ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国要人がヘーゲル国防長官の日本での発言に不快感を表明

 

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月7日、日本に引き続いて中国を訪問し、習近平国家主席らと会談した。また外国の要人としては初めて、中国の空母「遼寧」を視察した。

hageshukinpei201404

 ヘーゲル氏は日本滞在中、安倍首相や小野寺防衛相と会談し、北朝鮮問題への対処という形で、ミサイル防衛機能を持ったイージス艦2隻を日本に追加配備する方針を明らかにした。ミサイル防衛機能の強化は、中国に対する抑止力にもつながるため、中国側は日米の動きに警戒感を強めている。
 ヘーゲル氏は中国訪問を控えていることから、日本での発言は慎重だったが、尖閣諸島が日米安保の対象であることを明言したほか、中国を念頭に「隣人を尊重することが重要である」との発言を行い、中国を封じ込めたい日本側の要望に配慮を見せた。

 ヘーゲル氏としては、中国にも配慮をしたつもりだったが、中国側の姿勢はかなり強硬であった。8日にヘーゲル氏と会談した范長龍中央軍事委員会副主席は「訪日中のヘーゲル長官の発言に中国国民は不満を抱いている」「尖閣諸島問題において、米国がどちらの側にもつかないとういうのは理解に苦しむ」「ヘーゲル長官は日本を後押ししている」として、かなり激しい口調で非難した。また常万全・国防相は「挑発的な行動を取っているのは日本の方だ」として、原因は日本側にあることを重ねて強調した。

 ヘーゲル氏は、これに対して「主張を通すために、脅迫や抑圧といった手段に出るべきではない」と中国側を強くけん制したものの、米国は中国を封じ込めるつもりはないと強調するとともに、領土問題において特定の立場を取ることはないと説明した。
 また習近平国家主席との会談では、従来の米中関係の基本方針を踏襲し、
大国間の継続的な対話の必要性を確認している。

 日本との関係をめぐって米中が対立する部分があったという意味では、最近としては目新しい展開といえる。ただ、ヘーゲル氏が外国の要人としては初めて空母「遼寧」を視察するなど、米中の軍事交流はさらに深まっている。
 中国側の強硬な発言も、米中関係に亀裂が入ったというよりは、基本的には米中交渉における駆け引きの一つと考えた方がよいだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

saieibun201601
台湾総統選挙で民進党が圧勝。議会も過半数となるのは分離以後初めて

 台湾で2016年1月16日、総統(大統領)選挙が行われ、野党・民進党の蔡英文主 …

abesenkyo201412
衆院選は予想通り与党が圧勝。ただ今後の政治日程が厳しいことに変わりはない

 第47回衆議院選挙は大方の予想通り、自民・公明両党の勝利となった。とりあえずア …

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

beiyosan
米国の予算教書。税収増で財政赤字問題はほぼ解消。歳出拡大へ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年2月2日、2016年会計年度(2015 …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

no image
スパイ企業?のファーウェイが英国本格進出。そのウラには何が?

 中国の通信機器メーカー大手、華為技術(ファーウェイ)が英国に6億ポンドを投資し …

no image
(速報)オバマ大統領再選確実

 開票が始まっていた米大統領選挙において、オバマ大統領の再選がほぼ確実となった。 …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

kyouikusaisei02
政府の教育再生実行会議で「6・3・3・4制」の見直しがスタート。だが目的は曖昧なまま

 政府の教育再生実行会議は、小学校から大学までを「6・3・3・4」の年数で区切る …