ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

小保方氏が初の記者会見。なぜデータの差し替えを行ったのか?

 

 STAP細胞の論文について不正があると指摘されている問題で、研究の中心人物である理化学研究所(理研)の小保方晴子研究ユニットリーダーが9日、初めて記者会見を行った。

 小保方氏は、前日に理研の調査報告書に対して不服申し立てを行っており、会見もその内容を中心に行われた。ただ、理研の報告書は問題の核心部分には触れておらず、小保方氏の反論も、悪意の有無が論点となっている。現在の状態では、そもそもSTAP細胞は存在したのか、あるいは、なぜ小保方氏がデータの差し替えを行ったのかという、重要な部分については明らかになっていない。

stap20140409

 今回の問題のカギとなるのは、電気泳動の実験結果といわれている。
 ネイチャー論文では、この実験結果が存在したことで、STAP細胞の存在が証明されたことになっており、まさに論文の核心部分といえる。
 理研側は泳動結果のデータが差し替えられていると指摘しており、小保方氏も差し替え自体は認めている。だが小保方氏はデータを比較検討しやすくするための措置だったとして悪意を否定しているという状況だ。
 非常に気になるのが、比較検討がしやすくなるといっても、なぜ異なる条件のデータにわざわざ差し替えたのかという点である。そのヒントになりそうな情報は記者会見でも、一部出てきている。

 ネイチャー論文では、STAP細胞のものと思われる泳動結果とリンパの泳動結果を並べて比較し、泳動パターンが近いことで、細胞が初期化したと証明している。だがリンパの泳動結果は同じ条件で実験したものではなかったので、比較対象としては不適切ということになる。本来、異なる条件のものを補正した場合には、その説明が必要だが、論文には記載されていなかった。小保方氏もこれは認めており、その件については謝罪している。

 わざわざ異なる条件で実験した結果を掲載した理由について、小保方氏からは「見やすくしたかったから」という以上の説明はなかった。ある記者からは、差し替え前のデータがSTAP細胞のものと酷似しており、まったく同じものを比較対象として使った(つまり不正をした)と思われないよう、わざわざ差し替えたのではないか?という趣旨の質問があった。
 記者の質問の仕方が曖昧だったため、小保方氏は直接、この質問には答えなかったが、その部分に記者が触れた際には、首をかしげるなど、そういった意識はなかったという主張が感じられた。

 差し替えの理由については、いくらでも推測することはできる。完全に捏造するためということも考えられなくはないし、一部データの破損、紛失や取り違えがあったのかもしれない。
 問題は悪意の有無といった法的なレベルにシフトしており、差し替えの本質的な理由については、もはや主題ではなくなっているのかもしれない。だが、小保方氏がこのあたりをクリアにしてくれれば、少なくとも科学的な部分については、かなり真実に近づくことになるのだが・・・。

 - マスコミ, 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

no image
中国版イエズス会?中国語を世界に普及させる「孔子学院」が米国を席巻!

 中国語や中国文化の宣伝や普及を目的とした中国の教育機関が米国の教育界を席巻し、 …

kodomohinkon
子供の貧困対策。広告宣伝費に税金2億円をバラ撒き、集まった寄付はわずか2000万円

 子どもの貧困対策として政府が設立した基金が、予想通り、本末転倒な状態となってい …

kokou
高校教育の質は偏差値には影響を与えないが、仕事をする能力には影響を与えている!

 政府の教育再生実行会議が、国立大学入試を学力だけの評価から人物など多面的な評価 …

yahoojapan vs us
ヤフージャパンが絶好調。だが日本型ガラパゴス企業への道を着々と歩んでいる

 ヤフージャパンは29日、2013年3月期(通期)の業績を上方修正すると発表した …

nodae01
野田首相が驚愕発言!政党であるにも関わらず政策を放棄し官僚に丸投げ

 民主党は次期衆院選に向けたマニフェスト(政権公約)を発表したが、その内容に関す …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

makuron
仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極 …

snowden
すべて米国に言われるがまま。スノーデン事件で明らかになった欧州の弱腰

 米国情報機関の監視を暴露したCIA元職員エドワード・スノーデン氏の処遇をめぐっ …

influ03
中国で鳥インフルエンザで2名が死亡。現段階で感染が拡大するかは不明

 中国政府は3月31日、これまで人への感染が確認されていなかった「H7N9型」鳥 …

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …