ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国要人がヘーゲル国防長官の日本での発言に不快感を表明

 

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月7日、日本に引き続いて中国を訪問し、習近平国家主席らと会談した。また外国の要人としては初めて、中国の空母「遼寧」を視察した。

hageshukinpei201404

 ヘーゲル氏は日本滞在中、安倍首相や小野寺防衛相と会談し、北朝鮮問題への対処という形で、ミサイル防衛機能を持ったイージス艦2隻を日本に追加配備する方針を明らかにした。ミサイル防衛機能の強化は、中国に対する抑止力にもつながるため、中国側は日米の動きに警戒感を強めている。
 ヘーゲル氏は中国訪問を控えていることから、日本での発言は慎重だったが、尖閣諸島が日米安保の対象であることを明言したほか、中国を念頭に「隣人を尊重することが重要である」との発言を行い、中国を封じ込めたい日本側の要望に配慮を見せた。

 ヘーゲル氏としては、中国にも配慮をしたつもりだったが、中国側の姿勢はかなり強硬であった。8日にヘーゲル氏と会談した范長龍中央軍事委員会副主席は「訪日中のヘーゲル長官の発言に中国国民は不満を抱いている」「尖閣諸島問題において、米国がどちらの側にもつかないとういうのは理解に苦しむ」「ヘーゲル長官は日本を後押ししている」として、かなり激しい口調で非難した。また常万全・国防相は「挑発的な行動を取っているのは日本の方だ」として、原因は日本側にあることを重ねて強調した。

 ヘーゲル氏は、これに対して「主張を通すために、脅迫や抑圧といった手段に出るべきではない」と中国側を強くけん制したものの、米国は中国を封じ込めるつもりはないと強調するとともに、領土問題において特定の立場を取ることはないと説明した。
 また習近平国家主席との会談では、従来の米中関係の基本方針を踏襲し、
大国間の継続的な対話の必要性を確認している。

 日本との関係をめぐって米中が対立する部分があったという意味では、最近としては目新しい展開といえる。ただ、ヘーゲル氏が外国の要人としては初めて空母「遼寧」を視察するなど、米中の軍事交流はさらに深まっている。
 中国側の強硬な発言も、米中関係に亀裂が入ったというよりは、基本的には米中交渉における駆け引きの一つと考えた方がよいだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

saiteichingin
米中間選挙で注目を集めた格差問題。だが日本の方が状況はより深刻かもしれない

 米国の中間選挙で民主党が敗北したことで、あらためて米国の格差問題がクローズアッ …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

ishiba
石破幹事長の出番がない!TPP参加は政府に一任で、反対派はいとも簡単に陥落。

 それなりの抵抗が予想されていた自民党のTPP反対陣営がいとも簡単に落城した。安 …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …

singurumaza
子供の貧困が改善したのは、政府による貧困対策の結果ではない?

 子供の貧困がわずかだが改善している。だが先進各国との比較では、依然として日本の …

timoshenko
独裁政権vs民主主義者という単純図式ではないウクライナ。今後は課題山積

 反政府デモと警官隊の衝突で多数の死傷者が出たウクライナでは、国会がヤヌコビッチ …