ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調査会では、課税ベース拡大に関する論点整理が始まっているが、すでに税の優遇を受けている企業からの反発も予想される。税の公平さは、安倍政権が掲げるイノベーションの活性化や海外資本の誘致には欠かせないテーマである。これを貫徹できるのかが、法人減税のカギとなりそうだ。

mof03

 現在、日本の法人税の実効税率は35.7%と相対的に高く、これが企業の競争力を低下させたり、海外からの資本流入を妨げているとされる。
 実際にそうなのかはともかくとして、法人減税はこの税率を引き下げることで、経済を活性化させようというプランである。

 しかし単純に税率だけを引き下げてしまうと、税収が一気に減ってしまうことが予想される。そこで、各種の税制優遇措置を見直し、公平な税制にすることで、減税は行うものの、税収は確保するというのが、課税ベース拡大の狙いである。

 日本の実効税率は35.7%と書いたが、実際に日本の企業が払っている法人税はもっと少ない。日本には「租税特別措置」をはじめとする各種の優遇税制があり、実質的には20%程度しか税金を支払っていない企業が多いのだ。
 こうした優遇措置は、製造業と建設業に集中しており、その中でもさらに特定業種に適用が集中するケースが多くなっている。例えば機械工業は、これらの優遇税制の恩恵で、実際には10%程度しか法人税を払っていない。外資系企業やベンチャー企業はこうした恩恵を受けにくく、日本市場の見えない参入障壁になっている。

 日本全体では約8兆円の法人税収があるが、こうした優遇措置をなくせば、倍の16兆円の税収が得られる可能性がある(所得控除などを除く)。法人税率を引き下げると同時に、これらの優遇税制を見直し、各社を対等に処遇することで、税率引き下げの効果を得ながら、税収の落ち込みを防ぐという算段である。

 現状のまま、税率だけを引き下げれば、特定企業だけが優遇される状況には変化がなく、日本に進出しようとしている海外資本やベンチャー企業にとっては魅力的な税制にならない。もし法人減税が、安倍政権が主張するように、産業の活性化や海外資本の誘致を目的としたものなのであるならば、課税ベースの拡大は避けては通れない課題といってよいだろう。

 だが、すでに優遇税制を受けている旧来型の大企業からは反発が予想される。同じ減税の実施でも、そのやり方によっては、構造改革にもなるし、バラマキにもなる。法人減税の進め方は、安倍政権が本当はどちらの方向を向いているのかを示すよいリトマス試験紙になるだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

HEINZ
バフェット氏がケチャップのハインツを丸ごと買収。ケリー国務長官も大儲け?

  ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは14日、投 …

keidanren2015teigen
経団連が8年ぶりに総合的な政策提言書を作成。かくしてその中身は?

 経団連は2015年1月1日、2030年までの国家ビジョンを示す政策提言「『豊か …

jinminkaihogun
中国人民解放軍が大規模な組織改編。軍の近代化と地域利権の排除が狙いか?

 中国人民解放軍は2016年2月1日、従来の軍区に代わり、新しく戦区という区域を …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

jbicwatanabe
経常赤字転落でマーケットが混乱するという通貨マフィア発言の真意とは?

 経常収支の赤字転落で市場が混乱するかもしれないという、国際協力銀行の渡辺総裁の …

jinkochinoibm
メガバンクで人工知能の活用が本格化。新産業革命の時代はすぐそこ?

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化している。制約条件の多い銀行業務での …

murayamakato
村山元首相と加藤元幹事長が中国を訪問。元気満々な村山氏と足元がフラつく加藤氏

 親中国派の政治家として知られている村山富市元首相と加藤紘一元自民党幹事長が28 …

hagel02
ヘーゲル氏の国防長官承認。ケリー国務長官とともに、本格的なオバマ外交が始動

 米上院軍事委員会は12日、次期米国防長官に指名されているチャック・ヘーゲル元上 …

hitachiturbin
三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …