ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

勉強はできるが、ITはまるでダメ。OECDの調査結果が示す日本人の課題

 

 頭はいいはずなのに、日本はなぜか世界で勝負できない。多くの人が漠然と抱いているこうしたイメージを裏付ける調査結果がOECD(経済協力開発機構)から発表された。日本人は高い学習能力を持っているにも関わらず、ITを使いこなせていないという実態が明らかになった。

itskills 世界の15歳を対象にした学習到達度調査おいて、日本は問題解決能力の分野でシンガポール、韓国に次いで3位となった。昨年12月に公表されている読解力や科学的応用力でも4位となっており、基本的に学力が高いことが証明された。

 もっとも、同調査での成績は2003年に急落、2006年の調査では過去最低(数学的応用力10位、読解力15位など)になったという経緯がある。国内では学力低下を危惧する声が上がり、いわゆるゆとり教育の見直しが始まった。ゆとり見直しの成果かどうかは不明だが、現在、順位は持ち直した状況にある。

 これほど日本人が優秀なのであれば、日本企業は現在でも世界で突出した競争力を持っていておかしくないが、なぜか現実は異なる。日本は世界で勝負できなくなっているという印象を持つ人は多いはずだ。
 この疑問に対するヒントになりそうなのが、ITに関する調査項目である。自宅や学校において問題解決にコンピュータを活用する割合が日本は突出して低いのだ。特に自宅でコンピュータを使う人の割合はOECD加盟国では下から2番目。日本より下には、ツイッターの使用を政府が遮断しているトルコしかいない。勉強はできるが、スムーズにITを使いこなせない頭でっかちな子供がイメージされる結果だ。

 実は、似たような調査結果がもう一つOECDから出ている。成人を対象にしたスキル調査において、日本は「読解力」と「数的思考力」で1位となったが、ITを活用した問題解決能力」は10位と大きく順位を下げる結果となっている。ビジネスの世界でも、ITスキルが足を引っ張る構造が明確になっている。
 ITの登場によって「知」の構造は大きく変化した。かつて、暗記することは非常に重要な課題だったが、現代では、基本的な情報はすべてネット上で公開されている。これらをうまく組み合わせ、新しい価値を生み出すことに知的作業の重心は移っている。

 日本人全般がコンピュータを使う割合が少ないのだとすると、同じ問題を解決するのに多大な時間をかけているか、既存の知識のみを使った問題解決を行っている可能性が高い。日本のホワイトカラーの生産性が、他国よりも著しく低いこととも、この結果と関係している可能性が高い。

 - 社会, 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

frb
FRBが正式に量的緩和策の終了を決定。米国経済は新しい局面を迎えた

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委 …

no image
ダイバーシティを標榜する日本IBM、元社長が盗撮でイメージがガタ落ち

 日本IBMの大歳卓麻元社長が、女性のスカート内を盗撮したとして、警視庁の取り調 …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …

no image
2年連続で過去最大の貿易赤字を更新。日本がインフレになるのはいつか?

 財務省は22日、2012年度上半期(4月~9月)の貿易統計を発表した。それによ …

snowden
米国で国民監視システムの存在が明らかに。本質的問題は市民のプライバシーにあらず

 米国家安全保障局(NSA)がグーグルやベライゾンといったネット企業や通信会社か …

abejosei
4~6月期のGDPは大幅マイナスの見込み。秋以降、政局流動化の可能性も

 来週に発表される4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、大幅なマイナスに …

no image
株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・ …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

kuroda
日銀黒田総裁のホンネはどこに?市場にくすぶるインフレ許容論者説

 日銀は5月22日の金融政策決定会合で、景気判断を上方修正するとともに、前回決定 …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …