ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

やっぱり革命政党?共産党が議員のラブラブ路チュー写真に激怒

 

 共産党の女性議員の路チュー写真が週刊誌に掲載された件で、共産党が激怒している。写真を掲載した週刊新潮に対して「常軌を逸している」と厳しく批判している。
 ところが掲載された本人はツイッターで「今、真剣につきあっている人がいます。幸せです」と発言し、まったく意に介していない様子。
 権力者の私生活がオープンにされることに対しては、ロシアや中国など、独裁的な国ほどタブー視され、民主的な国ほど寛容という傾向が見られる。共産党の強硬な対応に、かつての革命政党としての本音が垣間見られたとの声も聞かれる。

sinchounakazuri

 写真を掲載されたのは、吉良佳子参議院議員(31)。共産党のアイドルといわれており、2013年7月の参院選では70万票を超える票を獲得した。ツイッターは約1万7500のフォロワーを抱えているという。
 キスのお相手はやはり共産党員で不倫などではなく真剣交際。
 週刊新潮のタイトルは「共産党アイドル『吉良佳子議員』の革命的接吻」という、ふざけたものだが、心に余裕があれば有名税程度に聞き流せるものである。実際、吉良議員はまったく意に介しておらず、記事の掲載と前後して、上記の真剣交際宣言を行っている。

 この件について激怒したのは本人ではなく共産党。週刊新潮に対して「常軌を逸した取材」として激しく攻撃している。あまりの激高ぶりに、党をよく知る人からは「かつての革命政党の本音が出てしまった」との声が聞かれる。

 ロシアや中国など非民主国家では、権力者の私生活について一般国民が語るのはそれ自体が一種の犯罪となっている。民主国家の中でも革命政権としての性格が色濃く残るフランスでは、今でも権力者の私生活はタブーである。権力者の私生活がコンテンツとして大量消費される米国や英国とは大きく異なっている。

 日本共産党は戦後、暴力革命を否定し議会政党に生まれ変わっている。最近では社会民主主義的なスタンスを強め、リベラル層の取り込みを図っている。吉良議員は、まさに現代の共産党を象徴する人物といってよい。
 今回の件について、共産党が「大人の恋愛ですから、暖かく見守ってください」とでもコメントしていれば、共産党は変わったと印象付けられたかもしれない。だが現実の対応はまったくの反対であった。

 もっとも、日本は経済的地位の低下に伴い、社会全体の寛容性がなくなりつつある。議員の私生活に関する報道に過剰反応する与党政治家も多い。不倫相手が4人もいると国会で追及され、「正確には5人です」と答弁した三木武吉のようなおおらかな政治家はもはや歴史上の話でしかない。
 政権与党ですらこのような状況であることを考えると、共産党がこのような反応になってしまうのは、仕方のないことかもしれない。

 - マスコミ, 政治, 社会 , ,

  関連記事

sasagotonneru
日本の公共インフラはボロボロ?中央道で天井崩落。無謀な公共投資のツケか?

 中央自動車道の笹子トンネル(全長4455メートル)で2日、コンクリート製の天井 …

asahidigitalkiji
小保方氏を茶化した朝日新聞デジタルのコラム削除問題は、日本ならでは

 理化学研究所の小保方晴子氏が歌手デビューするという、「嘘」を題材にした朝日新聞 …

misutoraru
ロシアによるフランスからの揚陸艦購入は北方領土配備のため?

 ロシアによるフランス製強襲揚陸艦の購入が、北方領土対策のために行われたという、 …

no image
英国の独立委員会がマスコミの自主規制を勧告。自主規制だらけの日本とは正反対

 タブロイド紙による有名人への電話盗聴事件をきっかけに英政府が立ち上げた独立調査 …

abetouben
安倍政権が考える言論の自由と民主党が考える言論の自由

 与野党の間で「言論の自由」の考え方をめぐって論争となっている。安倍首相がテレビ …

yasukuni
安倍首相が靖国参拝を見送った背景。秋の臨時国会における重要課題を最優先か?

 安倍首相は終戦記念日の靖国神社参拝を見送った。自民党総裁として私費で玉串料を奉 …

abe201405
集団的自衛権見直しの報告書提出へ。ただ公明への配慮から閣議決定時期は流動的

 集団的自衛権の行使に関する憲法解釈見直しを議論している安倍首相の私的懇談会は、 …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

kaikeikensain
会計検査院が独法のずさんな出資先管理を指摘。問題の本質はどこに?

 独立行政法人が出資する関連会社の中で、経営が困難になっていたり、投資資金が回収 …