ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者数の増加は19万2000人と良好だった。市場予想の20万人にはわずかに届かなかったものの、米国の雇用が順調に回復していることをあらためて認識させた。失業率は6.7%と横ばいだったが、これは求職者の数が増加したことが原因であり、労働市場のマインドが改善している結果と受け止められている。

usakoyoutoukei201403 だが市場の反応はこれと正反対であった。4日のニューヨーク株式市場では、雇用統計の発表を受け、上昇で始まったが徐々に下落。午後には大幅に値を下げて取引を終了した。
 ダウ平均株価は前日比で約160ドル(約1%)下落している。落ち込みがひどいのがNASDAQで2.6%の下落となった。

 4日の株価下落は、投資家がフェイスブックなどのネット銘柄から、マイクロソフトやインテルといったオールドIT銘柄に乗り換えたことが直接的原因といわれており、マクロ的な経済指標を反映したものではない可能性が高い。ただ、こうした動きも含めて、市場の高値警戒感が強まっていると見る関係者も増えてきている。

 もっとも、高値警戒感といっても悲観的な雰囲気はまったくない。米国株はこれまで順調に高値を更新してきたが、米国経済が順調に回復していることは、ほとんどの市場参加者が認めており、中長期的に米国株が下落すると考える人はあまりいないからだ。
 むしろ、株価は景気拡大を先取りし過ぎており、近いうちに一定の調整があるのではないかと多くの投資家が考えている。つまり全員が短期的な下落を絶好の買い場と考えており、そのタイミングを狙っているわけである。
 年明け以降、異常気象やウクライナ問題など、リスク要因が浮上するたびに、今回こそは下落してくれるのではないか?という妙な期待感が生まれていたが、そのたびに投資家は裏切られてきた。

 良好な雇用統計にも関わらず株価が下落したことで、一時的な調整を狙う投資家の期待感が今回も高まってきたわけである。これが本当に相場の転換点となるのかは誰にも分からないが、市場には「押し目待ちに押し目なし」という格言がある。一時的な下落を待っていると買うチャンスをなくしてしまうという意味である。相場というのはなかなか難しいものである。

 - 経済 ,

  関連記事

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

euhonbu00
EUで銀行同盟成立に向けた第一歩がスタート。薄れていく加盟国の国家主権

 EU(欧州連合)は2013年12月20日、ユーロ圏内で銀行の破綻処理を一元化す …

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相が「欧州危機はドイツの陰謀」と絶叫!

 「イタリアの暴れん坊」「イタリアの種馬」といった異名を持つベルルスコーニ元首相 …

takenaka
竹中氏と三木谷氏が突如反乱?産業競争力会議が安倍政権のアキレス腱に?

 これまで官僚主導で予定調和的に進んできた政府の産業競争力会議の雰囲気が変わって …

bukkajoushou
12月の物価はさらに上昇。ただし円安一服で来月以降は踊り場に?

 総務省は2014年1月31日、2013年12月の消費者物価指数を発表した。代表 …

kuroda
日銀黒田総裁のホンネはどこに?市場にくすぶるインフレ許容論者説

 日銀は5月22日の金融政策決定会合で、景気判断を上方修正するとともに、前回決定 …

suntory
サントリーが本体ではなく子会社を上場。経営権は手放したくないがカネだけは欲しいらしい

 サントリーホールディングスは主力子会社で清涼飲料事業を手がけるサントリー食品イ …