ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府の意向を代弁したOECD事務局長。だが主張する内容は極めて客観的

 

 政府がOECD(経済協力開発機構)を活用した政策のアナウンスに乗りだしている。カギとなるのは、消費税率のさらなる引き上げ、生産性向上を軸にした成長戦略、そして移民政策である。特に移民政策はデリケートな問題だけに、国際機関の力を借りたいという政府の意向が見え隠れする。

oecdguria

 2014年は日本がOECDに加盟して50周年という節目の年となっている。5月に開催される閣僚理事会では議長国となる予定であり、OECDのグリア事務局長はその準備も兼ねて、4月6日から4日間の日程で日本を訪問した。
 滞在中、グリア氏は安倍首相や麻生財務大臣など政府要人と会談したほか、複数のシンポジウムで講演などを行っている。

 グリア氏は、一連の滞在の中で、日本の政策について様々な発言を行っている。麻生財務大臣との会談では、日本の消費税率が諸外国に比べて低い点を指摘、今後の税率引き上げが望ましいとの発言を行った。またシンポジウムの講演では、成長戦略の重要性に触れ、日本経済の生産性を引き上げることが重要との指摘を行っている。
 注目すべきは、移民政策に関する発言である。報道によると、日本経済の生産性を向上させるとともに、その延長線上において「移民政策も考えられるのではないか」との発言を行ったとされる。
 この発言は、正式は発表ではなくリークによる報道という形で公表されている。政府としては直接言いにくい事柄を、形を変えてアナウンスした可能性が高い。

 安倍首相は経済財政諮問会議などに対して、恒久的に移民を拡大する事実上の移民政策の検討を指示している(本誌記事「これは事実上の移民政策?オリンピック以降も外国人労働者を継続して受け入れへ」参照)。政府が正面からの議論を避ける形で政策を進めているのだとすると、そのやり方は問題だが、グリア氏の指摘は客観的といってよい。

 内閣府の試算によると、50年後の日本の労働力人口は、出生率が大幅に改善し、北欧並みに女性や高齢者の労働参加が進んだとしても1170万人減少し、現状維持の場合には2782万人も減少するとしている。
 日本の生産性は他の先進諸外国よりも低いことが知られており、生産性の向上は必須である。だが生産性を向上させただけでは、労働人口の減少をすべてカバーすることはできない。労働人口そのものを増やす政策が必要なのは明白である。

 移民政策の推進は弊害も多く、国内には反対意見が多い。だが産業界の現場では、単純労働者を中心にすでに人手不足が深刻な状況となっている。
 労働者の賃金を上昇させるためには、生産性を向上させる必要がある。生産性が向上すれば労働者の賃金は一気に上昇するが、中間層の一部には職を失う人が出てくる可能性がある。こうした中間層は仮に失業したとしても、低賃金の単純労働には容易にシフトしない。慢性的な人手不足が続けば、需要に対して供給が追い付かなくなり、経済成長にマイナスの影響を与える可能性が高い。

 多くの日本人がやりたがらないこうした労働を誰が担うのか?移民の受け入れに諸手を挙げて賛成という人は少ないだろうが、移民を受け入れない場合の有力な代替案がないのも事実である。日本人はこの議論を意図的に避けてきたが、それも限界に達しつつある。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

carney
北朝鮮側に戦争の意図はない?攻撃的な口調とは反対に部隊に大きな動きはなし

 韓国との「戦争状態」突入を宣伝するなど、朝鮮半島では緊張が極度に高まっているが …

ibmwatson
人工知能の事業化が本格的にスタート。日本がこの分野で不利である最大の理由

 人工知能の事業化が急ピッチで進みそうな状況になってきた。米IBMは2014年1 …

oushuisitugyouritu
もうここからは下がりようがない?欧州の高い失業率に下げ止まりの兆候

 欧州経済低迷の象徴といわれ、大きな社会問題にもなっているEU各国の失業率に下げ …

gpifpotoforio201506
公的年金の7~9月期の運用損失は7兆円?場合によっては政治問題化も

 公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が抱える運用損失が …

congressionalreport
米議会が日米関係の報告書を提出。尖閣問題よりも従軍慰安婦問題が重要テーマ

 安倍首相の訪米を前に米議会調査局は15日、日米関係に関する報告書を発表した。日 …

ieren03
イエレン議長が1期で退任の可能性が高まる。後任によってはリスク要因にも

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長が2018年2月に1期で退任する公 …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

jinkousuikei
50年後の人口は何と8800万人に。政府が掲げる1億人維持など到底不可能

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日、「将来推計人口 …

sbtakasago
ソフトバンクが電力小売に向け本格始動。電力自由化の本当の意味とは?

 ソフトバンク・グループが電力事業に向けて本格的に動き出した。2014年2月17 …

caterpillar002
世界経済を反映する米キャタピラーの決算。2014年の成長は穏やかになる見込み

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年1月27日、2013年10~12月期の …