ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送金される事件が相次いでいる。

 警察の調べによると、これまでゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行で確認されている。
 このうち郵貯銀行の不正画面は、ポップアップが立ち上がり、暗証番号や合言葉などの入力を促す内容。ポップアップで情報を入力させるといったあたりがかなり不自然なので、気がつく人もいるだろうが、画面デザインが自然な感じであるため、騙される人も多いかもしれない(下の画面)。

 原因は不明だが、銀行側のサーバーには異常がないため、ウイルスによって不正画面への誘導が行われていると考えられる。不正送金先は中国が多いといわれており、全容解明は難しいかもしれない。

 このような事件が発生すると、日本では銀行や監督官庁に対策を強化せよ!というヒステリックな批判が起こりがちだ。このような犯罪は許されるものではないが、根本的な対策は不可能であるというのも事実である。

 日本のネット銀行は、安全に対する完璧さを求めすぎる日本社会を背景に、すでに過剰なセキュリティ対策が取られている。これによってユーザーの利便性が犠牲になっている。
 ネット先進国である米国では、何種類ものパスワードを利用者に用意させたり、乱数票を利用者に渡す銀行はほとんどない。通常はユーザーIDとパスワードだけの認証だ。だがシステム側に工夫がなされており、普段利用者が使っているパソコンとは別のパソコンでアクセスした場合には誕生日を質問したり、メールにもうひとつのパスワードを送るなど、動的で柔軟な対応をしている。

 米国では日本以上に不正アクセスの被害も発生しているが、一定程度、不正アクセス事件が発生することを前提にしており、不正アクセス発覚後の摘発により力点を置いている。

 日本の金融行政は、銀行や監督官庁職員の保身が最優先され、利用者の利便性を著しく犠牲にして成立している。マネロン対策と称して新規口座の開設を事実上禁止するなど、ちょっと異常ともいえる措置だ。新規口座が開設できず、ベンチャー企業の会社設立が滞る事例も起きている。そんなことをやっていては、日本の経済はどんどん縮小してしまう。

 今回の不正アクセス事件をきっかけに、さらに極端なセキュリティ対策が導入されないことを願うばかりだ。

 - 政治, 経済, IT・科学

  関連記事

asean20141114
韓国が日中韓首脳会談の開催に言及。実現に向けて調整が始まっているが・・・

 約2年半ぶりに日中首脳会談が実現したことで、日中、日韓の外交が大きく動き出す可 …

shanhai
4月の中国主要経済統計。穏やかな回復は続いているが状況は今ひとつ

 中国国家統計局は5月13日、4月の主要経済指標を発表した。全体として強弱まちま …

viralmedia
今注目のバイラル・メディアは、ネット媒体の収益化に関する壮大な実験場

 米国でバイラル・メディアと呼ばれる新しいネット・メディアが急成長している。日本 …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

google2014
無敵のグーグルがとうとう失速開始?拡大の一途を辿ってきたクリック数が減少

 これまで破竹の勢いだったグーグルにとうとう失速の兆しが出てきた。同社は2014 …

tosho05
個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及 …

honkon
中国当局が香港の自治に関する白書を発表。中国による統治の正当性を強調

 中国国務院報道弁公室は2014年6月10日、香港の自治に関する白書を発表した。 …

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …

chintaiapart
民法改正で不動産賃貸業は本格的なサービス産業に脱皮できるか?

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は2014年8月26日、民法における債権関係 …

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …