ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物価見通しを初めて公表した。全規模全産業による1年後の物価見通しは平均で前年比1.5%の上昇だった。日銀が目標とする2%には達しないものの、物価上昇を予想する企業が多いことが明らかとなった。

bukkajoushou

 日銀は、今回の短観から、企業の物価見通しを新たに調査項目として追加。約1万社に対して、消費者物価指数の見通しを尋ねた。
 このうち1%上昇と答えた企業の割合は29%、2%と回答した企業が19%あった。約半数の企業が1%から2%程度の物価上昇を見込んでいる。一方0%と回答した企業が17%あり、物価に対して慎重な見方が多いことも分かった。

 こうした物価見通しが、量的緩和策による期待インフレなのか、円安による輸入価格上昇の影響によるものなのかについては議論が分かれるところである。ただ、慎重な見方をする企業が多いことを考えると、円安の影響と考えている割合が高そうである。

 これは賃上げの状況にも反映されている。連合は今回の春闘で2%以上の賃上げを実現したとしている。しかし、連合は基本的に大企業中心の組織であり、中小企業には労働組合が存在していないところも多い。
 資本金10億円以上の大企業の多くは、2012年から2013年にかけてすでに賃金を上げており、今回の春闘はその延長線上にある。一方、資本金1000万円から2000万円の中小企業は、昨年は軒並み賃下げとなっており、今回の春闘で直ちに賃上げに転じたとは考えにくい。全体を平均すると昨年は賃下げであり、今回、仮に賃上げとなっても、上昇率は1%を切っているだろう。

 2月の消費者物価指数はコア指数が前年同月比でプラス1.3%となっている。1.5%という企業の見通しが正しいのだとすると、約2年間で物価は2.8%も上昇することになる。
 これに対して賃金は昨年が賃下げだったことを考えると、実質的に伸びはゼロである。消費税の増税も合わせると、国民が実感する購買力の低下は6%近くに達することになる。

 経済が持続的な成長フェーズに入り、毎年、賃上げが実施されるようにならないと、生活実感としては豊かにはならない。こうした状況になるまでには、まだかなりの時間がかかるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

goodyeardunrop
フランスの隣接する2つのタイヤ工場の明暗を分けたものは、長時間労働の受け入れだった

 フランス北部アミアンにある2つのタイヤ工場をめぐって、ちょっと変わった事態が発 …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

alipay
中国のメジャー決済サービスが来年上陸。日本人向けにサービスを展開

 中国のネット通販大手「アリババ」が、決済サービス「アリペイ」を日本国内で展開す …

hulu
日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場 …

volcker
FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くな …

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …

subaru
富士重工の半期決算は円高の影響で減収減益。通期の業績は米大統領次第?

 富士重工業が発表した中間決算は、円高が進んだことなどから5年ぶりの減収減益とな …

gekyutoki
GEが家電部門を売却交渉。金融部門の分離に続いて、インフラ事業への集中が加速

 スウェーデンに本社を置く、欧州の家電大手エレクトロラックスは2014年8月14 …