ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

小保方氏が初の記者会見。なぜデータの差し替えを行ったのか?

 

 STAP細胞の論文について不正があると指摘されている問題で、研究の中心人物である理化学研究所(理研)の小保方晴子研究ユニットリーダーが9日、初めて記者会見を行った。

 小保方氏は、前日に理研の調査報告書に対して不服申し立てを行っており、会見もその内容を中心に行われた。ただ、理研の報告書は問題の核心部分には触れておらず、小保方氏の反論も、悪意の有無が論点となっている。現在の状態では、そもそもSTAP細胞は存在したのか、あるいは、なぜ小保方氏がデータの差し替えを行ったのかという、重要な部分については明らかになっていない。

stap20140409

 今回の問題のカギとなるのは、電気泳動の実験結果といわれている。
 ネイチャー論文では、この実験結果が存在したことで、STAP細胞の存在が証明されたことになっており、まさに論文の核心部分といえる。
 理研側は泳動結果のデータが差し替えられていると指摘しており、小保方氏も差し替え自体は認めている。だが小保方氏はデータを比較検討しやすくするための措置だったとして悪意を否定しているという状況だ。
 非常に気になるのが、比較検討がしやすくなるといっても、なぜ異なる条件のデータにわざわざ差し替えたのかという点である。そのヒントになりそうな情報は記者会見でも、一部出てきている。

 ネイチャー論文では、STAP細胞のものと思われる泳動結果とリンパの泳動結果を並べて比較し、泳動パターンが近いことで、細胞が初期化したと証明している。だがリンパの泳動結果は同じ条件で実験したものではなかったので、比較対象としては不適切ということになる。本来、異なる条件のものを補正した場合には、その説明が必要だが、論文には記載されていなかった。小保方氏もこれは認めており、その件については謝罪している。

 わざわざ異なる条件で実験した結果を掲載した理由について、小保方氏からは「見やすくしたかったから」という以上の説明はなかった。ある記者からは、差し替え前のデータがSTAP細胞のものと酷似しており、まったく同じものを比較対象として使った(つまり不正をした)と思われないよう、わざわざ差し替えたのではないか?という趣旨の質問があった。
 記者の質問の仕方が曖昧だったため、小保方氏は直接、この質問には答えなかったが、その部分に記者が触れた際には、首をかしげるなど、そういった意識はなかったという主張が感じられた。

 差し替えの理由については、いくらでも推測することはできる。完全に捏造するためということも考えられなくはないし、一部データの破損、紛失や取り違えがあったのかもしれない。
 問題は悪意の有無といった法的なレベルにシフトしており、差し替えの本質的な理由については、もはや主題ではなくなっているのかもしれない。だが、小保方氏がこのあたりをクリアにしてくれれば、少なくとも科学的な部分については、かなり真実に近づくことになるのだが・・・。

 - マスコミ, 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

nsa
米国の諜報機関は本当に全部の電話やメールの盗聴を実施できているのか?

 米国の諜報機関による盗聴問題が拡大する兆しを見せている。ドイツのマスコミが、米 …

todai
アジア大学ランキングの結果は、大学の予算配分に影響を与えるのか?

 イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は2015年6月1 …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …

eigokyoiku
バイリンガル国家マレーシアにおける最大の課題は何と英語力不足

 バイリンガル国家として知られるマレーシアにおいて、理数系科目の授業を英語で行う …

jaxass520
民生品を使って低コスト化を狙ったJAXAの小型ロケット打ち上げ失敗。データ送信途絶える

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年1月15日、超小型衛星を運ぶ小型ロ …

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …

akiya
全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全 …

streetlive
大阪で路上ライブ合法化の動き。だが区役所職員がアーティストを「認定」って・・・・

 大阪の自治体では、合法的に路上ライブをできるスペースをアーティストに提供し、こ …