ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でマイナス8.8%減の7696億円となった。内閣府では基調判断を「増加傾向にある」から「増加傾向に足踏みが見られる」に変更している。

setsubitousi このところ機械受注統計はブレが大きい状態が続いている。2013年11月は前月比で9.3%増、12月は15.7%減、1月は13.4%増、そして2月が8.8%減となった。激しく上下しているが、変動の中間値を取ると、確かに横ばいか減少に転じているように見える。

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。
 昨年は大型の公共事業が続いていたこともあり、非製造業の設備投資の伸びが顕著であった。製造業はしばらくマイナスが続いたのち、2013年からはプラスに転じたが、2014年かはら再びマイナス傾向が顕著になっている。今回も製造業のマイナスは11.9%と非製造業の8.4%よりも大きな数字となっている。いずれにせよ、全体の伸びが一服してしまったのは間違いないだろう。

 業種別では、自動車はゆっくりとした拡大傾向が続いているが、ITや精密機械は横ばい、電機はブレが大きいながらもやはり横ばいとなっている。非製造業では運輸・郵便が1.6倍と極めて大きな伸びとなったが、特殊要因の可能性もある。建設、卸・小売、金融などの各業界は軒並みマイナスである。

 今月からは消費税の増税が始まっており、景気減速が懸念されている。政府は公共事業の大幅な前倒し発注を予定しており、思ったほど景気は後退しないとの見方もある。ただ市場のマインドが慎重になっていることを考えると、設備投資が急激に増えるとは考えにくい。当面はパッとしない経済状態が続く可能性が高い。

 - 経済 ,

  関連記事

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

imf Deputy Director japan
IMFが日本との協議を終了。アベノミクスを評価するも、構造改革とセットにすべきと指摘

 IMF(国際通貨基金)は5月31日、経済動向と政策課題に関する日本政府との10 …

shokutaku
家計のエンゲル係数上昇がより顕著に。トランプ経済は日本にとって最後のチャンス?

 家計のエンゲル係数の上昇が顕著となっている。エンゲル係数の上昇には様々な要因が …

softbankson02
ソフトバンクの孫社長が後継者を指名。通信事業から再びネット事業に回帰?

 ソフトバンクは2015年5月11日、2015年3月期の決算を発表した。出資する …

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …

beikokuoil
原油価格の下落で商社各社が損失。今後の事業ポートフォリオは?

 住友商事は2015年3月25日、2015年3月期の決算について、黒字予想から一 …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …