ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が2機目のステルス機を試験飛行。今度は少し本格的

 

 中国の「環球時報」は1日、次世代ステルス戦闘機「J31」が試験飛行に成功したと報じた。中国によるステルス戦闘機の試験飛行は「J20」に続き2機目となる。

 J31は、瀋陽飛行機工業集団が開発を進めているステルス戦闘機で双発1人乗り。先に開発されたJ20よりかなり小型となっており、ステルス性の高い純粋な戦闘機としての用途が期待されている。短距離離着陸が可能で艦上戦闘機(空母に搭載する戦闘機)に使用されるとの見方もある。

 一方、中国航空工業集団公司が開発しているJ20はかなり大型。カナード翼が設置されており、J30よりもステルス性は劣る。J20は大型の機体を生かして、戦闘爆撃機としての用途が想定されている可能性が高い。
 J31はその意味で、中国発の本格的なステルス戦闘機といってよいだろう。

 もっとも中国のステルス機の性能はまだ未知数だ。J31は米国のステルス機に似た形状をしており、一定程度のステルス性能は保持している可能性が高い。だがステルス機を大量生産するには、素材や塗料といった各種資材の総合的な調達やノウハウが必要であり、中国にはそれを実現するためのリソースが不足していると考えられる。
 実際、ステルス機に使用されると思われるカーボンファイバを中国に不正輸出しようとして、米国在住の中国人が米国内で告訴される事件も起こっており、資材の調達には苦慮している模様。実戦配備が可能となるのは、少なくとも7年~8年後になるとの見方が大半だ。

 ステルス機は軍の中でもトップシークレットであり、情報公開が進んでいる米国でさえ、しばらくの間情報が伏せられていた。ましてや中国ではなおさらであり、今回の報道は軍側が意図的にリークしたものとみて間違いない。
 この時期にわざわざ当局が情報を提供したのは、中国共産党大会を控え、中国内部あるいは諸外国に対するアピールが狙いと思われる。

 だが、不完全とはいえ、独自開発のステルス機を中国が保有したことは事実であり、このことはアジア太平洋地域の地政学的な意味合いを大きく変えることだけは間違いないだろう。

 - 政治

  関連記事

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

mof03
2016年度予算を閣議了解。要求額は昨年度と同様100兆円超えか?

 政府は2015年7月24日、2016年度予算の概算要求基準を閣議了解した。昨年 …

anchols
韓国大統領選挙。無所属の安候補が突然辞退。不透明さが漂う韓国社会

 韓国大統領選挙の野党候補一本化交渉の当事者であった安哲秀ソウル大学教授が23日 …

100jikan
残業上限は「100時間」それとも「100時間未満」?という不毛な議論

 政府が導入を検討している長時間労働の上限規制について、最終的に「月100時間未 …

kokintou
中国共産党大会が無事に開幕。今後の胡錦濤氏の立場はある程度担保された

 相次ぐ権力闘争で日程が延期され、クーデター発生説まで取りざたされた中国の政権交 …

merukerurainiti
ドイツの対日感情が悪化する中、メルケル首相が来日。関係再構築は可能か?

 ドイツのメルケル首相が2015年3月9日午前、羽田空港に到着した。メルケル氏の …

cameron2
英議会がシリア軍事介入を否決。介入に消極的なオバマ大統領には追い風だが

 シリアへの軍事介入をめぐる状況に変化が生じ始めている。これまでは、英仏が介入を …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …

kyuryo
給与増で法人税減税措置。だが多くの企業で給料が増えることはない

 自民党税制調査会は8日、給与を増額した企業に対して法人税を減額する新たな制度を …

seifusenyouki
安倍首相が米国訪問に出発。日本側だけが大はしゃぎで米国側は無関心

 安倍首相は21日夕方、オバマ大統領との首脳会談を行うため、政府専用機で首都ワシ …