ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調査会では、課税ベース拡大に関する論点整理が始まっているが、すでに税の優遇を受けている企業からの反発も予想される。税の公平さは、安倍政権が掲げるイノベーションの活性化や海外資本の誘致には欠かせないテーマである。これを貫徹できるのかが、法人減税のカギとなりそうだ。

mof03

 現在、日本の法人税の実効税率は35.7%と相対的に高く、これが企業の競争力を低下させたり、海外からの資本流入を妨げているとされる。
 実際にそうなのかはともかくとして、法人減税はこの税率を引き下げることで、経済を活性化させようというプランである。

 しかし単純に税率だけを引き下げてしまうと、税収が一気に減ってしまうことが予想される。そこで、各種の税制優遇措置を見直し、公平な税制にすることで、減税は行うものの、税収は確保するというのが、課税ベース拡大の狙いである。

 日本の実効税率は35.7%と書いたが、実際に日本の企業が払っている法人税はもっと少ない。日本には「租税特別措置」をはじめとする各種の優遇税制があり、実質的には20%程度しか税金を支払っていない企業が多いのだ。
 こうした優遇措置は、製造業と建設業に集中しており、その中でもさらに特定業種に適用が集中するケースが多くなっている。例えば機械工業は、これらの優遇税制の恩恵で、実際には10%程度しか法人税を払っていない。外資系企業やベンチャー企業はこうした恩恵を受けにくく、日本市場の見えない参入障壁になっている。

 日本全体では約8兆円の法人税収があるが、こうした優遇措置をなくせば、倍の16兆円の税収が得られる可能性がある(所得控除などを除く)。法人税率を引き下げると同時に、これらの優遇税制を見直し、各社を対等に処遇することで、税率引き下げの効果を得ながら、税収の落ち込みを防ぐという算段である。

 現状のまま、税率だけを引き下げれば、特定企業だけが優遇される状況には変化がなく、日本に進出しようとしている海外資本やベンチャー企業にとっては魅力的な税制にならない。もし法人減税が、安倍政権が主張するように、産業の活性化や海外資本の誘致を目的としたものなのであるならば、課税ベースの拡大は避けては通れない課題といってよいだろう。

 だが、すでに優遇税制を受けている旧来型の大企業からは反発が予想される。同じ減税の実施でも、そのやり方によっては、構造改革にもなるし、バラマキにもなる。法人減税の進め方は、安倍政権が本当はどちらの方向を向いているのかを示すよいリトマス試験紙になるだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

kokkaigijido02
選挙権の年齢が18歳以上に引き下げ。しかし成人年齢は20歳のまま

 選挙権の年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が2015 …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

yozawa
ネオヒルズ族与沢翼氏が資金ショートを告白。その理由は何と巨額の税金

 暴走族からネット起業家に転身し、1秒間に1億円稼ぐと豪語していた、フリーエージ …

lottehoteru
ロッテグループのお家騒動で再び注目される、韓国の循環出資構造

 経営をめぐって創業家内部の争いが続いていたロッテホールディングスは2015年8 …

mox
プルサーマル計画の意義が薄れる中、震災後初となるMOX燃料が高浜原発に到着。

 関西電力高浜原発3号機で使用するMOX燃料(ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料 …

lewzaimuchokan
財政再建にメドを付けた米国。財政が悪化する日本。すべては金利次第という驚愕の事実

 米財務省は10月30日、2013年度の財政収支を発表した。財政赤字の規模が当初 …

70nendanwayusikisha
70年談話のための有識者懇報告書は、バランスの取れた妥当な内容

 安倍首相が戦後70年談話のために設置した私的諮問機関「21世紀構想懇談会」は2 …

trumptrade
トランプ大統領が貿易不均衡是正の大統領令にサイン。ターゲットは日独中

 トランプ大統領は3月31日、貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名した。高い関税 …

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

mvc
日本の年金基金などが米国の発電所を買収。インフラ投資のモデルケースとなるか?

 インフラ投資のための共同事業体であるグローバル戦略投資アライアンス(GSIA) …