ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

とうとう物価上昇にブレーキ!日銀の追加緩和策はどうなるのか?

 

 総務省は2014年3月28日、2014年2月の消費者物価指数を発表した。各指標とも前年同月比では順調な伸びだが、前月比ではプラス0.1%の水準にとどまった。物価上昇ペースが鈍化していることが鮮明になってきている。

bukkajoushou

 代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」は前年同月比でプラ ス1.3%と上昇したが、前月比では0.1%の上昇にとどまった。「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」についても前年同月比では0.8%の上昇だが、前月比では同じく0.1%となっている。

 量的緩和策の導入後、国内では物価上昇が順調に進んできた。だが、自律的な経済成長に伴うものというよりは、円安による輸入価格上昇の影響が大きいといわれてきた。
 実際、円安が一服し、輸入価格の他の品目への波及が一段落すると、物価上昇のペースが鈍ってきた。これまでの物価上昇は輸入インフレであった可能性が高い。

 日銀もそのことはよく理解しており、黒田総裁も1月の段階ですでに「今後、半年程度は消費者物価の前年比上昇率は1%台前半で推移する」との見方を示している。また当初から高いインフレ目標には懐疑的であった木内審議委員は、今後の物価上昇について慎重な見方を示している。

 市場では日銀の追加緩和がいつになるのかについて注目が集まっており、次回の金融政策決定会合で追加緩和に踏み切るとの予想もある。消費税増税とも重なり、景気のテコ入れという意味ではよいタイミングかもしれない。だが日銀が物価上昇の真の原因は円安であると強く認識していた場合、そのシナリオは成立しない可能性がある。

 今年の春闘は、政府が企業に対して賃上げを要請するという異例の展開となった。連合では平均で2%以上の賃上げを獲得したとしているが、あくまで大企業に限られたものであり、しかも企業ごとのバラツキは大きい。相対的に年収の低い非正規労働者の数が増加していることも考え合わせると、実質的に賃上げは1%以下の水準にとどまったと考えるべきだろう。
 そうなると、昨年の物価上昇率(コア指数)である1.3%と比較して、実質には賃下げということになってしまう。この状態で円安が進めば、輸入物価がさらに上昇し国民の生活が苦しくなることは明白だ。

 半年間は物価が上がらないという黒田総裁の発言が、このあたりまで見越したものであるならば、次回の決定会合での追加緩和の可能性は低くなる。その場合、追加緩和は消費税増税の景気への影響を確認してからという、ゆっくりとしたスケジュールになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

no image
米国の大手書店でカード読取機が改ざん。カード情報が不正に流出

 米国の書店大手バーンズアンドノーブルは24日、全米の63店舗でカード読取装置が …

matsuura
エイベックス松浦氏の富裕層イジメ発言を評価する際に注意すべき点とは?

 エイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人氏による、日本は富裕層に …

eigyou
営業は「キャラ」が重要なので、AIが普及しても消滅しないというアンケート結果は本当か?

 AI時代になると多くの仕事が消滅するというのは、すでに社会の共通認識となりつつ …

tokyotower
消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態 …

google2014
さらに安定成長に向かうグーグル。市場は次のブレークスルー待ち

 米グーグルは2015年1月29日、2014年10~12月期の決算を発表した。こ …

sonmasayosi
ソフトバンクの営業利益が1兆円超え。アリババ上場で4兆円の含み益も

 ソフトバンクは2014年5月7日、2014年3月期の決算を発表した。かねてから …

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

contena
韓国大統領選はFTAをめぐって政策が真っ二つ。日本のTPP論争にも影響か?

 12月に行われる韓国大統領選挙において、2大候補者の経済政策が真っ二つに割れて …

no image
経済優等生のブルガリアがユーロ加盟を拒否。ユーロ圏拡大にブレーキ

 ユーロ導入を検討していたブルガリアが、EUの将来性が見込めないことから、導入を …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …