウォーレン・バフェット氏が、IBMやGM(ゼネラル・モー …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

fanakku
秘密主義から一転、株主との対話路線に舵を切った「謎の会社」ファナック

 産業用ロボット大手ファナックの株価が急騰している。2月初旬には2万円前後だった …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

no image
インテルとクアルコムがシャープに出資?事実だとしてもインパクトは小さい

 出所不明の情報が跳梁跋扈するシャープ周辺からまた奇妙なニュースが飛び込んできた …

setsubitousi
日本企業の内部留保が過去最高。むしろ重要なのは資産の有効活用

 日本企業が内部留保を蓄積している。2013年3月期における日本企業の内部留保は …