ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米当局がビットコインを事実上公認。日本は巨額の富を失ったかもしれない

 

 米内国歳入庁(IRS)は2014年3月25日、仮想通貨ビットコインに関する税務指針を公表した。基本的に株や債券と同様の商品とみなし、譲渡益に課税する。ビットコインの金融商品的な位置付けが明確になり、ビットコインは事実上、米国政府から公認された。

bitcoin

  日本政府は、ビットコインは通貨でも金融商品でもなくモノであるとして、いち早くビットコインの存在を否定してしまったが、欧米各国ではビットコインの扱いをめぐってかなり具体的な検討が続けられてきた。
 英国歳入庁は2014年3月3日、ビットコインについてはモノとして扱わず、付加価値税の対象としない方針を明らかにした。また米ニューヨーク州の金融サービス局も、ビットコインを仮想通貨として認め、当局の監督下で運営する公認取引所の開設を検討すると発表している。

 今回の米IRSの指針は、米ドルと同様の通貨としては認定していないものの、金融商品であることが明確になった。
 税務上はビットコインは資産として認定され、売却益が出た場合には課税対象となる。またビットコインの「採掘」作業で得た収益には通常の事業収益と同様、税金が課せられる。また家賃や賃金などをビットコインで支払ったり、逆に対価として受け取ったり場合には、IRSに報告する必要がある。

 金融商品と見なされたことで、ビットコインは今後、米当局の監督下で取り扱いが行われることになる。ビットコインの透明性は一気に向上することになるだろう。
 また金融商品として位置付ける一方、家賃の支払いなどを想定していることを考えると、決済通貨と見なしていると解釈することもできる。この措置については、近い将来、ビットコインを正式な通貨として認定するための布石との見方もある。

 日本では国家が発行したものでなければ通貨ではないという意識が強いが、必ずしもそうではない。通貨は多くの人が通貨として認めれば通貨として流通する性質を持っている。日本円が通貨として信用されているのは、日本政府(厳密には日銀)が発行しているからではなく、日本政府を多くの人が信用しているからで ある。

 米当局が事実上ビットコインを公認したことで、各国のビットコインは米国市場を中心に回り始める可能性が高くなってきた。ビットコイ ンの公認取引所は米国に集中することになり、米国はここから多くの収益を得ることができるだろう。
 日本市場を中心に発達したてきたビットコインだが、日本の取引所での事故をきかっけに、米国へとその活動拠点が移ることになる。もしかすると日本は巨額の富を失ったかもしれない。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

kurodasosai
トランプ氏の当選で日米金利が急上昇。シナリオが狂ってしまった日銀

 トランプ大統領の誕生をきっかけに、日米の債券市場で金利が急騰している。米国はす …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

alibaba
アリババがとうとう上場。楽天との比較で分かる、国内EC市場の限界

 中国の電子商取引最大手アリババ集団は2014年9月19日、米ニューヨーク証券取 …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

nihonyuseiibmjinkochino
日本郵政がIBM、アップルと共同で人工知能サービスを導入

 日本郵政は2015年4月30日、米アップル、米IBMの2社と共同で高齢者向けサ …

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

oecd201311
OECDが世界経済見通しを下方修正。米国への依存度高まる。日本は来年以降失速

 OECD(経済協力開発機構)は11月19日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

bussann
三菱商事と三井物産が共に創立以来初の赤字転落。原油安が業績を直撃

 資源安が大手商社の業績を直撃している。三菱商事と三井物産が揃って通期の決算が赤 …

uschinadialog
米中戦略対話がワシントンでスタート。表向きはサイバーセキュリティが話題だが・・・

 第5回米中戦略経済対話が7月10日から米国の首都ワシントンで始まった。中国側か …