ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

気象庁の特別警報を知るきっかけはテレビだけ。告知ルートの偏りが明らかに

 

 気象庁が「特別警報」の認知に関して実施したアンケート調査で興味深い結果が出ている。「特別警報」の存在を知るきっかけになったのは、圧倒的にテレビ経由が多く、新聞やネットなど他の媒体を大きく引き離した。
 情報の告知ルートが大きく偏っていることに加え、特別警報の内容についても、より具体的な情報を求める声が大きいことが明らかとなった。

doshakuzure

 この調査は、2013年8月から始まった気象庁の「特別警報」に関する認知度を知ることを目的に2013年11月に実施したものである。全国の2800人の男女を対象に、インターネットを使って回答を収集した。

 この中で特別警報という言葉を見聞きした媒体についてはテレビが圧倒的に多く91.7%となった。新聞(36%)やラジオ(14.4%)を大きく引き離しており、情報を得る手段としてテレビに大きく偏っていることが分かった。Webサイト(気象庁や自治体を除く)からというのはわずか9.1%であった。
 テレビはすべての世代において90%以上となっており、年齢層の偏りがない。一方、新聞から情報を得たという人は、20代、30代では20%強しかいないが、50代以上になると40%台と年齢が上がるにつれて高くなってくる。
 一方、ツイッターやフェイスブックなどSNSから情報を得たという人は、20代では12.1%だったが、それ以外の世代では4%以下と極めて低い。
 気象庁の特別警報という特殊な内容であるということも影響しているかもしれないが、他の媒体とテレビとの違いが非常に際立つ結果となった。

 特別警報そのものについては、特別警報という言葉を見たこと・聞いたことがあると答えた人の割合は62.3%であった。一方で、このアンケートで初めて知ったという人も37.7%いた。認知が十分だったとはいいにくい。
 また「命を守る行動を取ってください」という、情緒的な呼びかけをすることに対しては、どんな行動をするべきか具体的に呼びかけて欲しいと回答した人が7割を超えた。「命を守る行動を」と呼びかけられても、切迫感は伝わるが、どうしてよいか分からないという人が多いのは事実だろう。

 具体的な行動内容については、場所や状況によって一概には言えないため、気象庁が一斉に出す特別警報にこれを盛り込むことは現実的に困難である可能性が高い。
 だが、そもそも特別警報を出すきっかけになったのは、従来のような雨量データをそのまま提供する警報について、自治体から「雨量の数値を聞いてもどのくらい危険な状態なのか分からない」という指摘が相次いだことがきっかけである。

 2012年の台風12号による豪雨では、場所によっては雨量が数日で2000ミリという前代未聞の量に達していたが、自治体の中にはこれを危険と判断できなかったところがあったという。数日で2000ミリというのは体感上も相当強烈な豪雨であった可能性が高く、本当に危険を認識できなかったのかについては疑問の余地がある。ただ、自治体が独自に判断するシステムが機能しなかったのは事実であり、そうだとすると、具体的な情報が盛り込まれない情緒的な警報だけでは、根本的な問題解決になっていない可能性もある。

 テレビに偏った告知ルートの問題も含め、特別警報にはまだまだ改善点が多そうである。

 - 社会 ,

  関連記事

josei
イオンが女性管理職の割合を一気に50%に拡大。女性の社会進出はもはや必然

 小売り大手のイオンは5月16日、管理職に占める女性の割合を、現在の7%から20 …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

uh-x
防衛省ヘリ調達談合事件。「企画競争入札」というインチキ

 防衛省が発注した次期多用途ヘリコプターに関する不正疑惑で、東京地検特捜部は週明 …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

bunen02
タバコのない五輪が微妙な状況に。完全禁煙はもちろん分煙についても異論が続出

 厚生労働省が導入を検討している本格的な受動喫煙対策について、自民党内で反対意見 …

nichibeikokki
米国の対日世論調査から考える、今後の対日感情の変化と中国の影響

 米国の調査機関であるピューリサーチセンターは2015年4月7日、日米の相互信頼 …

sonoayako
保守思想界の大物である曽野綾子氏の発言に、日本社会はどう反応するのか?

 作家の曽野綾子氏による「出産した女性は会社を辞めろ」という趣旨の論文が物議を醸 …

swiss
失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

kaisha
親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が …