ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロシアが軍の再編と近代化を推進。北方領土駐留軍の戦力も強化

 

 ロシアが軍の再編と近代化を進めている。

 ロシア海軍は、このほど、モスクワにある海軍総司令部をかつて司令部が存在していたサンクトペテルブルグに移転した。移転した海軍司令部は、かつて帝政ロシア時代に海軍省が入っていた歴史的建物で、当時の姿を残したまま全面改修された。サンクトペテルブルグは軍港として開発された街であり、日露戦争で日本海軍と戦ったバルチック艦隊の本拠地でもある。

 ロシアが海軍司令部をわざわざ移転した背景には、軍の再編と近代化がある。ロシアの軍隊は旧ソ連の延長であり、装備や編成が旧式のものが多かった。プーチン大統領は強いロシアを標榜しており、ムダの多い軍の改革に乗り出した。

 改革の先頭に立ったのは、プーチン大統領腹心であるセルジュコフ国防相。セルジュコフ氏は入隊経験はあるものの、キャリアのほとんどを税務機関で過ごした税務官僚で、国防相就任前は財務省連邦税務庁長官であった。

 プーチン大統領は軍としがらみのない行政官を送り込むことで、不透明な予算に次々とメスを入れている。どこの国でもそうだが、旧態依然の公務員組織というのはかなりの利権があり、改革には強烈に抵抗する。ロシア軍も、セルジュコフ国防相の改革に反対し、参謀総長が辞任する騒ぎも起こっている。結局、プーチン大統領側が押し切った格好で今回移転が完了した。

 軍の改革は通常、ハイテク化と人員削減がセットで行われる。乱暴に言ってしまえば、コンピュータ化された近代兵器を導入する代わりに、使えない兵隊のクビを切るということだ。今回の一連の改革も同様で、これが完了すればとロシア軍の戦力は大幅に拡大することになる。

 ロシア軍は再編を北方領土でも進めており、国後島、択捉島に展開する砲兵師団の兵力を刷新している。セルジュコフ国防相は昨年2月に両島を訪問しており、力の入れ具合が分かる。

 プーチン大統領は再選されて間もないため十分に時間がある。ロシアがプーチン大統領のリーダーシップで軍の近代化に乗り出せば、各国の脅威はさらに増加することになる。北方領土問題に関しても、日本の立場はますます苦しくなるだろう。

 - 政治

  関連記事

takenaka
経済財政諮問会議のメンバーが固まる。改革イメージ醸成と経団連外しが狙い?

 政府の経済政策の司令塔となる経済財政諮問会議や日本経済再生本部のメンバーが明ら …

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

pakukune
韓国初の女性大統領、朴槿恵(パク・クネ)氏とはどんな人物か?

 韓国の大統領選挙は19日投開票が行われ、与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補 …

abeputin201612
大方の予想通り、ゼロ回答に終わった日露交渉。3000億円だけが一人歩き

 安倍首相とロシアのプーチン大統領は2016年12月15・16日、日本において首 …

canadabank
英中銀の外人助っ人総裁が、FRBに続き失業率ターゲット導入を表明

 英国の中央銀行であるイングランド銀行が、大胆な金融政策を打ち出して話題となって …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

snowden
すべて米国に言われるがまま。スノーデン事件で明らかになった欧州の弱腰

 米国情報機関の監視を暴露したCIA元職員エドワード・スノーデン氏の処遇をめぐっ …

spain
スペインがわずか1600万円の不動産投資で外国人に永住権を付与

 スペイン政府は、銀行の不良債権問題の解決策のひとつとして、16万ユーロ(およそ …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …