ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロシアが軍の再編と近代化を推進。北方領土駐留軍の戦力も強化

 

 ロシアが軍の再編と近代化を進めている。

 ロシア海軍は、このほど、モスクワにある海軍総司令部をかつて司令部が存在していたサンクトペテルブルグに移転した。移転した海軍司令部は、かつて帝政ロシア時代に海軍省が入っていた歴史的建物で、当時の姿を残したまま全面改修された。サンクトペテルブルグは軍港として開発された街であり、日露戦争で日本海軍と戦ったバルチック艦隊の本拠地でもある。

 ロシアが海軍司令部をわざわざ移転した背景には、軍の再編と近代化がある。ロシアの軍隊は旧ソ連の延長であり、装備や編成が旧式のものが多かった。プーチン大統領は強いロシアを標榜しており、ムダの多い軍の改革に乗り出した。

 改革の先頭に立ったのは、プーチン大統領腹心であるセルジュコフ国防相。セルジュコフ氏は入隊経験はあるものの、キャリアのほとんどを税務機関で過ごした税務官僚で、国防相就任前は財務省連邦税務庁長官であった。

 プーチン大統領は軍としがらみのない行政官を送り込むことで、不透明な予算に次々とメスを入れている。どこの国でもそうだが、旧態依然の公務員組織というのはかなりの利権があり、改革には強烈に抵抗する。ロシア軍も、セルジュコフ国防相の改革に反対し、参謀総長が辞任する騒ぎも起こっている。結局、プーチン大統領側が押し切った格好で今回移転が完了した。

 軍の改革は通常、ハイテク化と人員削減がセットで行われる。乱暴に言ってしまえば、コンピュータ化された近代兵器を導入する代わりに、使えない兵隊のクビを切るということだ。今回の一連の改革も同様で、これが完了すればとロシア軍の戦力は大幅に拡大することになる。

 ロシア軍は再編を北方領土でも進めており、国後島、択捉島に展開する砲兵師団の兵力を刷新している。セルジュコフ国防相は昨年2月に両島を訪問しており、力の入れ具合が分かる。

 プーチン大統領は再選されて間もないため十分に時間がある。ロシアがプーチン大統領のリーダーシップで軍の近代化に乗り出せば、各国の脅威はさらに増加することになる。北方領土問題に関しても、日本の立場はますます苦しくなるだろう。

 - 政治

  関連記事

no image
(速報)オバマ大統領再選確実

 開票が始まっていた米大統領選挙において、オバマ大統領の再選がほぼ確実となった。 …

trumpshunin
トランプ氏が正式に大統領に就任。演説では米国第一主義を何度も強調

 共和党のドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、大統領就任式に臨み、第45 …

kaikeikensain
会計検査院が独法のずさんな出資先管理を指摘。問題の本質はどこに?

 独立行政法人が出資する関連会社の中で、経営が困難になっていたり、投資資金が回収 …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

no image
新しい中国大使は有能な実務官僚。だが田中真紀子大臣からツメられ入院したひ弱な面も

 政府は22日午前の閣議で、急死した西宮伸一中国大使の後任として木寺昌人官房副長 …

no image
エアバスと防衛大手BAEの合併案に異論噴出!頓挫する可能性も

 欧州航空大手エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの経営統合に、 …

putin02
ロシア軍がウクライナ南部をほぼ掌握。脳裏をよぎるのはかつてのクリミア戦争?

 ウクライナ南部のクリミア半島でロシア軍と見られる部隊が展開し、半島全域をほぼ掌 …

yasudakodo
キャリア公務員の合格者。結局は旧帝大と早慶ばかりで何も変わっていない

 公務員の地位低下が叫ばれて久しい。東大生で国家公務員試験Ⅰ種(いわゆるキャリア …

sistinchapel
ローマ法王の選出会議(コンクラーベ)開催が早まる。イタリア大衆紙では陰謀論が沸騰!

 高齢を理由に辞任を表明したローマ法王ベネディクト16世の後継者を選ぶ会議(コン …

itgyokai
労働者派遣法の改正でIT業界が大ピンチ。業界再編も?

 労働者派遣法の改正案が閣議決定されたが、この改正案が施行されると、大変な激震に …