ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ヤマトの新しいサービスは、日本のネット通販の中国販路拡大に寄与するか?

 

 宅配大手のヤマトホールディングスは2014年3月24日、日本のネット通販事業者が中国の利用者に手軽に商品を配送できるサービス「ヤマトチャイナダイレクト」を同社の子会社を通じて提供すると発表した。頭打ちが予想されている日本のネット通販の起爆剤になることが期待されている。

yamatochina

 一部の報道ではヤマトが本格的に中国進出といった論調になっているが、実際のサービスはニュアンスがだいぶ異なる。中国向けの荷物の配送はかなり以前から日本郵便がEMS(国際スピード郵便)のサービスを提供しているし、ヤマトも国際宅急便というサービスがあり、中国全土への配送がすでに可能だ。

 今回のサービスにおける中国国内の配送は上海郵政(EMS)が担当するので、ヤマトが直接中国に進出するわけではない。むしろ日本の通販事業者が中国向けの発送をしやすくするという意味で、国内向けのサービスと考えた方がよいだろう。

 中国における日本製品の人気は高く、日本のネット通販事業者から商品を購入したいという潜在的な顧客は多い。だが、個人使用であっても、品目や量によっては税関当局から商業目的とみなされ、輸入許可が下りないことも多い。関税が発生する事態になった場合、中国の購入者は一部地域を除いて直接郵便局に関税を支払わなければならず、この作業が煩わしため、返品となってしまうケースが後を絶たないといわれている。このため中国向けに商品を出荷する日本のネット通販事業者は、これまで多くの返品に悩まされてきた。

 ヤマトチャイナダイレクトでは、サービスを契約した国内の事業者に対して、中国の通関業務に関する詳細な情報を提供する。また集荷の際に、中国で輸入が可能な商品なのかについてヤマト側が確認してくれるので、通関トラブルの減少が期待されている。中国でのスムーズな通関が期待できるので、最短3日で中国全土に配送することが可能となる。

 日本のネット通販事業は、毎年市場規模が拡大しているが、そろそろ頭打ちになるという公算が高まっている。楽天の2013年の流通総額は約1.7兆円で昨年より20%近く増加した。ただ利用者の年齢層はすでに多岐にわたっており、若年層だけが中心というわけではない。つまり今後は爆発的な利用者の増加は見込めないことになる。

 楽天やヤフーに出店したり自身で店舗を構える通販事業者にとって、中国市場は今後の成長の柱となる。ヤマトのサービスが通関上のリスクを軽減してくれるのだとすると、今後、中国向けの販売に力を入れる事業者が増えてくることが予想される。そうなってくれば、ネット通販業界全体の成長スピードを今後も維持できるかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …

tissue
円安で値上げが続々。だが実際にはデフレ下でも値上げは進んでいた

 急激に進んだ円安を背景に、製品やサービスの値上げが相次いでいる。製紙大手各社が …

abe
安倍総裁が金融政策に関する発言を全面撤回。無邪気な政治家が空けたパンドラの箱

 自民党は21日、次期衆院選の政権公約を正式発表した。この席で安倍総裁は、自身の …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

hitachi
日立が保守的な中期経営計画を発表。堅実だがやはりガラパゴスの印象は否めず

 日立製作所は5月16日、2016年3月期に売上高10兆円、当期純利益3500億 …

wine
グローバル経済の思わぬ影響。フランス人はワインを減らし、米国人や中国人は増やす

 ワイン大国といわれたフランスでワインの消費量が減っている。フランスでは過去5年 …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

pakukuneshukinpei
朴槿恵大統領が中国を訪問し習主席と会談。中韓の親密ぶりが際立つ

 韓国の朴槿恵大統領は6月27日、中国を訪問し習近平国家主席と会談した。両首脳は …

eurokabuka
景気の悪化が続く欧州で、なぜか株価が絶好調。理由は「危機疲れ」?

 債務危機が続いているはずの欧州で株価が好調だ。ここ半年でドイツの株価は25%近 …