ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。2014年4月3日、ECBのドラギ総裁は、低いインフレ率が続く場合には、非標準的な金融政策を実施する可能性があると発言した。非標準的な金融政策とは量的緩和策のことを指す。

ecb02 欧州では景気の最悪期は脱したが、インフレ率の低迷や失業率の停滞に悩まされている。
 一方、米国はすでに量的緩和縮小を開始しており、今後の金利上昇が視野に入り始めている。日本に続いて欧州が量的緩和を実施することになると、ドル高傾向がさらに顕著になる可能性がある。

  ECBが発表した2014年のインフレ率見通しは1.0%とかなり低め。もともと経済が好調なドイツは、成長率に鈍化が見られるものの、依然として良好な状態を保っている。また英国はほぼ景気回復のフェーズに入り始めている。
 一方、停滞が続くのがもう一方の大国フランスである。フランスの2014年の実質経済成長率見通しはわずかにプラス0.2%、2月の失業率は10.4%と改善する気配はない。経済危機となったスペインの失業率は25%台でこちらも目立った改善が見られない状況だ。
 好調なドイツと英国も、結局はEUのインフラを活用できているからこそ実現できる果実であり、欧州全体としてみれば低迷が続いていることになる。

  ECBはこれまで低金利政策を続けることで、何とか事態に対処してきたが、その政策もそろそろ限界に達しつつある。実際に量的緩和を実施するのかはまだ不透明だが、欧州の低インフレが長引きそうなことは、完全なコンセンサスになった。

 もしECBが量的緩和に踏み切ることになると、日本に引き続いて欧州もマネーを大量供給する政策に舵を切ることになる。中国も景気の失速が顕著になってきており、一時的とはいえ元安誘導を行っている。世界経済の中において、米国だけが突出して好調であり、米国とそれ以外の地域のスタンスが正反対という状況になってしまう。

 米国のGDPは約1700兆円あるが、EU全体ではやはり1700兆円程度の規模があり、中国は約900兆円である。いくら米国が好調といっても、EUと中国が足を引っ張る形になると、いずれ米国の景気にも影響が出てくる可能性がある。いずれにせよ、しばらく膠着していた為替相場が、そろそろ本格的に動き出すことになるかもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

nenkin
年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2012年度の運用状況を …

hitachieikoku
日立が英国鉄道事業で水漏れトラブル。だが、もっと大きな逆風が吹いている?

 日立が総力をあげて取り組んできた英国の鉄道事業で、新型車両のお披露目の当日に客 …

oilpump
原油価格が50ドル割れ。マクロ的な状況を考えると急上昇リスクへの警戒も必要

 原油価格の下落が止まらない。ギリシャの政情不安が重なったことで投資家の心理は冷 …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

manshonkinri
マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上 …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

bukkajoushou
消費税の便乗値上げはあったのか?4月の東京都区部の消費者物価指数は2.7%上昇

 消費増税後、初の物価統計として注目されていた4月における東京都区部の消費者物価 …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …