ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ヘーゲル国防長官が来日。日米連携強化を演出したい日本側に配慮

 

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月5日から2日間の日程で日本を訪問し、安倍首相や小野寺防衛大臣らと会談した。ヘーゲル氏は、北朝鮮問題に対応するため、あらたにミサイル防衛機能を持ったイージス艦2隻を横須賀に配備する計画であることを明らかにした。

hagejapan201401

 ヘーゲル氏はアジア歴訪の一環として日本を訪れており、この後、中国とモンゴルを訪問する。主な議題は、対北朝鮮問題と沖縄の普天間基地移設問題だが、日本側としては、日米の連携を示し、中国に対する牽制姿勢を強めたいという意向がある。

 ヘーゲル氏は北朝鮮のミサイルによる脅威が高まっているとして、ミサイル防衛機能を持ったイージス艦2隻を日本に追加配備する計画を明らかにした。
 現在、米国は横須賀基地に巡洋艦2隻、駆逐艦7隻、合計9隻のイージス艦を配備しているが、このうち5隻にミサイル防衛機能が搭載されている。追加配備の艦についての詳細は不明だが、横須賀基地にあまり余力がないことを考えると、2隻が加わり合計11隻になるのではなく、ミサイル防衛機能を搭載していない2隻と、あらたな2隻が交換となる可能性が高い。
 イージス艦の絶対数は増えないが、ミサイル防衛機能が強化されることで、北朝鮮に対してはもちろん、中国に対する抑止力も高まることになる。北朝鮮問題を利用し、中国に対する牽制を強めた形だ。

 ヘーゲル氏は、日本訪問の後、中国訪問を控えているため、中国に対する発言は慎重であった。「中国は大国であり、相応の責任が生じる」「軍に関する透明性は重要」といった、従来の米国の主張を繰り返した形となっている。
 ただ、尖閣諸島問題については、日米安保の対象であることを再度確認したほか、「隣人を尊重することが重要である」「強制や脅迫は紛争につながる」として中国を念頭に置いた発言を行っている。とりあえず日本側の要望にも配慮した形だ。

 ヘーゲル氏はその後、7日に中国の青島に入り、外国の要人としては初めて、中国の空母「遼寧」を視察し、軍首脳との会談に入る。

 - 政治 , , ,

  関連記事

girishasenkyo
ギリシャ議会選挙で急進左派圧勝。市場の受け止め方は冷静

 ギリシャの議会選挙で、財政緊縮策の見直しを掲げる最大野党「急進左派連合」が圧勝 …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

ogabamayosan2014
オバマ大統領が来年度予算案を提出。国債依存度は20%だが、米国では高いとの認識

 オバマ米大統領は4月10日、総額3兆7780億ドル(約370兆円)となる201 …

no image
アラブの春の副作用?イスラム圏で時代に逆行する出来事が連発

 アラブの春をきっかけに民主化運動が進んでいるかのよう見えるイスラム諸国で、時代 …

gpif
年金運用のポートフォリオが大幅変更に。だが実際には現状を追認しただけ

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6月7日、年金積立金の基本ポートフ …

toudoshasuiheki
福島原発の汚染水対策に国が470億円を投入。だが抜本的な解決とはほど遠い状況

 安倍首相をトップとする政府の原子力災害対策本部は9月3日、東京電力福島第1原発 …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …

ibukibunmei
伊吹議長の発言に首相周辺が不快感との報道に見る、マスコミと権力の複雑な癒着関係

 政府主催の「東日本大震災三周年追悼式」において、伊吹文明衆議院議長による脱原発 …

takusin
ミャンマーでタイのタクシン元首相の暗殺計画が浮上。タイと日本の共通点を考える

 ミャンマーへ訪問する予定だった亡命中のタイのタクシン元首相は6日、ミャンマーで …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …