ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ヤマトの新しいサービスは、日本のネット通販の中国販路拡大に寄与するか?

 

 宅配大手のヤマトホールディングスは2014年3月24日、日本のネット通販事業者が中国の利用者に手軽に商品を配送できるサービス「ヤマトチャイナダイレクト」を同社の子会社を通じて提供すると発表した。頭打ちが予想されている日本のネット通販の起爆剤になることが期待されている。

yamatochina

 一部の報道ではヤマトが本格的に中国進出といった論調になっているが、実際のサービスはニュアンスがだいぶ異なる。中国向けの荷物の配送はかなり以前から日本郵便がEMS(国際スピード郵便)のサービスを提供しているし、ヤマトも国際宅急便というサービスがあり、中国全土への配送がすでに可能だ。

 今回のサービスにおける中国国内の配送は上海郵政(EMS)が担当するので、ヤマトが直接中国に進出するわけではない。むしろ日本の通販事業者が中国向けの発送をしやすくするという意味で、国内向けのサービスと考えた方がよいだろう。

 中国における日本製品の人気は高く、日本のネット通販事業者から商品を購入したいという潜在的な顧客は多い。だが、個人使用であっても、品目や量によっては税関当局から商業目的とみなされ、輸入許可が下りないことも多い。関税が発生する事態になった場合、中国の購入者は一部地域を除いて直接郵便局に関税を支払わなければならず、この作業が煩わしため、返品となってしまうケースが後を絶たないといわれている。このため中国向けに商品を出荷する日本のネット通販事業者は、これまで多くの返品に悩まされてきた。

 ヤマトチャイナダイレクトでは、サービスを契約した国内の事業者に対して、中国の通関業務に関する詳細な情報を提供する。また集荷の際に、中国で輸入が可能な商品なのかについてヤマト側が確認してくれるので、通関トラブルの減少が期待されている。中国でのスムーズな通関が期待できるので、最短3日で中国全土に配送することが可能となる。

 日本のネット通販事業は、毎年市場規模が拡大しているが、そろそろ頭打ちになるという公算が高まっている。楽天の2013年の流通総額は約1.7兆円で昨年より20%近く増加した。ただ利用者の年齢層はすでに多岐にわたっており、若年層だけが中心というわけではない。つまり今後は爆発的な利用者の増加は見込めないことになる。

 楽天やヤフーに出店したり自身で店舗を構える通販事業者にとって、中国市場は今後の成長の柱となる。ヤマトのサービスが通関上のリスクを軽減してくれるのだとすると、今後、中国向けの販売に力を入れる事業者が増えてくることが予想される。そうなってくれば、ネット通販業界全体の成長スピードを今後も維持できるかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

dokushogakusei
大学生の4割が読書時間ゼロ。だが本離れに拍車がかかっていると断言するのは早い

 大学生の約4割は読書時間がゼロであることが、全国大学生協連(東京)の「学生生活 …

genkintorihiki
銀行取引にさらに煩雑な確認作業が必要に。だが肝心の犯罪防止効果には疑問の声も

 犯罪収益移転防止法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)が一部改正されるのに …

kourioote
2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業 …

sozeikaihilist
国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表

 国際的な脱税や各国要人・富豪の海外隠し資産を追及している国際調査報道ジャーナリ …

bitcoin
取引所破綻で話題のビットコイン問題を整理する。その本質はどこにあるのか?

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営するマウントゴック …

dentaku
家計を助けるため一家総出で労働。日本人の経済状況はかなり苦しくなっている?

 日本の家計にちょっとした異変が起きている。世帯主の収入が減少する一方、配偶者や …

toshiba201405
東芝が新経営方針を発表。原発依存リスクからは脱却か?

 東芝は2014年5月22日、経営方針説明会を開催し、2017年3月期に売上高7 …

trumphonhai
鴻海が米国に巨大な液晶パネル工場を建設。ソフトバンク孫社長の仲介が功奏?

 シャープを買収した台湾の鴻海精密工業は2017年1月22日、米国に液晶パネルの …

jinminginkou
中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4 …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …