ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スペインに工場を移管するメーカーが続出。理由はコストの安さと政府の労働市場改革

 

 財政危機によって大打撃を受けたスペインだが、労働者の賃金が大幅に低下したことで、急激に競争力を回復しつつある。

 自動車大手のフォードは、不振の欧州事業を立て直すため、英国の2工場とベルギー工場を相次いで閉鎖し、合計6000人の労働者を解雇した。同社があらたに工場を建設すると発表したのはスペインであった。
 日産自動車もスペインの工場に追加投資を行っている。同社はスペインのバルセロナ工場に1億ユーロ(約100億円)を投資し、電気商用車「e-NV200」の生産を行うと発表した。また同じくスペインにあるアビラ工場では、今後、中型トラックの生産拠点とすることも決定した。

 フォードや日産が相次いでスペインでの生産を強化する背景には、労働コストの安さがある。スペインは財政危機による不況で失業率が25%にも達しているため、労働コストが大幅に低下している。スペインの労働コストは、全世界的に見ればいまだに高い水準にあるとはいえ、イタリアやフランスといった欧州の高賃金地域と比べると割安感が出てきている。スペインは企業にとって魅力の大きい場所に変わってきたのだ。

 もっともスペインの労働コストはこれまで法外に高かったともいえる。リーマンショック直前の2008年には経済大国であるドイツよりも1.3倍も高いという異常な状況であった。欧州危機により、本来の水準に戻っただけとも考えることができる。

 それでも企業がスペイン投資を加速させるのは、政府が実施した労働市場改革の影響が大きい。これまで業界単位であった労使交渉を企業単位での交渉を可能ににするとともに、解雇要件を明確化し、かつ大幅に緩和した。政府が解雇要件を明確化することによって企業側の不透明感が減少し、大型投資と雇用に結びついた。

 労働コストの低下で競争力を回復しつつあるスペインは、意外と早く経済危機を脱するかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

hatoyama
鳩山元首相が訪中。中国による分断作戦か日本政府への隠れたラブコールか?

 今回の衆院選をきっかけに政界を引退した鳩山元首相が中国の招きで訪中することが明 …

no image
2年連続で過去最大の貿易赤字を更新。日本がインフレになるのはいつか?

 財務省は22日、2012年度上半期(4月~9月)の貿易統計を発表した。それによ …

seveneleven
コンビニ最大手のセブンがとうとう加盟店からのロイヤリティ減額を決断

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが「聖域」とされてきた加盟店からのロイヤリティ …

tosho002
とうとう動き出す日本の企業統治。外国人投資家の見方は変わるか?

 国内で、コーポレートガバナンスに関する整備が急速に進んでいる。きっかけは、アベ …

iiss01戚建国
中国が米中首脳会談を控え、領有権問題に対する態度を軟化?

 英国際戦略研究所(IISS)は5月31日から3日間の日程で、アジア安全保障会議 …

eads
欧州の防衛大手EADSが大リストラ。防衛産業もIT化の流れには逆らえない

 エアバス社の親会社で、欧州の航空宇宙最大手のEADSは2013年12月9日、宇 …

bitcoinkessai
ビックカメラ、リクルートが中国人観光客をターゲットに相次いでビットコイン決済を導入

 決済通貨としてビットコインに対応する動きが活発化している。背景にあるのは訪日外 …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

hitachieikoku
日立が英国鉄道事業で水漏れトラブル。だが、もっと大きな逆風が吹いている?

 日立が総力をあげて取り組んできた英国の鉄道事業で、新型車両のお披露目の当日に客 …