ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

やっぱり革命政党?共産党が議員のラブラブ路チュー写真に激怒

 

 共産党の女性議員の路チュー写真が週刊誌に掲載された件で、共産党が激怒している。写真を掲載した週刊新潮に対して「常軌を逸している」と厳しく批判している。
 ところが掲載された本人はツイッターで「今、真剣につきあっている人がいます。幸せです」と発言し、まったく意に介していない様子。
 権力者の私生活がオープンにされることに対しては、ロシアや中国など、独裁的な国ほどタブー視され、民主的な国ほど寛容という傾向が見られる。共産党の強硬な対応に、かつての革命政党としての本音が垣間見られたとの声も聞かれる。

sinchounakazuri

 写真を掲載されたのは、吉良佳子参議院議員(31)。共産党のアイドルといわれており、2013年7月の参院選では70万票を超える票を獲得した。ツイッターは約1万7500のフォロワーを抱えているという。
 キスのお相手はやはり共産党員で不倫などではなく真剣交際。
 週刊新潮のタイトルは「共産党アイドル『吉良佳子議員』の革命的接吻」という、ふざけたものだが、心に余裕があれば有名税程度に聞き流せるものである。実際、吉良議員はまったく意に介しておらず、記事の掲載と前後して、上記の真剣交際宣言を行っている。

 この件について激怒したのは本人ではなく共産党。週刊新潮に対して「常軌を逸した取材」として激しく攻撃している。あまりの激高ぶりに、党をよく知る人からは「かつての革命政党の本音が出てしまった」との声が聞かれる。

 ロシアや中国など非民主国家では、権力者の私生活について一般国民が語るのはそれ自体が一種の犯罪となっている。民主国家の中でも革命政権としての性格が色濃く残るフランスでは、今でも権力者の私生活はタブーである。権力者の私生活がコンテンツとして大量消費される米国や英国とは大きく異なっている。

 日本共産党は戦後、暴力革命を否定し議会政党に生まれ変わっている。最近では社会民主主義的なスタンスを強め、リベラル層の取り込みを図っている。吉良議員は、まさに現代の共産党を象徴する人物といってよい。
 今回の件について、共産党が「大人の恋愛ですから、暖かく見守ってください」とでもコメントしていれば、共産党は変わったと印象付けられたかもしれない。だが現実の対応はまったくの反対であった。

 もっとも、日本は経済的地位の低下に伴い、社会全体の寛容性がなくなりつつある。議員の私生活に関する報道に過剰反応する与党政治家も多い。不倫相手が4人もいると国会で追及され、「正確には5人です」と答弁した三木武吉のようなおおらかな政治家はもはや歴史上の話でしかない。
 政権与党ですらこのような状況であることを考えると、共産党がこのような反応になってしまうのは、仕方のないことかもしれない。

 - マスコミ, 政治, 社会 , ,

  関連記事

oecdskill
OECDによる能力調査。日本人は3分野のうち2分野で1位なのだが、何とITスキルでは?

 OECD(経済協力開発機構)は10月8日、世界24カ国を対象した国際成人力調査 …

chukojutaku
公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ …

3SHA03
フランス政府がネット企業が保有するビックデータに課税を検討。だが実現は懐疑的?

 フランス財務省は、GoogleやAmazonなどグローバルに展開する米国のネッ …

tosho03
公的年金が海外インフラ投資への参入を検討。国内の株式はどうするの?

 日本の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用指針の …

babysitta
ベビーシッターの届け出制を厚労省が検討開始。果たして根本的な解決になるのか?

 厚生労働省は2014年8月4日、ベビーシッターのあり方に関する有識者委員会の初 …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

abeaso
見かけ上?好調なGDPの数値から、安倍政権内部で消費増税先送り論が台頭。

 2013年1~3月期の国内総生産(GDP)の数値が好調だったことから、参院選を …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

kiha183
JR北海道の連続列車火災事故。根本原因はかなり深刻との声も

 JR北海道の特急列車で連続して火災が発生した問題をうけて、JR北海道は事故車両 …

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …