ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者数の増加は19万2000人と良好だった。市場予想の20万人にはわずかに届かなかったものの、米国の雇用が順調に回復していることをあらためて認識させた。失業率は6.7%と横ばいだったが、これは求職者の数が増加したことが原因であり、労働市場のマインドが改善している結果と受け止められている。

usakoyoutoukei201403 だが市場の反応はこれと正反対であった。4日のニューヨーク株式市場では、雇用統計の発表を受け、上昇で始まったが徐々に下落。午後には大幅に値を下げて取引を終了した。
 ダウ平均株価は前日比で約160ドル(約1%)下落している。落ち込みがひどいのがNASDAQで2.6%の下落となった。

 4日の株価下落は、投資家がフェイスブックなどのネット銘柄から、マイクロソフトやインテルといったオールドIT銘柄に乗り換えたことが直接的原因といわれており、マクロ的な経済指標を反映したものではない可能性が高い。ただ、こうした動きも含めて、市場の高値警戒感が強まっていると見る関係者も増えてきている。

 もっとも、高値警戒感といっても悲観的な雰囲気はまったくない。米国株はこれまで順調に高値を更新してきたが、米国経済が順調に回復していることは、ほとんどの市場参加者が認めており、中長期的に米国株が下落すると考える人はあまりいないからだ。
 むしろ、株価は景気拡大を先取りし過ぎており、近いうちに一定の調整があるのではないかと多くの投資家が考えている。つまり全員が短期的な下落を絶好の買い場と考えており、そのタイミングを狙っているわけである。
 年明け以降、異常気象やウクライナ問題など、リスク要因が浮上するたびに、今回こそは下落してくれるのではないか?という妙な期待感が生まれていたが、そのたびに投資家は裏切られてきた。

 良好な雇用統計にも関わらず株価が下落したことで、一時的な調整を狙う投資家の期待感が今回も高まってきたわけである。これが本当に相場の転換点となるのかは誰にも分からないが、市場には「押し目待ちに押し目なし」という格言がある。一時的な下落を待っていると買うチャンスをなくしてしまうという意味である。相場というのはなかなか難しいものである。

 - 経済 ,

  関連記事

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

factory
日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることか …

kokuritsukyogijo
新国立競技場の建設費用は何と2500億円。昔の東京オリンピックと比較すると?

 東京オリンピックの会場となる新国立競技場の建設費が2500億円を突破する見通し …

bouekitoukei201311
日本の貿易赤字がさらに拡大。だがその主な原因は原発停止ではない

 財務省は12月18日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

tokyowan
4~6月期のGPD改定値は一転して大幅下方修正。速報値はぬか喜びだった

 内閣府は2017年9月8日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)改定値を …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

doruen201409
動き始めた為替相場。短期的には円安・ドル高要因ばかりだが・・・・

 しばらく膠着状態が続いていた為替相場が動き始めた。8月中旬からドルは急上昇を始 …

newyork02
それほど悪くなった米国の7~9月期GDP。利上げは可能との判断が増える

 米商務省は2015年10月29日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速 …

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …

no image
パルコを巡る痴話喧嘩が終結。そこから見えてくるものとは?

 2年以上に及ぶパルコの経営権をめぐるゴタゴタがようやく終結した。8月末、Jフロ …