ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が追加の量的緩和策を見送り、金融政策を現状維持とした理由

 

 日銀は2014年4月8日、金融政策決定会合を開催し、金融政策の現状維持を決定した。4月中の追加緩和策の実施は見送りとなる公算が高くなった。

nichigin04

  日銀は昨年4月以降、2%の物価目標を設定すると同時に、マネタリーベースを年間約60~70兆円ずつ増加させる量的緩和策を実施している。
 量的緩和策が始まる直前には135兆円程度であったマネタリーベース(日銀が供給する通貨の総量)は、2014年2月末の段階で200兆円を突破しており、資金供給は当初の予定通りのペースで進んできた。
 今回の会合では、年間60~70兆円という資産買い入れのペースを維持することを決定した。2%の物価目標もそのままであり、ほぼ現状の金融政策を維持する形となっている。ただマネタリーベースがすでに1.5倍に膨れあがっていることを考えると、資金供給の絶対量は変わらなくても、割合は低下することになる。

 今回の会合で追加緩和が決定されると予想する市場関係者は少数派だったが、一部からは追加緩和が実施されるのではないかと期待する声があった。また次回の会合が4月30日であることから、4月中の追加緩和を予想する向きもある。だが日銀が4月中に追加緩和に踏み切る可能性はかなり低いと考えた方がよいだろう。

 日銀は2%の物価目標を掲げているが、当分の間、物価上昇率が2%に達する可能性は低いとみている。それは現在の物価上昇が持続的な経済成長によるものではなく、円安による輸入物価上昇の影響が大きいからだ。
 4月からは消費税が増税となっており、駆け込み需要の反動で景気の落ち込みも懸念されている。このような状況で下手に追加緩和を行えば、さらに円安が進み、景気が落ち込む中での物価上昇となる可能性が高い。わざわざこのようなタイミングで、最後の砦である追加緩和を行う必要はなく、少なくとも消費増税の影響を見極めてからでも遅くはない。

 もっとも、今回の様子見が日銀にとって有利かどうかは分からない。消費増税による景気の落ち込みが深刻だった場合には、結局のところ同じ結果となるからだ。ただ政府は、消費税対策として10兆円の公共事業を前倒しで執行する方針である。これが、うまく作用すれば、4~6月期のGDPは比較的よい数字になる可能性もある。
 消費増税の影響がよりはっきりしてくる夏場が、追加緩和のターゲットとして意識されてくることになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

netttoflikusu
動画配信サービスの最大手ネットフリックが日本上陸。他とはちょっと違うワケ

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」がとうとう日本 …

apple
アップルが株主への現金還元を検討。日本経済再生のヒントがここにある!

 多額の現金退蔵が株主から問題視されている米Appleは2月7日、株主への追加の …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …

bananki
バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃 …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …

josei
日本の労働力人口は女性フル活用でも大幅減。豊かさの維持には生産性向上が必須

 内閣府は2014年3月12日、長期の労働力人口予測をまとめた。50年後の労働力 …

imf201310
IMFが最新の世界経済見通しを発表。世界経済の牽引役は新興国から米国へ

 IMF(国際通貨基金)は10月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年 …

nvidiaceo
ハードはタダの箱になる。世界的家電見本市CESで一気に主役交代の流れ

 世界最大の家電見本市「CES」が2016年1月6日から8日にかけて米ラスベガス …

gnpgni
安倍首相がGNI(国民総所得)増加を表明。なぜ今GNIと騒いでいるのか?

 安倍首相が自らの経済政策であるアベノミクスによって、10年後に国民総所得(GN …

abe20160802
総額28兆円の経済対策。実質的な金額は6兆円にとどまり、効果は限定的

 政府は2016年8月2日、総額28兆円を上回る経済対策を閣議決定した。金額だけ …