ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

気象庁の特別警報を知るきっかけはテレビだけ。告知ルートの偏りが明らかに

 

 気象庁が「特別警報」の認知に関して実施したアンケート調査で興味深い結果が出ている。「特別警報」の存在を知るきっかけになったのは、圧倒的にテレビ経由が多く、新聞やネットなど他の媒体を大きく引き離した。
 情報の告知ルートが大きく偏っていることに加え、特別警報の内容についても、より具体的な情報を求める声が大きいことが明らかとなった。

doshakuzure

 この調査は、2013年8月から始まった気象庁の「特別警報」に関する認知度を知ることを目的に2013年11月に実施したものである。全国の2800人の男女を対象に、インターネットを使って回答を収集した。

 この中で特別警報という言葉を見聞きした媒体についてはテレビが圧倒的に多く91.7%となった。新聞(36%)やラジオ(14.4%)を大きく引き離しており、情報を得る手段としてテレビに大きく偏っていることが分かった。Webサイト(気象庁や自治体を除く)からというのはわずか9.1%であった。
 テレビはすべての世代において90%以上となっており、年齢層の偏りがない。一方、新聞から情報を得たという人は、20代、30代では20%強しかいないが、50代以上になると40%台と年齢が上がるにつれて高くなってくる。
 一方、ツイッターやフェイスブックなどSNSから情報を得たという人は、20代では12.1%だったが、それ以外の世代では4%以下と極めて低い。
 気象庁の特別警報という特殊な内容であるということも影響しているかもしれないが、他の媒体とテレビとの違いが非常に際立つ結果となった。

 特別警報そのものについては、特別警報という言葉を見たこと・聞いたことがあると答えた人の割合は62.3%であった。一方で、このアンケートで初めて知ったという人も37.7%いた。認知が十分だったとはいいにくい。
 また「命を守る行動を取ってください」という、情緒的な呼びかけをすることに対しては、どんな行動をするべきか具体的に呼びかけて欲しいと回答した人が7割を超えた。「命を守る行動を」と呼びかけられても、切迫感は伝わるが、どうしてよいか分からないという人が多いのは事実だろう。

 具体的な行動内容については、場所や状況によって一概には言えないため、気象庁が一斉に出す特別警報にこれを盛り込むことは現実的に困難である可能性が高い。
 だが、そもそも特別警報を出すきっかけになったのは、従来のような雨量データをそのまま提供する警報について、自治体から「雨量の数値を聞いてもどのくらい危険な状態なのか分からない」という指摘が相次いだことがきっかけである。

 2012年の台風12号による豪雨では、場所によっては雨量が数日で2000ミリという前代未聞の量に達していたが、自治体の中にはこれを危険と判断できなかったところがあったという。数日で2000ミリというのは体感上も相当強烈な豪雨であった可能性が高く、本当に危険を認識できなかったのかについては疑問の余地がある。ただ、自治体が独自に判断するシステムが機能しなかったのは事実であり、そうだとすると、具体的な情報が盛り込まれない情緒的な警報だけでは、根本的な問題解決になっていない可能性もある。

 テレビに偏った告知ルートの問題も含め、特別警報にはまだまだ改善点が多そうである。

 - 社会 ,

  関連記事

gakkou
学校における「いじめ」の各国比較研究。教育プログラムの多様化はひとつの解決策

 全国都道府県教育長協議会は2015年1月、諸外国におけるいじめ問題の比較研究の …

seiketsudo
世界の汚職調査ランキングが話題に。でもどうやって調べているのか?

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

win800
パソコンが消滅する?Windows8が示すパソコン時代の静かな終焉

 マイクロソフトは同社の基本ソフトの最新版である「Windows8」を26日、全 …

manindensha
神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている …

benedict16
存命中の退位は700年ぶり。ローマ法王ベネディクト16世、突如退位の謎

 バチカン(ローマ法王庁)は11日、ローマ法王ベネディクト16世が高齢を理由に退 …

powerball
賞金470億円!夢の米国宝くじ。それに比べて日本の宝くじのお粗末さときたら・・・

 1等賞金が史上最高額となり全米の注目を集めていた宝くじ「パワーボール」の抽選が …

no image
TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。  福島原発以降、国産米の価格 …