ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物価見通しを初めて公表した。全規模全産業による1年後の物価見通しは平均で前年比1.5%の上昇だった。日銀が目標とする2%には達しないものの、物価上昇を予想する企業が多いことが明らかとなった。

bukkajoushou

 日銀は、今回の短観から、企業の物価見通しを新たに調査項目として追加。約1万社に対して、消費者物価指数の見通しを尋ねた。
 このうち1%上昇と答えた企業の割合は29%、2%と回答した企業が19%あった。約半数の企業が1%から2%程度の物価上昇を見込んでいる。一方0%と回答した企業が17%あり、物価に対して慎重な見方が多いことも分かった。

 こうした物価見通しが、量的緩和策による期待インフレなのか、円安による輸入価格上昇の影響によるものなのかについては議論が分かれるところである。ただ、慎重な見方をする企業が多いことを考えると、円安の影響と考えている割合が高そうである。

 これは賃上げの状況にも反映されている。連合は今回の春闘で2%以上の賃上げを実現したとしている。しかし、連合は基本的に大企業中心の組織であり、中小企業には労働組合が存在していないところも多い。
 資本金10億円以上の大企業の多くは、2012年から2013年にかけてすでに賃金を上げており、今回の春闘はその延長線上にある。一方、資本金1000万円から2000万円の中小企業は、昨年は軒並み賃下げとなっており、今回の春闘で直ちに賃上げに転じたとは考えにくい。全体を平均すると昨年は賃下げであり、今回、仮に賃上げとなっても、上昇率は1%を切っているだろう。

 2月の消費者物価指数はコア指数が前年同月比でプラス1.3%となっている。1.5%という企業の見通しが正しいのだとすると、約2年間で物価は2.8%も上昇することになる。
 これに対して賃金は昨年が賃下げだったことを考えると、実質的に伸びはゼロである。消費税の増税も合わせると、国民が実感する購買力の低下は6%近くに達することになる。

 経済が持続的な成長フェーズに入り、毎年、賃上げが実施されるようにならないと、生活実感としては豊かにはならない。こうした状況になるまでには、まだかなりの時間がかかるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

newshaisin
ネット上のニュース配信サービスに参入相次ぐ。だが日本特有のいつもの課題も・・・

 スマホ向けにニュース閲覧アプリを提供するベンチャー企業が相次いでサービスを拡充 …

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

imf201404
米国依存が鮮明になったIMFの最新世界経済見通し。日欧の量的緩和策が次の焦点に

 IMF(国際通貨基金)は2014年4月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

apple2016q3
iPhoneを特別視しているのはもはや日本人だけ。IT業界で進むコモディティ化の波

 米国のITビジネスが大きな転換点を迎えようとしている。米アップルの決算は2四半 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

suntory
サントリーが本体ではなく子会社を上場。経営権は手放したくないがカネだけは欲しいらしい

 サントリーホールディングスは主力子会社で清涼飲料事業を手がけるサントリー食品イ …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

no image
低賃金労働は意外に強い!米国では職の2極分化が急激に進行中。さて日本は?

  NY連銀が米国における30年間の雇用の変化について分析したレポートを発表した …