ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ミシェル・オバマ大統領婦人が、わざわざ単独で中国を訪問した理由

 

 米中の外交が活発化してきている。2014年2月にはケリー国務長官が中国を訪問、3月に入ると今度はミシェル・オバマ大統領夫人が単独で中国を訪問した。同じタイミングでオバマ大統領がオランダのハーグで習近平国家主席と首脳会談を実施したほか、民間レベルではツイッターのCEOが中国を訪問している。

obamafujinchina

 米中両国は2013年6月の米中首脳会談以降、定期的に会合を持ち、今後の米中関係について協議を行ってきた。今年は米国と中国にとって国交樹立35周年にあたる節目の年となっており、交渉の進展が期待されている。相次ぐ要人の会談はその地ならしとみられている。

 その中でも特に注目を集めているのが、ミシェル夫人の訪中である。ミシェル夫人の訪中は、3月19日から26日までの約1週間の日程で実施された。オバマ大統領とは完全に別行動で、母親と2人の娘が同行している。

 夫人は21日、北京で習近平国家主席と会談したほか、習氏の婦人である彭麗媛氏の付き添いで世界遺産の「故宮」などを見学した。さらに陝西省西安市、四川省成都市などを訪問し、積極的なファーストレディ外交を行った。
 同じ時期、オバマ大統領と習氏はオランダ・ハーグで開かれていた核サミットで首脳会談に臨んだが、習氏は「ミシェル夫人がよろしくと言ってました」と発言し、会場を笑わせる一幕もあった。

 このような形でファーストレーディが中国を訪問するのは極めて異例のことであり、その真意をめぐって、国際社会では様々な憶測が飛び交っている。

 今回の訪中の目的のひとつは、チベット問題への対処といわれている。米国は11月に中間選挙を控えており、オバマ大統領は2月、国内人権派の票固めを目的にチベットのダライ・ラマ14世と会談している。米国は記者会見なども行わないなど中国への配慮を示したが、中国は猛烈に抗議している。
 今回ミシェル夫人は成都でチベット料理店を訪問し、チベット系住民との対話を行った。中国が少数民族の権利を保護しているという立場を正当化する演出といえる。これはオバマ大統領がダライ・ラマと会談したことに対する埋め合わせと理解されている。

 米国の最大の関心事は経済にあり、米中関係においてもそれは同様である。必ずしも安全保障問題が主要テーマというわけではない。米中間での投資協定の締結、中国のTPP参加を視野に入れた貿易交渉、金融市場の自由化など経済・金融に関する幅広いテーマが存在している。

 日本国内には、日中関係の悪化から、安全保障に軸足を置いた米国の中国封じ込め策を期待する雰囲気がある。また歴史認識問題に代表されるように、日本の立場や考え方を米国に理解して欲しい、あるいは、なぜ理解してくれないのだというフラストレーションが存在している。政権幹部からは、共和党政権になれば状況はよくなるはずだという妄想に近い発言すら飛び出している。

 だが当の米国は、党派を超えてまったく違うことを考えている可能性がある。靖国参拝に対する「失望」声明や、日韓首脳会談の斡旋といった米国側の言動についても、米中の経済交渉という軸を中心に解釈すれば、すべて辻褄があう。
 戦後70年間続いてきた日米安保体制は中国の台頭を前に完全に変質している。米国への過度な期待や反発という一種の駄々っ子は、もはや通用しない。

 - 政治 , ,

  関連記事

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

shirakawae
安倍首相が日銀に4月までに物価目標の道筋を付けるよう要望。困った日銀はどうする?

 政府は24日、首相官邸で3回目となる経済財政諮問会議を開き、金融政策と物価に関 …

pakukune
韓国における中国の存在感が急上昇。まるで「冊封」時代に逆戻りとの声も

 中国の台頭と日韓関係の悪化によって、韓国における中国の扱いが急激に変化している …

shukinpeibaeikyu
中台首脳が66年ぶりの歴史的会談へ。だが台湾総統選挙には逆効果?

 中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統が2015年11月7日、シンガポールで会 …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

cop20a
京都議定書に変わる新しい枠組みを議論するCOP20。米中欧主導で日本は不利に?

 地球温暖化対策に関する国連の会議「COP20」が、南米ペルーで12月2日から開 …

kuroda
本当はコワイ、日銀・黒田新総裁の主張。日本人は理解しているのか?

 日銀の白川総裁は3月19日、退任記者会見に臨んだ。白川総裁は、デフレを脱却と持 …