ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でマイナス8.8%減の7696億円となった。内閣府では基調判断を「増加傾向にある」から「増加傾向に足踏みが見られる」に変更している。

setsubitousi このところ機械受注統計はブレが大きい状態が続いている。2013年11月は前月比で9.3%増、12月は15.7%減、1月は13.4%増、そして2月が8.8%減となった。激しく上下しているが、変動の中間値を取ると、確かに横ばいか減少に転じているように見える。

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。
 昨年は大型の公共事業が続いていたこともあり、非製造業の設備投資の伸びが顕著であった。製造業はしばらくマイナスが続いたのち、2013年からはプラスに転じたが、2014年かはら再びマイナス傾向が顕著になっている。今回も製造業のマイナスは11.9%と非製造業の8.4%よりも大きな数字となっている。いずれにせよ、全体の伸びが一服してしまったのは間違いないだろう。

 業種別では、自動車はゆっくりとした拡大傾向が続いているが、ITや精密機械は横ばい、電機はブレが大きいながらもやはり横ばいとなっている。非製造業では運輸・郵便が1.6倍と極めて大きな伸びとなったが、特殊要因の可能性もある。建設、卸・小売、金融などの各業界は軒並みマイナスである。

 今月からは消費税の増税が始まっており、景気減速が懸念されている。政府は公共事業の大幅な前倒し発注を予定しており、思ったほど景気は後退しないとの見方もある。ただ市場のマインドが慎重になっていることを考えると、設備投資が急激に増えるとは考えにくい。当面はパッとしない経済状態が続く可能性が高い。

 - 経済 ,

  関連記事

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

no image
株価の新指数「JPX日経400」がスタート。市場への影響は?

 日本取引所グループ、東京証券取引所及び日本経済新聞社は2014年1月6日、新し …

panachinakojo
パナソニックが生産拠点を国内に回帰。だがこうした動きは限定的?

 パナソニックは、エアコンや洗濯機といった白物家電について、今年の春から順次、国 …

sharp
シャープに米クアルコムが出資。だが実態は話題作りだけを目的にした技術の安売り

 経営再建中のシャープが、米国の半導体メーカー「クアルコム」から最大100億円の …

mof02
来年度予算は大幅増額で100兆円突破の見込み。財政再建からはさらに一歩後退

 2014年度予算の概算要求が各省から出揃いつつある。概算要求の締め切りは8月3 …

davinchi
米国で手術ロボットの事故が増加。だがロボット導入の動きはもはや止められない?

 米国では外科手術にロボットを使用するケースが急増している。手術に革命を起こすと …

mof
2014年度概算要求がまとまる。景気対策費3.5兆円と国債費急増で財政再建が遠のく

 財務省は9月4日、2014年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は昨年度を6 …

nvidiaceo
ハードはタダの箱になる。世界的家電見本市CESで一気に主役交代の流れ

 世界最大の家電見本市「CES」が2016年1月6日から8日にかけて米ラスベガス …

abe20130113
安倍首相がハイパーインフレにはならないとの見解。だが本当にそうなのか?

 安倍首相は11日の記者会見で、日銀の金融政策に関連して「ハイパーインフレは考え …