ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でマイナス8.8%減の7696億円となった。内閣府では基調判断を「増加傾向にある」から「増加傾向に足踏みが見られる」に変更している。

setsubitousi このところ機械受注統計はブレが大きい状態が続いている。2013年11月は前月比で9.3%増、12月は15.7%減、1月は13.4%増、そして2月が8.8%減となった。激しく上下しているが、変動の中間値を取ると、確かに横ばいか減少に転じているように見える。

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。
 昨年は大型の公共事業が続いていたこともあり、非製造業の設備投資の伸びが顕著であった。製造業はしばらくマイナスが続いたのち、2013年からはプラスに転じたが、2014年かはら再びマイナス傾向が顕著になっている。今回も製造業のマイナスは11.9%と非製造業の8.4%よりも大きな数字となっている。いずれにせよ、全体の伸びが一服してしまったのは間違いないだろう。

 業種別では、自動車はゆっくりとした拡大傾向が続いているが、ITや精密機械は横ばい、電機はブレが大きいながらもやはり横ばいとなっている。非製造業では運輸・郵便が1.6倍と極めて大きな伸びとなったが、特殊要因の可能性もある。建設、卸・小売、金融などの各業界は軒並みマイナスである。

 今月からは消費税の増税が始まっており、景気減速が懸念されている。政府は公共事業の大幅な前倒し発注を予定しており、思ったほど景気は後退しないとの見方もある。ただ市場のマインドが慎重になっていることを考えると、設備投資が急激に増えるとは考えにくい。当面はパッとしない経済状態が続く可能性が高い。

 - 経済 ,

  関連記事

google2014
グーグルの4~6月期決算。クリック数、単価ともに安定的に推移

 ネット検索大手米グーグルは2014年7月17日、2014年4~6月期の決算を発 …

apartron
地方の金融機関でアパートローンが急拡大。あらたな不良債権予備軍?

 アパート向けの融資がバブルの様相を呈してきている。地方では、入居者不在のまま建 …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

bukkajoushou
とうとう物価上昇がストップ。そろそろ構造的な要因に関する議論が必要?

 総務省は2015年3月37日、2015年2月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

banksy
謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限 …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

hosino
星野リゾートなど新規REITが続々登場。日本経済の救世主となるか?

 全国にリゾートホテルや旅館を手掛ける星野リゾートが、不動産投資信託(REIT) …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …