ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が追加の量的緩和策を見送り、金融政策を現状維持とした理由

 

 日銀は2014年4月8日、金融政策決定会合を開催し、金融政策の現状維持を決定した。4月中の追加緩和策の実施は見送りとなる公算が高くなった。

nichigin04

  日銀は昨年4月以降、2%の物価目標を設定すると同時に、マネタリーベースを年間約60~70兆円ずつ増加させる量的緩和策を実施している。
 量的緩和策が始まる直前には135兆円程度であったマネタリーベース(日銀が供給する通貨の総量)は、2014年2月末の段階で200兆円を突破しており、資金供給は当初の予定通りのペースで進んできた。
 今回の会合では、年間60~70兆円という資産買い入れのペースを維持することを決定した。2%の物価目標もそのままであり、ほぼ現状の金融政策を維持する形となっている。ただマネタリーベースがすでに1.5倍に膨れあがっていることを考えると、資金供給の絶対量は変わらなくても、割合は低下することになる。

 今回の会合で追加緩和が決定されると予想する市場関係者は少数派だったが、一部からは追加緩和が実施されるのではないかと期待する声があった。また次回の会合が4月30日であることから、4月中の追加緩和を予想する向きもある。だが日銀が4月中に追加緩和に踏み切る可能性はかなり低いと考えた方がよいだろう。

 日銀は2%の物価目標を掲げているが、当分の間、物価上昇率が2%に達する可能性は低いとみている。それは現在の物価上昇が持続的な経済成長によるものではなく、円安による輸入物価上昇の影響が大きいからだ。
 4月からは消費税が増税となっており、駆け込み需要の反動で景気の落ち込みも懸念されている。このような状況で下手に追加緩和を行えば、さらに円安が進み、景気が落ち込む中での物価上昇となる可能性が高い。わざわざこのようなタイミングで、最後の砦である追加緩和を行う必要はなく、少なくとも消費増税の影響を見極めてからでも遅くはない。

 もっとも、今回の様子見が日銀にとって有利かどうかは分からない。消費増税による景気の落ち込みが深刻だった場合には、結局のところ同じ結果となるからだ。ただ政府は、消費税対策として10兆円の公共事業を前倒しで執行する方針である。これが、うまく作用すれば、4~6月期のGDPは比較的よい数字になる可能性もある。
 消費増税の影響がよりはっきりしてくる夏場が、追加緩和のターゲットとして意識されてくることになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

bigdata02
官民が注目するビックデータで深刻な人材不足。日本がいつも人材不足になる理由とは?

 ネット上の履歴など膨大な情報を分析しビジネスに有効活用するという、いわゆる「ビ …

tsubaki
資生堂が初の本格的な社長外部招聘。お公家さん社風は変わるのか?

 資生堂は昨年末、前田新造会長兼社長が代表権のある会長に専念し、元日本コカ・コー …

bouekitoukei 201504
4月の貿易赤字は少額。ただ、為替が動き始めており状況は流動的

 財務省は2015年5月25日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

euhonbu00
EUで銀行同盟成立に向けた第一歩がスタート。薄れていく加盟国の国家主権

 EU(欧州連合)は2013年12月20日、ユーロ圏内で銀行の破綻処理を一元化す …

toshiba03
東芝が来期の業績予想を発表。不正会計問題に加えて経営危機説も

 不正会計問題が指摘されている東芝は2015年12月21日、これまで公表を延期し …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

nichigin
マネーストックの伸びが5カ月連続で減少。だが追加緩和の議論は下火に

 日銀は2014年7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)を発表した。主 …

nichigin
資金循環統計を見れば、アベノミクスでお金がどう動いたのかが分かる

 日銀は2014年3月25日、2013年10~12月期の資金循環統計を発表した。 …

tenanmon
データ改ざんの噂が絶えない中国の貿易統計。実際に数値を検証してみた

 中国の税関当局は5月8日、4月の貿易統計の数値を発表した。それによると、輸出額 …