ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いまだに解決の糸口が見えていない。
 台湾の中国化に対する危機感が抗議行動の背景だが、台湾独立が現実的であった2000年代前半と比べると、状況は様変わりしている。中国の地位は圧倒的になり、米国も台湾独立はもはや視野に入れていない。香港と同様、中国の存在を大前提にした民主化運動という位置付けになりつつある。

taiwangakusei

 学生の抗議行動のきっかけとなったのは、台湾政府が2013年に中国と調印したサービス貿易協定。密室で決められた協定であり、台湾の中小企業への打撃が大きいとして野党の民進党などが激しく反発している。
 学生はこの協定問題をきっかけに3月17日から国会に相当する立法院の占拠を続けている。ただ、サービス貿易協定はあくまできっかけであり、その背後には、台湾の中国化という大きな問題が横たわっている。

 台湾(中華民国)は、中国共産党との内戦に敗れ、現在の場所に逃れて以降、中国と敵対してきた。当初、米国や日本は台湾を正式な国家とみなしていたが、中国の台頭によって状況が変化、1979年に米国は中国と正式に国交を結んだ。
 だが米国は中国への牽制という意味から、台湾への支援も続けており、米国内での台湾支持派は「チャイナロビー」といわれ絶大な政治力を維持してきた。

 だがここ10年で中国がさらに躍進し世界的大国になったことで、米国内の状況が変化してきた。最近では台湾への支援を停止すべきとの声も公然と上がるようになってきている。
 また台湾人の意識もかなり変わってきた。中国が途上国だった時代には台湾の方が圧倒的な経済力を持っており、1990年代の後半から2000年代の前半にかけては独立運動が最高潮となっていた。だが台湾と中国の経済的な立場は完全に逆転し、中国側の切り崩し工作によって、独立運動はかなり下火になってきている。

 中国は台湾の中国寄りの実業家に手厚い保護を本土で与え、台湾経済の中国化を進めてきた。台湾企業でありながら、中国本土をベースに世界的企業にのし上がり、iPhoneの製造を一手に引き受けるようになった鴻海(ホンハイ)精密工業はその典型である。

 現在の学生らによる抗議活動はいわゆる独立運動ではなく、圧倒的な経済力を持つ中国の存在を前提にした民主化運動ということになる。
 一方、中国も、軍事力を背景にした台湾の強引な併合は現実的シナリオではなくなっている。経済的な統合を深め、実質的に台湾を取り込んでいく戦略を進めていく可能性が高い。

 - 政治 , , ,

  関連記事

tenanmon
中国がネット検閲に加えて、利用者の実名登録を法制化。言論弾圧を強める

 中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)常務委員会は28日、インターネット …

no image
民主党政権の機密費は何と35億円。でもリッチな鳩山サンは少ないぞ!

 民主党政権発足から約3年が経過したが、これまでの間に35億2000万円の内閣官 …

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …

bento
弁当の路上販売規制問題。利害関係者が自説を堂々と主張しない日本の社会風土

 東京都は最近増加している弁当の路上販売について規制強化の検討を始めている。すで …

mujinki02
オバマ大統領が無人機の運用厳格化を表明。グアンタナモ基地の閉鎖は進まず

 オバマ米大統領は5月23日、ワシントンの国防大学で演説を行い、無人機を使った対 …

koubunshokan
日本の秘密保持、公文書管理、情報公開はそもそもどのような体系になっているのか?

 政府は秋の臨時国会に特定秘密保護法案を提出する。この法案に対しては知る権利をめ …

no image
アラブの春の副作用?イスラム圏で時代に逆行する出来事が連発

 アラブの春をきっかけに民主化運動が進んでいるかのよう見えるイスラム諸国で、時代 …

abe001
政府の緊急経済対策がまとまる。内訳は公共事業とファンドを使った事実上の補助金

 安倍政権の目玉政策である緊急経済対策の規模と内容が明らかになった。政府が支出す …

snowden
米国で国民監視システムの存在が明らかに。本質的問題は市民のプライバシーにあらず

 米国家安全保障局(NSA)がグーグルやベライゾンといったネット企業や通信会社か …

merukerurikokyo02
中国の李首相がドイツでメルケル首相と会談。気をよくしたのか対日批判「舌」好調

 中国の李克強首相は5月26日、ドイツを訪問しベルリンでメルケル首相と会談した。 …