ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープが中間決算を発表。同社が初めて倒産のリスクについて言及

 

 シャープが1日、中間決算を発表した。

 半期の売上げは約1兆1000億円で前年同期比16%のマイナス。営業損益は市場の予想通り、約1700億円の赤字であった。
 これをうけて通期の見通しは、売上高2兆4600億円、純損益は4500億円の赤字を見込んでいる。前期に引き続いて巨額の赤字計上となる。
 今回の決算短信には、「継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております」との文言が記載され、同社としては初めて倒産のリスクが存在することを認めた。

 4500億円の赤字はすでに市場で予想されていたので、今回の決算発表にはそれほどのサプライズはない。だが気になるのは、巨額赤字の内訳である。本体の営業赤字に加えて、液晶パネルの在庫処分が1000億円にものぼっている。
 すでに生産した商品であり、キャッシュフローに直接影響を与えるものではないが、液晶パネルで巨額の減損を出しているということは、同社の戦略商品が今後も売れる見込みが立っていないことを示している。やはり、同社が自力復活するのは難しく、鴻海のような大きな発注元との提携が必須の条件になってくるだろう。

 ところでシャープは、赤字の内訳のほとんどを「構造改革費用」として説明しており、大手マスコミの多くがこの用語をそのまま報道している。
 だが、構造改革費用は同社の造語であり、実態は固定資産や在庫の減損処理である。構造改革というと聞こえはよいが、前向きな内容は何も含まれていない。相変わらず大手マスコミは取材先の単なる広報宣伝マンのままだ。

 - マスコミ, 経済

  関連記事

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

kousokumuryouka
GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。 …

no image
日本の富裕層は124万世帯。格差拡大はこれからが本番?

 コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループは2014年6月 …

no image
機械受注は15.7%の大幅マイナス。ただ長期トレンドは今後の数値を見極める必要あり

 内閣府は2014年2月12日、2013年12月の機械受注統計を発表した。主要指 …

bouekitoukei201403
3月の貿易赤字は1兆4463億円。赤字拡大のトレンドは継続している

 財務省は2014年4月21日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

bouekitoukei201308
8月の貿易統計。貿易赤字体質は変わらないものの、輸出価格下落に歯止め?

 財務省は9月19日、8月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

tosho05
新興国不安から世界同時株安?だがこの動きは、多くの市場関係者が予測していた

 新興国の通貨安をきっかけに世界同時株安の状況となってきている。ドル円の為替相場 …

toyotausa
円安にも関わらず自動車メーカーが次々と国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ突入

 円安が進行しているにも関わらず、自動車メーカーが国内生産を縮小させている。トヨ …

siemense
GEやシーメンスが相次いでソフト会社を買収。IoT陣営作りは最終段階?

 IoT(モノのインターネット)時代の到来を見据え、世界レベルの業界再編が相次い …