ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が韓国語で挨拶。日韓首脳会談はとりあえず終始友好ムードで終了

 

 安倍首相は2014年3月26日、オランダ・ハーグにおいて、オバマ米大統領、朴槿恵・韓国大統領との三者会談に臨んだ。安倍氏と朴氏が、首脳会談として顔を合わせるのは初めてとなる。歴史認識問題には触れず、北朝鮮の核問題の連携を確認するにとどまった。

obamaabepaku

 日本と韓国は歴史認識問題などをめぐって対立が続いているが、日本側はこれまで何度も韓国側に首脳会談の開催を呼びかけてきた。
 非公式だが、政府高官が直接打診を行ったとの報道もある。だが、反日世論を気にする韓国側は首脳会談の開催については一環して消極的であった。

 米国は現在、中国と包括的な二国間交渉を行っている最中である。日韓の対立は中国側に有利に働く可能性があり、米国は基本的にこの状況を望んでいない。
 しかし日韓のスタンスは頑なであった。米国は日本に対して靖国神社を参拝しないよう水面下で要請したものの、日本側がこれを拒否。米国は異例の「失望」コメントを出す事態となった。また韓国に対しても首脳会談開催という日本側の要望に応じるよう説得していたが、韓国はこれを拒否し続けていた。

 流れが変わったのはオバマ大統領のアジア歴訪である。オバマ大統領のアジア歴訪には当初、韓国は含まれていなかったが、韓国国内ではこれを問題視する論調が拡大。政権批判につながることを恐れた韓国側は、米国に対して韓国も訪問するよう何度も要請する事態となった。米国はこれに応じる条件として、日本との首脳会談への参加を韓国側に求めたといわれている。

 会談では安倍氏がわざわざ韓国語で「お会いできて嬉しく思います」と述べるなど終始友好ムードで行われた。また、歴史認識問題には踏み込まず、北朝鮮の核問題について連携を確認するという内容にとどまった。
 首脳会談に先立って、朴氏は中国の習近平国家主席と会談し、歴史認識問題で共闘していく方針を確認している。日韓首脳会談前に、わざわざこのような行動に出たのは、日本に対する牽制球という意味があると考えられる。ただ韓国メディアでの扱いは比較的抑制的となっており、首脳会談のスムーズな開催を優先したい政権の意向が感じられる。

 一方、日本側は菅官房長官が、従軍慰安婦の軍による強制を認めた、いわゆる河野談話について、見直す考えのないことを表明している。従軍慰安婦問題について、日本側が見直しをしないということで譲歩し、首脳会談ではこの問題には触れないという形に落ち着いた。
 とりあえず、首脳会談が実現し対話は再開されたが、日韓両国で大きな進展があったわけではない。双方の国内事情などで再び状況が振り出しに戻る可能性も十分にある。

 - 政治 , , ,

  関連記事

iryouseido
安倍首相が混合診療の法案提出に言及。背景にあるのは深刻な医療財政

  安倍首相は、公的保険が適用される診療と適用されない診療を併用する「混合診療」 …

tennoheika04
安倍政権が皇室典範改正ではなく、一代限りの特別法に固執する理由は女性天皇阻止?

 天皇陛下が生前退位のご意向を表明されたことを受けて、国会での論戦が本格化しそう …

northkorea
北朝鮮問題とイランの核問題はリンクしている。日本人に求められる複眼的見方とは?

 北朝鮮と米韓の緊張が高まる中、米海軍が中東で展開していた空母「ジョン・C・ステ …

obamasyria02
オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入 …

obamadenwa
オバマ大統領が4月訪日決定。日本側が求めている国賓待遇が微妙なワケ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2014年2月12日、オバマ大統領が4月下旬、日 …

obama201406
オバマ大統領がイラクに派遣する軍事顧問は、ビンラディンを殺害した精鋭特殊部隊

 オバマ米大統領は2014年6月19日、イラクに軍事顧問団を300人派遣する方針 …

abechoshu
安倍首相が何度も強調する長州人のDNA。果たしてその怨念はどこに向かうのか?

 「志定まれば、気盛んなり」安倍首相は消費増税を正式表明する記者会見の場において …

thatcher02
葬儀参列者に見る時代の流れ。サッチャリズムはすでに歴史の1ページ

 英国の元首相で4月8日に死去した故マーガレット・サッチャー氏の葬儀が4月17日 …

abe20141125
盛り上がる解散の「大義」に関する論争。結論は選挙の結果次第?

 衆議院を解散する「大義」に関する議論が活発になっている。野党側が「アベノミクス …

rojinkaigo
認知症JR事故、家族には賠償責任はないとの最高裁判決。ようやく当たり前の社会に

 認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合における家族の賠償責 …