ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でマイナス8.8%減の7696億円となった。内閣府では基調判断を「増加傾向にある」から「増加傾向に足踏みが見られる」に変更している。

setsubitousi このところ機械受注統計はブレが大きい状態が続いている。2013年11月は前月比で9.3%増、12月は15.7%減、1月は13.4%増、そして2月が8.8%減となった。激しく上下しているが、変動の中間値を取ると、確かに横ばいか減少に転じているように見える。

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。
 昨年は大型の公共事業が続いていたこともあり、非製造業の設備投資の伸びが顕著であった。製造業はしばらくマイナスが続いたのち、2013年からはプラスに転じたが、2014年かはら再びマイナス傾向が顕著になっている。今回も製造業のマイナスは11.9%と非製造業の8.4%よりも大きな数字となっている。いずれにせよ、全体の伸びが一服してしまったのは間違いないだろう。

 業種別では、自動車はゆっくりとした拡大傾向が続いているが、ITや精密機械は横ばい、電機はブレが大きいながらもやはり横ばいとなっている。非製造業では運輸・郵便が1.6倍と極めて大きな伸びとなったが、特殊要因の可能性もある。建設、卸・小売、金融などの各業界は軒並みマイナスである。

 今月からは消費税の増税が始まっており、景気減速が懸念されている。政府は公共事業の大幅な前倒し発注を予定しており、思ったほど景気は後退しないとの見方もある。ただ市場のマインドが慎重になっていることを考えると、設備投資が急激に増えるとは考えにくい。当面はパッとしない経済状態が続く可能性が高い。

 - 経済 ,

  関連記事

hosino
星野リゾートなど新規REITが続々登場。日本経済の救世主となるか?

 全国にリゾートホテルや旅館を手掛ける星野リゾートが、不動産投資信託(REIT) …

facebookcom
米国以外はカネにならない?フェイスブックに見る地域ごとのマネタイズ難易度

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年4月23日、2014年1~3月期の決 …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

no image
相次ぐ大手企業の経営危機によって、会社の所有権論争が事実上決着した

  東京電力による原発事故や、シャープやルネサスエレクトロニクスの巨額赤字など、 …

nissangone02
日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これま …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

sumahobunkai
東京五輪で廃スマホから金メダルを作るプランが浮上。資源再利用都市をアピール

 東京オリンピックで選手に授与されるメダルをスマホから作るというプランが浮上して …

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …