ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送金される事件が相次いでいる。

 警察の調べによると、これまでゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行で確認されている。
 このうち郵貯銀行の不正画面は、ポップアップが立ち上がり、暗証番号や合言葉などの入力を促す内容。ポップアップで情報を入力させるといったあたりがかなり不自然なので、気がつく人もいるだろうが、画面デザインが自然な感じであるため、騙される人も多いかもしれない(下の画面)。

 原因は不明だが、銀行側のサーバーには異常がないため、ウイルスによって不正画面への誘導が行われていると考えられる。不正送金先は中国が多いといわれており、全容解明は難しいかもしれない。

 このような事件が発生すると、日本では銀行や監督官庁に対策を強化せよ!というヒステリックな批判が起こりがちだ。このような犯罪は許されるものではないが、根本的な対策は不可能であるというのも事実である。

 日本のネット銀行は、安全に対する完璧さを求めすぎる日本社会を背景に、すでに過剰なセキュリティ対策が取られている。これによってユーザーの利便性が犠牲になっている。
 ネット先進国である米国では、何種類ものパスワードを利用者に用意させたり、乱数票を利用者に渡す銀行はほとんどない。通常はユーザーIDとパスワードだけの認証だ。だがシステム側に工夫がなされており、普段利用者が使っているパソコンとは別のパソコンでアクセスした場合には誕生日を質問したり、メールにもうひとつのパスワードを送るなど、動的で柔軟な対応をしている。

 米国では日本以上に不正アクセスの被害も発生しているが、一定程度、不正アクセス事件が発生することを前提にしており、不正アクセス発覚後の摘発により力点を置いている。

 日本の金融行政は、銀行や監督官庁職員の保身が最優先され、利用者の利便性を著しく犠牲にして成立している。マネロン対策と称して新規口座の開設を事実上禁止するなど、ちょっと異常ともいえる措置だ。新規口座が開設できず、ベンチャー企業の会社設立が滞る事例も起きている。そんなことをやっていては、日本の経済はどんどん縮小してしまう。

 今回の不正アクセス事件をきっかけに、さらに極端なセキュリティ対策が導入されないことを願うばかりだ。

 - 政治, 経済, IT・科学

  関連記事

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …

tmall2014
上場を控えたアリババが4~6月期の決算を公表。取扱高の拡大で業績は好調

 米国で株式の新規公開(IPO)を予定している中国の電子商取引大手アリババは、2 …

imf201604
IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

hongkongrippoukai
香港の議会が非民主的な選挙制度改革案を否決。普通選挙は少なくとも2022年まで持ち越し

 香港の立法会(議会)は2015年6月18日、2017年に行われる次期行政長官選 …

indo
新興国の通貨や株価が大暴落。緩和縮小開始までの投機的な動きか?

 インドやタイ、マレーシアといった新興国の通貨や株式の下落が激しくなっている。イ …

rubio
米大統領選。共和党の隠れた大本命、マルコ・ルビオ氏とはどんな人?

 米国の大統領選に共和党から立候補を表明したマルコ・ルビオ上院議員がメディアから …

young
EUの失業率が過去最悪で若年層対策に1兆円投入。日本での関心は低いまま

 EU(欧州連合)首脳会議は6月27日、若年層の失業対策に2年で総額80億ユーロ …

joseiroudou
女性の賃金が過去最高を更新したのは、皮肉にも日本が貧しくなっているから

 厚生労働省は21日、賃金構造基本統計調査の結果を発表した。それによると、201 …

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …

bouekitoukei201312
12月の貿易赤字はさらに拡大。慢性的な経常赤字に備えた政策が急務

 財務省は2014年1月27日、2013年12月の貿易統計を発表した。輸出額から …