ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いまだに解決の糸口が見えていない。
 台湾の中国化に対する危機感が抗議行動の背景だが、台湾独立が現実的であった2000年代前半と比べると、状況は様変わりしている。中国の地位は圧倒的になり、米国も台湾独立はもはや視野に入れていない。香港と同様、中国の存在を大前提にした民主化運動という位置付けになりつつある。

taiwangakusei

 学生の抗議行動のきっかけとなったのは、台湾政府が2013年に中国と調印したサービス貿易協定。密室で決められた協定であり、台湾の中小企業への打撃が大きいとして野党の民進党などが激しく反発している。
 学生はこの協定問題をきっかけに3月17日から国会に相当する立法院の占拠を続けている。ただ、サービス貿易協定はあくまできっかけであり、その背後には、台湾の中国化という大きな問題が横たわっている。

 台湾(中華民国)は、中国共産党との内戦に敗れ、現在の場所に逃れて以降、中国と敵対してきた。当初、米国や日本は台湾を正式な国家とみなしていたが、中国の台頭によって状況が変化、1979年に米国は中国と正式に国交を結んだ。
 だが米国は中国への牽制という意味から、台湾への支援も続けており、米国内での台湾支持派は「チャイナロビー」といわれ絶大な政治力を維持してきた。

 だがここ10年で中国がさらに躍進し世界的大国になったことで、米国内の状況が変化してきた。最近では台湾への支援を停止すべきとの声も公然と上がるようになってきている。
 また台湾人の意識もかなり変わってきた。中国が途上国だった時代には台湾の方が圧倒的な経済力を持っており、1990年代の後半から2000年代の前半にかけては独立運動が最高潮となっていた。だが台湾と中国の経済的な立場は完全に逆転し、中国側の切り崩し工作によって、独立運動はかなり下火になってきている。

 中国は台湾の中国寄りの実業家に手厚い保護を本土で与え、台湾経済の中国化を進めてきた。台湾企業でありながら、中国本土をベースに世界的企業にのし上がり、iPhoneの製造を一手に引き受けるようになった鴻海(ホンハイ)精密工業はその典型である。

 現在の学生らによる抗議活動はいわゆる独立運動ではなく、圧倒的な経済力を持つ中国の存在を前提にした民主化運動ということになる。
 一方、中国も、軍事力を背景にした台湾の強引な併合は現実的シナリオではなくなっている。経済的な統合を深め、実質的に台湾を取り込んでいく戦略を進めていく可能性が高い。

 - 政治 , , ,

  関連記事

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …

harumitoriton
甘利氏辞任ではからずも注目されてしまった、政府最後の聖域「UR」という大問題

 甘利経財相は2016年1月28日、記者会見を開き、自らの金銭問題に対する責任を …

brennan
オバマ大統領がCIA長官に指名したブレナン氏。諜報活動一筋で決して笑わない人物

 オバマ米大統領は7日、不倫問題で辞任したCIAのペトレイアス前長官の後任として …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …

mistral
すぐにでも強襲揚陸艦の引き渡しを実施したいフランスとロシアのホンネ

 フランス政府は2014年9月3日、ロシアに提供される予定であったミストラル級強 …

rikokyoroise
米有力議員団が中国と韓国を相次いで訪問。従軍慰安婦問題が急浮上の可能性も

 米下院外交委員長のエドワード・ロイス議員を中心とした米議員団が中国と韓国を相次 …

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …

no image
オイルマネーがフランスの貧困地区整備事業に進出。是非を巡って議論噴出

 フランスでは、オイルマネーを使って貧困地区整備事業を行うプランが浮上し話題とな …

anchols
韓国大統領選挙。無所属の安候補が突然辞退。不透明さが漂う韓国社会

 韓国大統領選挙の野党候補一本化交渉の当事者であった安哲秀ソウル大学教授が23日 …

joumuiin02
完全保存版!中国共産党次期最高幹部7名の素顔と人物相関図

 中国の次期最高指導部である政治局常務委員7名が決定した。注目されていた胡錦濤グ …